タフイナフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タフイナフTough Enough) は、アメリカのプロレス団体WWEが企画するリアリティーショー系のテレビ番組、あるいは企画名である。WWEが有望な若手発掘のために行う。同様の企画として、ディーヴァサーチNXTがある。


概要[編集]

番組の内容は、複数の候補者に課題を与えて競わせ、課題毎に1名の脱落者を選考し、最終的に1名ないし2名の優勝者を選考する。タフイナフにて優勝した人物は、WWEと契約して、プロレスラーとして活動を開始する。通常は契約後OVWにてトレーニングを積み、ギミックを設定した上でWWEのTV番組に登場する。また、優勝しなくても、選考の過程でWWEの注目を集めた人材はWWEと契約することもある。

タフイナフはこれまでに4回のシリーズが行われている。タフイナフI、II、III、100万ドルタフイナフの4回である。IIIまではMTVで独立のテレビ番組として放送されていたが、100万ドルタフイナフはスマックダウンの中で放送された。またIIIまではオーディションの予備審査を通った者が長期合宿し、アル・スノーアイボリーらの教官によってプロレス特訓を受け、教官が脱落者を決定していた。タフイナフIIIではハードコア・ホーリーによるマット・カポテリへの凄惨な扱きが話題となった(叩き上げのホーリーがプロの厳しさを教えるため、ともいわれている)。

100万ドルタフイナフからは体力勝負の予選を勝ち抜き、本選はファン投票で脱落者が決められた。

過去4回の優勝者のうち、タフイナフI、II、100万ドルタフイナフの優勝者はいずれもWWEと契約したものの、すでに解雇されており番組の存在意義に疑問を呈する声もあるが、 ジョン・モリソンザ・ミズのように団体内である程度の地位を確立する人材も輩出している。また、ジョシュ・マシューズの様にレスラーではなくWWEのTV番組のパーソナリティとして契約するものも存在する。

タフイナフ出身者[編集]

Tough Enough[編集]

Tough Enough 2[編集]

Tough Enough 3[編集]

$1,000,000 Tough Enough (Tough Enough 4)[編集]

Tough Enough 5[編集]