堀口元気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堀口元気
Genki Horiguchi.jpg
プロフィール
リングネーム 堀口元気H.A.Gee.Mee!!
本名 堀口博正
ニックネーム 神に選ばれしH・A・G・E
神が宿る男
身長 173cm
体重 75kg
誕生日 1978年9月15日(36歳)
出身地 熊本県熊本市
所属 DRAGON GATE
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 1998年10月17日
テンプレートを表示

堀口 元気(ほりぐち げんき、1978年9月15日 - )は、日本プロレスラーDRAGON GATE所属。本名:堀口 博正(ほりぐち ひろまさ)。熊本県熊本市出身。熊本市立必由館高等学校卒業。ギミック上の弟はプロレスラーの堀口ひろみ闘龍門所属)。

経歴[編集]

闘龍門第2期生としてメキシコに渡った[1]。デビュー戦は1998年10月17日、メキシコ・ナウカリでの対パラメディコス1号、2号、3号戦である(デビュー戦のタッグパートナーはSAITO、アルコン2000)。

日本逆上陸当初は未来忍者の衣装で登場[2]。入場曲もリングネームの元ネタである「がんばれ元気」の主題歌だった。その後、サーファーキャラ路線を進み、入場時にサーフボードを持ってくるなどのパフォーマンスを見せる。しかしサーフボード窃盗未遂事件後、斎藤了との確執(後に斎藤のヒール転向時に育毛剤を贈られ和解)が生まれ、ヒールユニットM2K加入。そして悪役キャラに変更<ref『週プロ』2012-6-29 pp66></ref> 。

M2KからDo FIXERへとユニットが変わってからは、マグナムと共にベビーターン。髪の毛が薄いため、「HAGE(エイチ・エー・ジー・イー)コール」を受けることとなる。髪の毛を賭けた試合に負け、坊主になる。その後は「BOZU」として活動するも、髪が伸びてきたら再び「HAGE」に戻る。試合中に技をかけられても仲間は助けに行かず、それぞれ楽器を持って観客と一緒に応援し、自力で脱出する。その後は「HAGE」コールと共に、斎藤了との「マラハ!」「イサッパ!」という掛け声を流行らせる。この頃はコミカルな側面が目立つことが多かったが、ユニットの参謀役のポジションを担当[3]

2006年末に斎藤了との確執が発生。一度は和解の様相を見せながらも、2007年2月にリング上で斎藤了を裏切りマッスル・アウトローズに加入。再びヒールに転向した。青く長い付け毛をまとい、カラーコンタクトをはめ、不気味な様相を醸し出している。さらにドラゴン・キッドとも抗争し、3月25日にはマット・サイダルからオープン・ザ・ブレイブゲート王座を奪取する。そのまま永久王者になろうと画策するも、7月1日に行なわれた神田裕之との対戦に破れ王座陥落。戸澤塾の象徴であるボンタンや、アンソニー・W・森のコスチューム等を盗むなどの抗争を仕掛けた[4] 。オープン・ザ・ガンマゲートの実行委員長も務めた。

2008年5月14日、マッスル・アウトローズNEW HAZARDと合体し、REAL HAZARDになったのに伴い、REAL HAZARD所属になる。

7月27日の神戸大会で1年半ぶりにオープン・ザ・ブレイブゲートを奪取した。

2009年12月、REAL HAZARDに加入した横須賀享K-ness.に同調し、ファイトスタイルがベビーフェイス色が強くなる。しかし、REAL HAZARDの他のメンバーと衝突する。

2010年2月7日、REAL HAZARDを離脱、その後同じく離脱した横須賀享、K-ness.らと共闘するものかと思われたが、2月27日京都KBSホール大会にてWARRIORS-5入り。CIMAとは闘龍門・DRAGONGATEを通じて初の同じユニットのメンバーになる。

2011年Blood Warriorsに入りヒール化するものの追放され、2012年に同じく追放された斎藤了、神田裕之とジミーズに勧誘され加入[5]

ジミーズ入りで他の選手が「ジミー」をリングネームに入れる中(斎藤ジミー了、ジミー・神田のように)ネームを「堀口元気H.A.Gee.Mee!!」と改名した[6]

6月17日、CIMAの持つオープン・ザ・ドリームゲート王座に初挑戦(闘龍門時代から通して最高峰タイトルへの初挑戦となる)したが、敗退[7]

名乗ったことのあるリングネーム[編集]

  • 堀口元気H.A.Gee.Mee!!
  • 堀口元気
  • HAGE - アメリカで開催されたPWGトーナメント限定

得意技[編集]

