新井健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新井 健一郎
新井 健一郎の画像
プロフィール
リングネーム 新井 健一郎
本名 新井 健一郎
ニックネーム その日暮らし
闘将
身長 176cm
体重 85kg
誕生日 1972年7月7日(41歳)
出身地 東京都練馬区
所属 DRAGON GATE
スポーツ歴 バレーボール
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 1998年
テンプレートを表示

新井 健一郎(あらい けんいちろう、男性、1972年7月7日 - )は、日本プロレスラー東京都練馬区出身。身長176cm、体重85kg。DRAGON GATE所属。『アラケン』と略されることもある。

経歴[編集]

かつてはFMWの練習生(1994年頃)であり、同期に中川浩二がいたが、挫折し、実家へ戻る。イベント関係の警備のアルバイトなどを経て、その後闘龍門加入後メキシコに渡り、1998年にデビュー。逆上陸当初は菅原文太似の顔立ちからトラック野郎キャラであったが次第に熱狂的な阪神ファンであることの方がクローズアップされるようになる。正規軍に所属していたが成績不振で解散、その後は新M2K、ファイナルM2K、戸澤塾に所属。タイトル挑戦の機会を何度も与えられるも獲得には至らず、華やかさに欠けることも手伝いシングルプレイヤーとしては伸び悩んでおり、そのことをフロリダ・ブラザーズストーカー市川にいじられることも。一時期、市川のコスチュームで試合をするなどギャグ要員になったこともある。デビュー当初から一貫して坊主頭で2002年にはおそらくプロレス史上初の敗者髪伸ばしマッチを行い、これに勝利(対戦相手はペスカトーレ八木、現在のベーカリー八木)。強度の石頭を駆使した技を得意とする他、空中技にも対応している。

2006年12月28日の後楽園大会にて戸澤塾への勧誘を受ける。それまで戸澤塾入りには難色を示していたが、戸澤アキラ岩佐卓典に秘密兵器として自らの母を送り込まれ、一時呆然状態に陥るも戸澤塾入りは保留した。

ところが2007年1月21日の神戸大会にて試合前のプロレス教室が終わった直後、戸澤塾が登場。するとアラケンはその背後から、元FINAL M2Kの元リーダーの望月成晃を襲撃。そして遂に念願?の戸澤塾入りを果たし、コスチュームを学ラン&ボンタンに変更した。

6月には岩佐をパートナーにプロレスリング・ノア鈴木鼓太郎リッキー・マルビンの持つGHCジュニアタッグ王座に挑戦。惜しくもタイトル獲得はならなかったが、24分間を戦うと大健闘を見せた。

その後、岩佐とのタッグである新岩で第1回Summer Adventure Tag Leagueベスト4進出、さらに9月22日、大田区体育館大会で斎藤了横須賀享の持つIJタッグ選手権に挑戦し勝利、王座獲得しタッグ戦線で頭角を現す。

しかし、10月12日、後楽園ホールで行われた土井成樹吉野正人IJタッグとオープン・ザ・ツインゲートの王座統一戦に破れ王座を失う。さらにパートナーの岩佐も腕を骨折し欠場になる。

11月18日、博多スターレーン大会で鈴木健想とシングルマッチで激突するも敗北。その後、堀口元気に戸澤塾の象徴であるボンタンを奪われてしまう。

2008年1月に岩佐が復帰し、堀口&神田とのボンタン・コントラ・ボンタン&スパッツマッチに勝利しボンタンを取り戻す。(ちなみに新岩が敗れた場合はアラケンはフンドシになる予定だった。)

2月8日に後楽園ホール、岩佐をパートナーに土井吉の持つオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座に挑戦し、勝利し2代目王者となり、雪辱に成功。

2008年に戸澤塾が解散。その後は、黒地の腰に小さく日の丸がプリントされたスパッツに変更。

2009年1月18日Gammaとの敗者ユニット追放マッチに敗れた神田裕之を救出し、共闘を呼びかける。その後、Gammaを追放し(神田は追放されず)、REAL HAZARDを入りし、ヒールターン。コスチュームも「ダメ人間」、「その日暮らし」、「世の中ズルイ奴が勝つ」と書かれた胸には青い日の丸の黒いつなぎに変更した(入場時にはガスマスクも装備している。)。

6月21日には、CIMAの持つオープン・ザ・ブレイブゲート王座にノーロープルールで挑戦し、一度はリングアウト勝ちするものの、反則絡みの裁定により、場外カウント&反則なしの再試合が行われ、敗北。

2010年3月、REAL HAZARDの分裂により神田たちとディープ・ドランカーズを結成。

10月13日WORLD-1との敗者解散タッグマッチで敗れディープ・ドランカーズは解散するが、WORLD-1を裏切った土井の策略で追放され、以後は一人でディープ・ドランカーズを名乗る

望月がジャンクション・スリーを結成するにも入らず、岩佐拓と再び新岩コンビを再び結成。

2012年3月17日、STYLE-E西調布大会にて竹田誠志を破り、STYLE-E無差別級王座を獲得。

4月22日大日本プロレス横浜大会にて初の有刺鉄線ボードデスマッチにて初のデスマッチデビュー

ディープドランカーズ解散後、本体の巡業にほぼ帯同しておらず、関東で試合がある場合や他団体にDRAGONGATEの選手として出撃する場合が多かったが、スペル・シーサーやK-ness.とウインドウズMGを結成。トライアングルゲート挑戦や、琴香とタッグマッチを行い存在感を見せ付けている。

