鉄拳 (お笑い芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄拳
本名 倉科 岳文
生年月日 1972年5月12日(42歳)
出身地 日本の旗 日本 長野県大町市
血液型 AB型
身長 171cm
方言 なし(共通語
芸風 漫談
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1997年 -
現在の代表番組 おはスタ
過去の代表番組 ギャグコロスタジオ
他の活動 戦え!僕らの愛センチュリー
イラストレーター
配偶者 既婚
公式サイト 「超未来戦士・鉄拳のブログ」

鉄拳(てっけん、1972年5月12日 - )は、日本お笑い芸人イラストレーター。自称「超未来戦士」。本名、倉科 岳文(くらしな たけふみ)。

長野県大町市出身。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。

経歴[編集]

元々漫画家志望で、高校時代の1989年にちばてつや賞(期待賞)に入選したが、次の作品が全く賞にもひっかからない出来であり、漫画家の夢を断念。高校卒業後は二番目の夢であったプロレスの世界に飛び込む。FMWに入団したが、レフェリーとしての採用だったことに気付きすぐ退団している。なお、同期には新井健一郎DRAGON GATE)がいる。次いで俳優の世界に挑戦。1995年劇団東俳に入団するものの、滑舌が悪いことが災いしすぐに退団した。

挫折の繰り返しだったが、これらの経歴を逆手にとって、滑舌の悪いレスラーの格好をしたゴツイ男が得意の絵を活かして芸をしたらどうだろうと考え、1997年に、お笑いプロダクションオフィス★怪人社に入団。独特の風体のお笑い芸人・鉄拳としての活動を始める。『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)や、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)などに出演して人気に火がつく。単行本『こんな○○は××だ! 1・2・3』(扶桑社)はベストセラーになった。

その後、個人事務所鉄拳社に籍を移すが、唯一いたマネージャーが退社したことで全ての仕事を一人ですることになってしまい、体を壊して8か月間休養することになった。2007年9月、マネージャー不在を解消するために吉本興業へ移籍することになったが、仕事が徐々に減っていったことに加え、周りの吉本芸人の凄さに圧倒され、芸人としての自信を徐々に失っていき、2011年夏に芸人を辞めることを決断する。

辞める日も決まっており、その日まで淡々と仕事をこなす日が続いていたが、吉本芸人がカラオケのビデオにパラパラ漫画を描くという企画[1]で、他の芸人がドタキャンしたため、急遽絵の描ける芸人としてオファーが入り、これを受ける。鉄拳吉幾三俺ら東京さ行ぐだを手掛けたが、これがテレビのプロデューサーなどの目に留まり、パラパラ漫画家としてテレビ出演が増え、芸人廃業を撤回する。

2012年3月17日深夜にフジテレビDO!深夜枠で放送された番組『ワンフレーム』の企画で、中田敦彦オリエンタルラジオ)、川島邦裕野性爆弾)、京本有加と共にパラパラマンガの制作(競作)に挑み、イギリスのロックバンドMUSEの楽曲『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』をバックに、左右に揺れる振り子の中に夫婦の半生をマジックペンで描いた『振り子』を発表する[2]。この『振り子』がYouTubeにアップロードされると(当初アップロードされたバージョンは番組をそのままアップロードしたものであったことから著作権侵害の疑いにより削除され、その後、本人公認のバージョンが掲載され[3]、その後、再度非公開)、日本国内のみならず海外を含めて一躍注目を集めることになる[2]。果てはこれがMUSE関係者の耳にも届き、逆に『振り子』の映像が『エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)』の公式プロモーションビデオに採用されるに至り、全米・ヨーロッパなど世界各地で配信された[4][5]

この一連の動きはテレビニュースやドキュメンタリー番組でも取り上げられるほどの話題になった。パラパラマンガの仕事が急増し、毎日10時間以上、週に6日(おはスタ出演のある水曜日以外)は自宅にこもってパラパラマンガを書いているという[6]。2013年1月1日に配信された日テレNEWS24のインタビューに対し、鉄拳は「2012年はパラパラ漫画で大反響があった年になりました。振り返るとずーっとパラパラ漫画を描いていて、お笑いの仕事はほとんどしていません!」と語っており、今後もパラパラマンガを仕事の主軸に据えることを示唆している[7]。この再ブレイクもあり、2012年に第22回東京スポーツ映画大賞のカムバック賞を受賞。2013年には第42回日本漫画家協会賞特別賞(「振り子」)を受賞した。

2013年5月、故郷大町市の観光大使に就任する[8]


芸風[編集]

スケッチブックを持ち、自筆のイラストを見せながら滑舌の悪いトークで「こんなものはいやだ」というフリップネタ(めくり芸)をする。主にブラックユーモアを基本としているが、当初は必ずやっていた「ガビーン」(首吊りネタ)は、「子どもには受けるが、やはり保護者には受けない」と自身の著書『鉄拳劇場』(ぶんか社)で吐露しており、最近は控え気味である。

人物像[編集]

