黒木克昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒木克昌
黒木克昌の画像
プロフィール
リングネーム マグナムTOKYO
アラン黒木
トーキョー・マグナム
黒木克昌
本名 黒木克昌
ニックネーム ミスター・エゴイスト
ミスター・バイアグラ
100の顔を持つ男
身長 180cm
体重 90kg
誕生日 1973年1月9日(41歳)
出身地 東京都練馬区
スポーツ歴 野球
空手
トレーナー アニマル浜口
ウルティモ・ドラゴン
天龍源一郎
デビュー 1997年
テンプレートを表示

黒木 克昌(くろき かつまさ、男性、1973年1月9日 - )は、日本空手家大道塾空道参段)、プロレスラー東京都出身。一般には闘龍門およびDRAGON GATE所属時のリングネーム・マグナムTOKYOとして知られ、ミスター・エゴイスト(正規軍時代はミスター・バイアグラ)、踊る銃弾戦士などと称された。ギミックのモチーフになっているのはAV男優や男性ストリッパー。ダンスをしつつ観客がお札を黒木のコスチュームに挟む入場シーンが有名であった。DRAGON GATE時代のリングネームはAV男優のマグナム北斗に由来。

現在はハッスルエンターテイメントと契約を交わし、アラン黒木としてレギュラー参戦していたが、4月のハッスルのシリーズにマグナムTOKYOを再び解禁した。

経歴[編集]

プロレス入り前は父の会社でサラリーマンとして働いていたが、ウルティモ・ドラゴンに憧れ彼が当時所属していたWARに頻繁に出入りする(ウルティモ曰く、「勝手に入ってきた」らしい)。この時、天龍源一郎の鞄持ちを務めていた。この頃からウルティモに何度も弟子入りを懇願していたが拒否され続ける。しかし遂に弟子入りを認められ、闘龍門の設立に伴いその第1期生に選抜される。同期の大島伸彦(現:CIMA)諏訪高広(現:SUWA)藤井達樹(現:ドン・フジイ)らと共にメキシコに渡り、1997年5月11日アレナ・ナウカルパンで大島を相手にプロレスラーデビューを果たす。その後、メキシコのインディー団体やみちのくプロレスを経由し、1998年にはアメリカのメジャー団体であったWCWに参戦。同じダンサーギミックとして活躍していたディスコ・インフェルノアレックス・ライトのタッグチーム、ダンシング・フールズに無理やり加入するも邪険にされてしまい、常に試合前にリングから追い出されるか試合に出場しても秒殺されるかという損な役割を担っていた。

闘龍門JAPANが設立されると日本へ凱旋帰国。旗揚げ戦では試合後、「夢を捨てなければ鞄持ちからでもプロレスラーになれます!!」と発言した。以降はCIMAと並ぶ団体の二枚看板として活躍する。長らく正規軍のリーダーを務めていたが、2002年M2Kを脱退した望月成晃が正規軍と共闘するとこれに反発。同時にM2Kのメンバーから勝手に入場時にバックダンサーを務められるなど執拗な勧誘を受け、その2代目リーダーに就任しヒール転向。「ミスター・バイアグラ」というニックネームが「ミスター・エゴイスト」へと変化し、相手につばを吐くなど傍若無人なファイトを展開するようになる。ユニットがDo FIXERに発展してからもそのリーダーを続けるが、2003年にCIMAからUDG選手権王座を奪取したあたりから徐々に自身・ユニット共ベビーフェイス化が進む。王座陥落後、「自分探しの旅に出る」と告げて欠場。新崎人生と共にお遍路さんの格好をして四国を回った。2004年団体がDRAGON GATEとして闘龍門から独立し、これに追随、統括本部長を兼任。翌2005年、Do FIXERリーダーの座を斎藤了に譲り、自らは兄弟ユニットPos.HEARTSをプロデュースしたり、天龍と十番勝負を行った。初期の頃は比較的引き締まった体でタイツのみの格好だったが、統括本部長となったあたりから徐々に体を隠すような格好となっていった。

2006年WARに縁のあるメンバーを集めルネッサンスを結成。IJタッグ王者決定トーナメントに望月と出場するも、準決勝でCIMAの逆水平チョップを受けて眼窩底骨折。試合に勝利したが、決勝戦はドン・フジイを代打に送り欠場。それに伴い天龍との龍魂十番勝負は二勝三敗で終了し、残りの試合は他のルネッサンスメンバーが引き継ぐ形となり継続していくことになった(結果は天龍の全勝)。自身は、眼窩底骨折と体調不良で長期欠場余儀なくされ、その理由から団体に退団を申し入れていた。2007年4月9日記者会見でDRAGON GATEを退団、他団体への参戦等は行なわず「限りなく引退に近い形」であると発表された。

2008年6月22日から9月12日まで、かつて所属していた大道塾への恩返しとして、大道塾コロンビア支部への派遣指導員として旅立っていったことが大道塾の公式サイトにて発表された。