本人曰く「試合に飢えている」とベルト戦線に名乗りや挑戦者を送り込み「戸澤ゼミナール(戸澤塾の事)以来の充実ぶり」と琴香とタッグを組んだりしている。

また、本人曰く一番欲しかったというオープン・ザ・お笑いゲート王座も獲得した。

得意技[編集]

持ち前の石頭を使ったヘッドバット主体の技が多いが、現在は急所攻撃や凶器攻撃が多いためあまり見せることがない。

  • 阪神タイガー・スープレックス・ホールド
タイガー・スープレックス・ホールドと同型。本人が阪神タイガースファンであることと、団体内に使用者が偶然いなかったため使い出す。ヒールターン後はほとんど使用しない。
  • フロントハイキック
こちらも団体内に使用者がいないため、アラケンの特徴の一つといえる。
  • 落石注意
雪崩式チンクラッシャー。ブレーンバスターのように向き合い、相手のあごの下に頭をもぐりこませ、相手の両手を相手の後頭部に固定したまま落下する。
  • 追突注意
コーナーポストからのダイビングヘッドバットだが後ろ向きの状態から、両手を水平に上げ振り向くように落下する。
  • 飛び出し注意
スワンダイブ式ダイビングヘッドバット。スキージャンパーのように「気をつけ」のような空中体勢を取る。真っ直ぐで美しい。
  • ファイヤーバードスプラッシュ
闘龍門時代は必殺技として使用していたが、DRAGON GATEになってからは使われなくなった。しかし2007年9月22日大田区体育館で行われたIJタッグ選手権で久々にこの技で王座を奪取した。大一番でしか使用しない奥の手である。
  • 酒(水)しぶき
主に入場時のパフォーマンスとして使用する。また、毒霧のように相手の視界を奪ったり、土井成樹のプロテインパウダー攻撃を無効化したりと様々な用途で使用される。ヒールターン後は嫌がらせや相手の視界を奪う目的で使われることが多い。
  • (戸澤塾秘伝・)こきゅうやま
スワンダイブ式フットスタンプ。最近はフィニッシュ・ホールドとして使用される回数が多い。戸澤塾解散後は、名称に戸澤塾秘伝がなくなる。
  • (戸澤塾秘伝・)くびやま
アラケンの使うツームストーン・パイルドライバーの名称。戸澤塾解散後は、名称に戸澤塾秘伝がなくなる。
  • 戸澤塾秘伝・成人の儀式(with岩佐拓)
コーナートップに腰掛けた岩佐の肩に乗って行うダイビングヘッドバット。FinalM2K時代には雑技団式ヘッドバットの名で横須賀享の肩に乗って使用していた。
  • ビックリしたなぁ、もう!
新岩時代の岩佐とのツープラトン。アラケンにスープレックスをかけた相手を、岩佐が弓矢固めに捕らえ、着地したアラケンが捕らえられた相手にフットスタンプを仕掛ける。現在はタッグを解消したため、使用しなくなったが、2009年3月22日に行われたオープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合 6人タッグ3WAYマッチにて、偶然、使用した。
  • ビール瓶攻撃
ヒールターン後に使用し始める。底の硬い部分で殴打するため、威力が非常に高い。2009年2月に行われたKAMIKAZEとの名古屋式イリミネーションマッチではキッドから3カウントを奪い最後に生き残り、5月15日のサバイバルイリミネーション3WAYマッチではCIMAを失神させた。

タイトル歴[編集]

エピソード[編集]

  • 練習中に上顎の前歯が折れてしまった。そのためか、滑舌は良くない。
  • BBゴローなど、お笑い芸人に友人が多い。
  • 漫才日本一を決めるM-1グランプリに2008年出場したことがある。舞台上で受身を二回ほどとるというものだったらしい
  • 実家は東京にある和菓子屋さん。母親は何回か闘龍門マットに上がっている。闘龍門Xの新井小一郎(現:野橋真実)はギミック上の弟だったがDRAGON GATEとして闘龍門と袂を分かった後は立ち消えになるが、「武勇伝」で一夜限りの兄弟タッグ復活を果たした。
  • 大鷲透との抗争中には「へのへの仮面」というへのへのもへじのマスクを被ったアラケンっぽいレスラーが登場し、アラケンと交互に登場することで大鷲を攪乱した。
  • マグナムTOKYOとのUDG王座戦では敗れはしたものの、マグナムから「闘将」の称号を与えられた。
  • 阪神ファンなだけあって、阪神の調子がいいと本人も活躍する。闘将の称号も星野仙一監督に由来する。優勝時には「阪神優勝記念スクワット」を練習生と共に行った。
  • EL NUMERO UNOが開催されることになったのは、アラケンの提案によるものである。
  • 2004年8月1日にはお台場とディファのダブルヘッダーを行い、お台場の試合終了後、走ってディファに移動した。その際、ディファのモニターでアラケンの走る様子が中継された。
  • トレーニングは機械を使わず、自重式(腕立て伏せ腹筋等)で行うらしい。
  • ヒールターン後は、セコンドについている時にもかかわらず、酒を飲むようになった(空席、または客を退けて客席に座ることも)。ブログでも酒を飲んだくれている様子が、ほぼ毎回写っている。
  • FMWの同期にはお笑い芸人の鉄拳がいた。
  • ヒール転向と同時に長年使用してきたスパッツ姿から黒いツナギへとコスチュームを変え(現在ではツナギの下にスパッツを着用と思われる)腕や足には「その日暮し」「ダメ人間」など卑屈な言葉が書かれていたが、現在では「満員御礼」「旅芸人」「俺たち最高」などの文字が書かれている。
  • 苦手なタイプはのらりくらりとした何を考えているかわからないタイプのレスラーだという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

以前のタイトルは「無添加ブログ」であった。