  • 芸名の由来はナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が発売している『鉄拳』シリーズから。オフィス★怪人社に入団の際、逆モヒカンのスタイルでロードウォリアーズのメイクをし「鉄拳親父(鉄拳の三島平八という意味)」という芸名でやりたいと、社長のIKKANに申し出た。ところが「『親父』は省いていい、鉄拳で行こう」と言われ、「鉄拳」となったと言われている[要出典]
  • 子どもの頃より週刊少年ジャンプを愛読していた。特に『キン肉マン』のファンであった。のちに『キン肉マンII世』で読者から新キャラクターを募った際には「阿羅漢(アラハン)」を考案し応募、見事採用されて作中に登場した。週刊少年ジャンプの読者投稿コーナー『ジャンプ放送局』の投稿戦士になりたくて、ネタを書いたハガキを何度も投稿したことがある。しかし掲載されることはなかった[9]
  • カプセルトイで鉄拳のソフトビニール製人形が発売されたり、プライズゲームの景品ぬいぐるみになったりしている。
  • 中学生の時に聖飢魔IIのファンであり、2005年の聖飢魔II再集結ライブ(地球デビュー20周年記念ミサ)の際にゲストとして登場し、処刑(ルーレット)の儀式を受けた。この際、(閣下をネタにした)得意のパラパラ漫画も披露した(DVDビデオでは事情により、早送りで編集されている)。
  • 2011年2月1日の「ライオンのごきげんよう」の出演の際には、素顔で銀髪のカツラをした別キャラを披露した[10]。公式ブログによれば、「戦え!僕らの愛センチュリー」という新ユニットを結成し、2009年あたりから内緒でライブで披露していたとのこと[11]

出演番組[編集]

現在[編集]

  • おはスタ(木曜日レギュラー、「鉄拳王」として登場するが、2008年4月より「レオナルド・ダ・テッケン」と改める.また2014年4月からスーパーテッケンに改めた)(テレビ東京)
  • One more night
  • 神宮前アパート203号室
  • HOT WAVE
  • V-clips

過去[編集]

CM[編集]

パラパラマンガ制作[編集]

雑誌連載[編集]

  • 『週刊ザテレビジョン』(角川書店)
  • 『スカイパーフェクTV!ガイド』(東京ニュース通信社)
  • 『iモードで遊ぼう!』(アスキー・メディアワークス)

[編集]

  • 作品集『こんな○○は××だ! 1・2・3』(扶桑社)
  • 『鉄拳劇場』(ぶんか社)
  • 『鉄拳大百科』(イーストプレス)
  • おはスタネタ帳!鉄拳王の「こんなおはスタは夜にやれ」(小学館集英社プロダクション)
  • おはスタネタ帳!3 鉄拳王の「あそびつくっちゃいました」(小学館集英社プロダクション)
  • 『振り子』(小学館)
  • おはスタ天才ネタ帳! レオナルド・ダ・テッケンの天才!あるあるスクール 冬・春コレクション(小学館集英社プロダクション)
  • おはスタ天才ネタ帳! レオナルド・ダ・テッケンの天才!あるあるスクール 夏・秋コレクション(小学館集英社プロダクション)

DVD[編集]

  • 『絵がうごく こんな○○は××だ!』
  • 『禁じる鉄拳』
  • 『鉄拳パラパラ漫画作品集 第一集』

ゲーム[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/06/post-7012.html
  2. ^ a b 鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が泣ける! 動画再生が100万回超えた - J-CASTニュース2012年3月22日
  3. ^ 鉄拳パラパラマンガ「振り子」 オリジナルバージョン - YouTube
  4. ^ “泣ける”鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンド・MUSEの正式PVに - RBB TODAY 2012年10月30日
  5. ^ MUSE / EXOGENESIS PART 3 (REDEMPTION) 鉄拳「振り子」ver. (Official) - YouTube
  6. ^ 情熱大陸:泣けるパラパラ漫画で世界を虜にした鉄拳がドキュメンタリー初登場! 新作書下ろし - 毎日jp2012年12月20日
  7. ^ 【鉄拳】2012年は「振り子で始まった」 - 日テレNEWS24 2013年1月1日
  8. ^ 鉄拳が故郷・長野県大町市の観光大使に就任
  9. ^ ジャンプ放送局局長さくまあきらの夫人のツイッター(2012年12月23日)より
  10. ^ 鉄拳が素顔と新キャラ“愛センチュリー”を公開! - Techinsight 2011年2月2日
  11. ^ 戦え!僕らの愛センチュリー - 超未来戦士・鉄拳のブログ 2010年12月28日
  12. ^ “鉄拳、パラパラマンガで子供の成長描く「ドラゼミ」新CM”. ナタリー. (2012年7月27日). http://natalie.mu/owarai/news/73653 2013年5月26日閲覧。 
  13. ^ 飲酒運転撲滅 - 福岡市公式サイト
  14. ^ “福岡市の飲酒運転撲滅CM 鉄拳さんが描くパラパラ漫画で放映”. 西日本新聞. (2012年12月20日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/339765 2013年1月20日閲覧。 
  15. ^ TVCM -エイブル保証株式会社
  16. ^ 信濃毎日新聞 創刊140周年記念 『家族のはなし』
  17. ^ 鉄拳「約束」 - YouTube
  18. ^ Norton×鉄拳パラパラ漫画キャンペーン キズナ

外部リンク[編集]