2008年11月20日、縁の深い天龍源一郎が主戦場とするハッスル後楽園大会に100の顔を持つ男「アラン黒木」の名で登場、11月22日のハッスル水戸大会で約2年振りの復帰戦を行った。

2009年3月25日の後楽園ホールで、モンスターHGに一騎打ちを要求された際にマグナムTOKYOとして参戦することを発表し、4月23日の後楽園ホールにて、モンスターHGを相手にマグナムTOKYOとして遂に復活。ダンサー二人を従えて三年ぶりのダンスも披露した。

2009年から酒類量販チェーン「なんでも酒やカクヤス」の“なんでも宣伝部長”として起用されている。

2010年1月10日、大道塾江東支部「黒木道場」を支部長として江東区東大島駅前に開く。「現代版寺子屋」を目指すと明言。

得意技[編集]

AV・スタープレス
日本逆上陸当時からのフィニッシュ技。腰と膝の悪化に伴い最近では大一番でしか出さなくなった。かつてプロテストを受ける前日にこの技を試し、肋骨を骨折したこともあった。マグナムのギミックからこの名前になった。
エゴイスト・ドライバー
コブラツイストのような状態に相手を捕獲し、そのまま自分の胸板の上を転がすようにして相手を肩に担ぎ、ファイアーバレーのような形で脳天から相手をマットに突き刺す。初期の頃からのフィニッシュ技で。旧名はバイアグラ・ドライバーで、ヒール転向により現在の名称に改名された。
絶縁
相手をマットに座らせた状態でローリングソバットを繰り出し、踵で思いっきり顔面を蹴る技。破壊力があり、この技で失神した対戦相手も多かった。
龍魂ラリアット
天龍とのシングルを何度か経験し、龍魂を受け継いだマグナムのラリアット。相手を引きつけながらラリアットを打ち込む。
雪崩式腰振りフランケンシュタイナー
相手をコーナーポストの上に座らせて自身はコーナーの上に立ち、相手の顔の前で腰を振ってから雪崩式のフランケンシュタイナーを繰り出す技。テンションが高い時ほど腰を振る量が増えるらしい。稀に自軍近くのコーナーに相手が上る→蹴りで撃墜→相手がコーナーに座る→スワンダイブ式雪崩式フランケンシュタイナーを決めることもあった。
絶倫エルボー
仰向けにダウンしている相手にバック宙して浴びせるジャンピング・エルボー・ドロップ。
エレクト・スマッシュ
クロスアーム式のロック・ボトム。エレクト(erect)は「勃起」の意。
ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェロモン
変形のSTFウィリアム・リーガルのリーガル・ストレッチと同型。ちなみに「フェロモン」のスペルは「Pheromone」なので略称はSTFにはならない。
ラ・ケブラーダ
場外へ向かってのムーンサルト・アタック。通常はセカンドロープに足をかけて飛ぶが、マグナムはトップロープから飛ぶため滞空時間が長い。大一番のみ使用。
44(フォーティーフォー)
腕をとった状態でのDDT。名前の由来は44マグナムから。これでミラノコレクションA.T.の首が縮んでしまった。
ROM
ロック・オン・ミサイルの略。ミサイルキックの際、相手を指差して照準を定める。「LOCK ON」ではなく「ROCK ON」らしい。
川崎モード
技名ではないものの、マグナムを語る上で欠かせないものとなる。由来は2002年3月15日川崎大会で以前より因縁のあったSUWAとの英連邦ジュニアヘビー級戦でのこと、マグナム入場時に登場したダンサーをSUWAが襲撃(会場は2階建となっており、ダンサーが1階、マグナムが2階と分かれてダンスを行った)したことにブチ切れ、観客が引くほどSUWAをひたすら殴る蹴るパイプ椅子で叩くといったファイトでボコボコにした(なお、結果はSUWAがFFFで勝利)。以来、マグナムの本気モードを語る際に「川崎モード」という言葉が使われている。一見強そうだが、なぜか勝率は悪かった。

タイトル歴[編集]

闘龍門
  • UDG王座
その他

入場曲[編集]

  • TOKYO GO/ジョン・ロビンソン(1999年-2004年、2009年-現在使用中)
    • Do FIXERバージョンとして「BORN TO RAVE」「TO BE FREE」など、ジョンの他の楽曲をミックスしたものもある。
  • Mr.EGOIST/C.G mix(2004年-2006年)

エピソード[編集]

  • プロレスラーとしては極度に体が硬く、リング上で相手に押さえ込まれ、強制股裂きを拷問技としてかけられるのがお約束のムーブであった。
  • OVA『新・北斗の拳』第3巻では、マグナムという敵キャラクターの声を担当した。また、第3巻には特典映像として黒木(マグナム)のインタビューが収録されている。

外部リンク[編集]