ジャッキー・ファーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッキー・ファーゴ
Jackie Fargo.jpg
ジャッキー・ファーゴ(1961年)
プロフィール
リングネーム ジャッキー・ファーゴ
ワイルドマン・ファーゴ
ディック・ビショップ
本名 ヘンリー・ファガート
ニックネーム ザ・ファビュラス・ワン
南部の伝説
身長 180cm
体重 110kg - 114kg
誕生日 1928年5月17日
死亡日 2013年6月24日(満85歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州コンコード
テンプレートを表示

ジャッキー・ファーゴJackie Fargo、本名:Henry Faggart1928年5月17日 - 2013年6月24日[1])は、アメリカ合衆国の元プロレスラーノースカロライナ州コンコード出身。

ゴージャス・ジョージバディ・ロジャースの影響下にある金髪の伊達男キャラクターとして、テネシーを主戦場に絶大な人気を獲得した。ジェリー・ローラーに先駆ける「元祖・テネシーの帝王」であり[2]"Southern Legend" の異名を持つ。

来歴[編集]

1950年代前半にデビューした後、ギミック上の兄弟であるドン・ファーゴ(ドン・スティーブンス)とのタッグチームファビュラス・ファーゴ・ブラザーズThe Fabulous Fargo Brothers)で活動[3][4]ヒール金髪コンビとして、1957年3月30日にはニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてアントニオ・ロッカ&ミゲル・ペレスと世界タッグ王座を争った[5]。その後もテネシーをはじめジョージアシカゴなど各地区に参戦し、ジョージアでは1958年8月にスタン・リソワスキー&レジー・リソワスキーから世界タッグ王座を奪取した[1]

ドンとのコンビを解消後、1961年5月30日にボストン地区でベアキャット・ライトからAAC世界ヘビー級王座を奪取[1]。6月3日にはテネシー州チャタヌーガにてパット・オコーナーNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[6]。以降、ベビーフェイスに転じてニック・グラスの主宰するテネシーのNWAミッドアメリカ地区に定着し、1960年代全般に渡り同地区のスターとして活躍。1965年12月から1966年2月にかけては、当時アメリカ武者修業中だったカンジ・イノキことアントニオ猪木とも度々対戦しており、ヘイスタック・カルホーンをパートナーに猪木&ヒロ・マツダとのタッグマッチも行われた[2]1967年上期にはトージョー・ヤマモト&プロフェッサー・イトーとミッドアメリカ版のNWA世界タッグ王座を争い[7]1968年8月にはルー・テーズと組んで南部タッグ王座を獲得している[8]

1970年8月、日本プロレスに初来日。初戦では星野勘太郎を70秒で下し、テネシーで胸を貸した猪木とのシングルマッチも行われた[2]。同じく初来日のアブドーラ・ザ・ブッチャーの活躍に食われ、日本ではインパクトを残すことはできなかったものの[2]、円熟期に入った1970年代もテネシーのヒーローとなって活躍。ザ・シークなど他地区からスポット参戦してくる大物ヒールも迎撃した[9]1974年には若手ヒール時代のジェリー・ローラーを相手に南部ジュニアヘビー級王座を巡る抗争を展開[10]、以降もローラーとは遺恨試合を繰り広げた。

1977年、NWAミッドアメリカの番頭格だったジェリー・ジャレットがローラーをエースにメンフィスにて新団体CWAを設立すると、1979年よりファーゴもCWAに移籍。フェイスターンしたローラーと新旧の帝王コンビを組み、オースチン・アイドル&ダッチ・マンテルやブロンド・ボンバーズ(ラリー・レイザム&ウェイン・ファリス)などのチームと対戦した。同年11月にはCWAに登場したニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に連続挑戦[11]。翌1980年6月には息子のランディ・ファーゴをパートナーに、ジプシー・ジョー&スカル・マーフィーからAWA南部タッグ王座を奪取した[12]。その後はセミリタイアし、彼のニックネーム "The Fabulous One" をチーム名としたスティーブ・カーン&スタン・レーンファビュラス・ワンズマネージャー役などを担当。悪党マネージャーのジミー・ハートとも抗争し、1982年11月8日にはハートとのランバージャック・マッチが行われた[5]

1984年の引退後は、1991年にCWAの後継団体USWAに登場[5]2000年代前半には、盟友のジェリー・ジャレットが創設したTNAの興行に顔を見せた[1]

2013年6月24日死去(85歳没)[13]。同年、NWA殿堂に迎えられた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドアメリカ / CWA
その他
  • AAC世界ヘビー級王座:1回[1]
  • NWA世界タッグ王座(ジョージア版):1回(w / ドン・ファーゴ)
  • NWA世界タッグ王座(シカゴ版):1回(w / ドン・ファーゴ)
  • NWA南部タッグ王座(ガルフ・コースト版):1回(w / ジョーイ・ファーゴ、ジャック・ドノバン)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Wrestler Profiles: Jackie Fargo”. Online World of Wrestling. 2014年2月16日閲覧。
  2. ^ a b c d 『Gスピリッツ Vol.19』P65-75「カンジ・イノキのアメリカ武者修行 第4回 略奪事件直前の『空白』」(2011年、辰巳出版ISBN 9784777808922
  3. ^ Memphis History: Jackie Fargo”. Memphis History.com. 2011年9月7日閲覧。
  4. ^ Tag Team Profiles: The Fargo Brothers”. Online World of Wrestling. 2011年9月7日閲覧。
  5. ^ a b c Jackie Fargo”. Cagematch.net. 2011年9月7日閲覧。
  6. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1961”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。
  7. ^ a b NWA World Tag Team Title: Mid-America version”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。
  8. ^ a b NWA Southern Tag Team Title: Mid-America version”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。
  9. ^ Memphis/CWA #36 Page #2”. Kayfabe Memories.com. 2011年9月7日閲覧。
  10. ^ a b NWA Southern Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Jackie Fargo in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年7月9日閲覧。
  12. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。
  13. ^ Jackie Fargo Passes Away At Age 85”. eWrestling News. 2013年6月24日閲覧。
  14. ^ NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。
  15. ^ NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]