正統派のルチャ・ドールを扱うものの、堀口独特のフォームや技の形があるためどちらかといえば変則型である。

ビーチブレイク
ブル中野のブルズポセイドンやディック東郷のクーロンズゲートとほぼ同型の技。自らの頭を相手の股ぐらに入れ、そのまま相手を担ぎ上げ、尻餅をつくようにして背面越しに落とす。前述の2人との相違点は相手の足を交差させてロックする点である。技の形からして首付近を固定せずに落下させるため、相手が受身を取り損なうと頸椎損傷など首に甚大なダメージを与えてしまう。実際神田裕之を一度は引退に追い込んだ程危険であるため、一時は使用禁止にしようという動きもあった。自身の15周年記念大会ではこの技を使い勝利した。
バックスライド・フロム・ヘブン(ヒール時には「バックスライド・フロム・ヘル」)(元・神が宿る逆さ押さえ込み)
単なる逆さ押さえ込みではあるが、周囲の予想を裏切りこの技でマグナムTOKYO望月成晃を破り、EL NUMERO UNO 2003で準優勝したことから堀口の代名詞的な技となる。本人曰く、自身の意志と関係ない時に発生すると100パーセント決まるが、出そうと思って出すと決まらないらしい。その時は普通の逆さ押さえ込みになるらしい。理由は髪(神)が宿らないからとされている。
PWGトーナメント参加時から技名が「バックスライド・フロム・ヘブン」へ変更された。神が宿る逆さ押さえ込みとバックスライド・フロム・ヘヴンは別の技であると堀口本人はテレビで語っているが、実際はテレビ用のネタである可能性が高い(曰く「バックスライド・フロム・ヘヴンは押さえ込む時に小指が立っている」。冬木弘道がかつてのタッグパートナー川田利明のオリジナル技「ストレッチプラム」を使った際に放った言葉が元ネタのパロディ)。一部のプロレスマニアの間ではバックスライド・フロム・ヘブンがあるためか堀口は勝つか負けるか一番予想のつかない選手と言われている。
ヒール時はバックスライド・フロム・ヘルに名称が変更される。相手と背中合わせになったところで後ろ蹴りにより金的攻撃をし、そのまま押さえ込むパターンが多い。
バックスライド・タイムス
バックスライドの状態で左右に回転して3回掛ける技。ドリームゲート戦用に開発し6月10日札幌で初披露。

この技で自身の所属するユニット解散の危機も抜け出しており、逆さ押さえ込みに次ぐ一発逆転の技である。

GHロック
初期の堀口の代表的なストレッチ技。相手の左足と首を極める。佐々木健介の得意技ストラングルホールドγに足のロックを加えた形。GHとは、ゲンキ・ホリグチの頭文字である。
GHロック・海(かい)
GHロックに右足のロックも追加した技。
トペ・トビウオ
俗に言うトペ・コンヒーロ
トペ・モリモト
リング内で行なうトペ。相手の名前を叫びながら放つため、成功率は低い。モリモトは森本レオの名前から拝借。森本レオがゲストコメンテーターで来たときに、「この無意味ヘッドバットが好きです」と発言したから。
ホットスパイスィー
堀口がKING OF GATEに備えて開発した技。変形コブラクラッチスープレックス。
波乗り
サーファーキャラ時代に使っていた技。リバース・インディアン・デスロックをかけた後、後ろに倒れ込まずに相手の背中に足を乗せ、サーフィンをしているようなポーズをする。ダメージを与えるのではなく、相手の精神を逆撫でする技。
ブルーミスト
いわゆる毒霧マッスル・アウトローズのイメージカラーである青色を多用する。2007年3月25日の津大会で行なわれたマット・サイダルとのオープン・ザ・ブレイブゲート戦で初使用(この時はブルーではなく、レッドミストを使用した)。
リバースハーフネルソン式タイガードライバー
パワーボムをしかける体勢から、片腕をチキンウィングに固め、空いてる腕で相手の胴を抱えてしかけるタイガードライバー。ビッグマッチでは、持ち上げてからパイルドライバー気味に落とす。
ムーンサルトプレス
スイングDDT
ゴムパッチン
お笑い芸人ゆ~とぴあのゴム芸と同じ、ゴムを口に咥えさせ斎藤了に引っ張らせダメージを与えるが、成功率が低く相手に奪われ自ら犠牲となる場合が多い。

タイトル歴[編集]

闘龍門
  • 第2回ヤングドラゴン杯優勝(1998年12月12日獲得)
  • EL NUMERO UNO 2003準優勝
DRAGON GATE

最初のパートナーは斎藤了ドラゴン・キッド(第2代王者、2005年獲得)

2、3回目のパートナーは斎藤“ジミー”了ジミー・神田(第34、42代王者、2012、2013年獲得)

  • オープン・ザ・ブレイブゲート王者(第5代王者、2007年獲得)
  • オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座:2回

どちらもパートナーは斎藤了、(第7代王者、2009年獲得 第15代王者、2011獲得)

NWA
  • NWA世界ウェルター級王者(2002年獲得)

決め台詞[編集]

  • 「神の宿る逆さ押さえ込みで1!2!3!……皆殺しだ」
  • 「H!・A!・G!・E!」
試合開始直後に自ら観客を煽るときに使用する場合と、堀口が捕まっているときにパートナーがエールを送る(プラカード掲示もある)場合と2パターンある。ROH遠征時には現地のファンがアメリカ式のイントネーション(「Let's go ○○」と同じ)で応援していた。
ジミーズ加入に伴い、「H・A・Gee・Mee!!」に変更された。
  • 「マラハー!」
斎藤了との連携が決まった時に叫ぶ。この後斎藤了がファンと一緒に「イサッパー!」と合唱するのがお約束。ちなみにマラハとは「サムライ」の意味でカリブの言葉らしい。ラジオで偶然、堀口が耳にして気に入って叫んでいる。

入場曲[編集]

エピソード[編集]

  • 髪の毛が薄くなったのは、サーファーキャラ時代にパーマをかけたりブリーチをしたりと毛根を傷めることをしていたからであると自虐的に語る[8]
    • この頭髪ギミック絡みで髪の毛を「命の次に大事」と言っており、試合中に髪の毛を掴まれる事を拒む。またそれをきっかけに相手が髪に手をかけるなどの攻防がお約束となっている。これにより堀口専用の技がかなり開発され、「ズル剥け式」と冠される。例として、ズル剥け式キャメルクラッチ(生え際をクラッチしてのキャメルクラッチ)、ズル剥け式フライング・メイヤー(首ではなく髪を掴む)などがある。髪のことになると敏感に反応する。
      • また試合中にレフェリーが八木隆行の場合「ハゲ」と罵倒するというお笑いプロレス上のお約束がある。
      • CRAZY-MAXのスプレー攻撃(生え際にコールドスプレーを噴射される)」が苦手な攻撃であると答える。
  • などの自身の薄い頭髪絡みの自虐的なキャラクターをギミックとしているが、堀口は今(2012年のインタビューの時点)でこそ自分からHAGEコールを呼び込むが、サーファーキャラからのギミックチェンジ直後には正直戸惑いがない訳ではなかった最初は客からバカにされているように感じていたが、最終的にHAGEコールが自分を応援するコールに変化して行くにつれ、コールを受ける事に快感を感じるようになり受け入れられるようになった。と答えている[9]
  • 斎藤了ドン・フジイのユニット「自転車兄弟」との自転車窃盗事件に単を発した抗争が終了した後、堀口のサーフボードが盗まれるという事件が発生した。堀口はすぐにリング上でボードの返却を要求しフジイの抗争が始まると思いきや、フジイはあっさり返却。抗争アングルを即時終了させた。これを見ていた斎藤了が「抗争してあげてくださいよ」と発言。これに堀口が反発した結果、斎藤了の抗争に発展、またこの抗争がサーファーキャラに陰りが見え始め、新境地を開拓すべく暗中模索中だった堀口に結果的にキャラチェンジを決意させる事となった[10]
  • ユニットを移籍しても斎藤了横須賀享との結束は強固である。堀口は「メキシコで苦楽を共にした同じ時代を生きた仲間」と語り[11]、特に斎藤了とのタッグ「マラハ・イサッパ」はオープン・ザ・ツインゲート7代、15代王座になるなど名タッグである。
  • リアルハザード在籍時はEL NUMERO UNO 2003で準優勝したことから、なにかとその実績を持ち出してはタイトルに絡もうとしていた。同じくリアルハザード時代はトーナメント戦には特に強いというアピールをしていながら目立った活躍はなかったが、「KING OF GATE2012」にて見事優勝を果たした[12]
  • バイオテック」のCMキャラクターとして出演していた。育毛剤として「ガンマ剤」という名称の薬品を使用されていたが、偶然にもその後Gammaの所属するマッスル・アウトローズへ加入する。マッスル加入後もこのCMは放映されていたが、しばらくして放送されなくなった。
  • CIMA(2001年11月)、マグナムTOKYO(2003年4月)と両者にシングルでフォール勝ちしたことのある数少ない人物。(現時点では堀口と望月成晃のみ)また、その望月成晃にも何度かシングル戦で勝利している。またコミカルなキャラクターやジョバー(負け役)などを担当するなどの技術の裏打ちもある。

参考文献[編集]

  • 『週刊プロレス』別冊 創刊25周年シリーズ4 「日本歴代プロレスラー名鑑」 (2007年、ベースボールマガジン社)
※2007年までの経歴確認に使用。
  • 『週刊プロレス』2012年6月27日号 pp63 - 66, 掲載、 「レスラーヒューマンストーリー」第98回 堀口元気 編
※デビュー前から2012年までの経歴確認に使用。

脚注[編集]

  1. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp65,
  2. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp65,
  3. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp66,
  4. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp66
  5. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp66,
  6. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp63のページ見出し部分
  7. ^ 『週刊プロレス』2012年7月4日号 pp99 - 102, 『DRAGON GATE「CHAMPJON GETE in HAKATA」 ★6月17日=博多スターレン大会 試合レポート』
  8. ^ 『週プロ』2012-6-29 pp66
  9. ^ 『週プロ』2012-6-27 pp66
  10. ^ 『週プロ』2012-6-27 pp66
  11. ^ 『週プロ』2012-6-27 pp66
  12. ^ 『週刊プロレス』2012年6月6日号 pp91 - 95 「DRAGON GATE 『KNG OF GATE 2012』最終戦 ★5月19日=大阪ボディーメーカーコロシアム大会 試合リポート 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]