ジェイソン・ボーヒーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホラー作品のキャラクター
ジェイソン・ボーヒーズ
情報
分類: 殺人鬼サイコキラー[1]
象徴的な武器: マチェット[2]
関連する場所: クリスタルレイク
スタッフ
キャスト: アリ・レーマン(1作目)
ウォーリントン・ジレット&
スティーブ・ダッシュ(2作目)
リチャード・ブルッカー(3作目)
テッド・ホワイト(4作目)
トム・モーガ(5作目)
C・J・グレアム(6作目)
ケイン・ホッダー(7~10作目)
ティモシー・バー・マーコビッチ(8作目)
ケン・カージンガー(FJ)
デレク・ミアーズ(リメイク)
吹き替え: 清川元夢(9作目※DVD)

ジェイソン・ボーヒーズJason Voorhees 1946年6月13日 - ) は、ホラー映画13日の金曜日』シリーズに登場するキャラクターであり、架空の人物である。

経歴[編集]

出生[編集]

1946年6月13日ニュージャージー州ブレアーズタウン付近でボーヒーズ家の長男として生まれる。家族構成はジェイソン本人を含め、父エリアス・ボーヒーズ、母パメラ·ボーヒーズの3人。なお、異母兄妹として義妹のダイアナ・ボーヒーズがおり、更にその娘にあたるジェシカ・ボーヒーズも存在する。

身長192cm・体重114kgと大柄で筋肉質な体格だが、子供時代は背が低く痩せ型(第8作やFVJでは少々太めの体格)だった。常人の2倍はある心臓と異常に小さな脳を持っている。

子供のころは普通に言葉を話していたが、大人になってからは不気味な息遣いとうめき声しか出さない。第9作で他人に乗り移った際は普通に言葉を発していた。

先天的な病により顔が奇形となっており、これがジェイソンを殺人鬼へと変貌させた最大の要因となる(素顔はシリーズによってまちまちであり、大抵は顔半分か全体が崩れている)。

「殺人鬼ジェイソン」の誕生[編集]

1957年クリスタルレイクでキャンプに参加していた11歳のジェイソンは、その風貌から彼を怪物と忌み嫌う少年少女達の虐めにあい、顔に布袋を被せられた状態でクリスタル湖に突き落とされ、そのまま溺れて消息不明になる。この時、管理責任のあるキャンプ指導員達は性行為に及んで監視を疎かにしていた。結果事件は有耶無耶にされてしまい、ジェイソンの母パメラは精神に異常をきたすようになる。またジェイソンの父エリアスもパメラの異常性を察したのか、彼女の元から去ってしまう。しかしジェイソンは奇跡的に生存していた。

ジェイソンが消息不明になってからの間、パメラはキャンプ指導員を始めとする観光者達の殺人などを繰り返していた。しかし13日の金曜日に起こした殺人事件の際、被害者の一人であるアリスの反撃によって首をナタで切断され死亡(第1作)。

しかし、偶然にもその現場を目撃したジェイソンは母親の復讐を誓い、事件から2ヵ月後に唯一生き残ったアリスの自宅へ侵入し、彼女をアイスピックで惨殺。死体を自分の家に持ち去り、現場には大量の血液のみが残されていた。数年後、クリスタルレイク付近にあるキャンプ場に訪れた若者達を次々と殺害するが、被害者の一人である女性、ジニーの反撃により、身体をナタで切りつけられる。しかしすぐ蘇生して、布袋を外された素顔の状態でジニーとポールの二人に襲い掛かった。翌日、ジニーは駆けつけた警察官に救出されて病院に搬送されるものの、ポールはジェイソンと共に行方不明となり、おそらくは殺害されたと思われる(第2作)。

そのまた翌日、クリスタルレイク付近のカフェを営む夫婦を殺害。さらにその翌日には、クリスタルレイク付近のとあるキャンプ場に訪れた高校生達を殺害する。その際、シェリーという悪戯好きの少年がガールフレンドを脅かすために使用していたアイスホッケーのマスクを殺害すると同時に奪い取り、以降このマスクを常に被ったままになる。最後に残ったメンバーの一人、クリスという少女の反撃に遭い致命傷を負う(第3作)。

だがすぐに蘇生し死体安置所から脱走した翌日に、クリスタルレイクに戻ってまた殺人劇を繰り広げた際、被害者の一人であるトミー・ジャビーズの反撃により顔面にナタを叩き込まれ、遂に絶命した(第4作)。

偽ジェイソンの出現[編集]

ジェイソンへの恐怖の記憶に悩まされていたトミーが入院している森林の精神病院にて、ジェイソンと思われる人物による連続殺人事件がおこなわれた。正体は救急隊員である男性ロイ・バムス

無口で大人しい性格をしたロイが、ジェイソンに扮した連続殺人に走ってしまった動機は、事件前に精神病院で起こった生徒同士のトラブルにある。このトラブルで、短気で攻撃的な性格をしたビクターに斧で後頭部や腕をえぐられ殺害された少年・ジョイは、ロイの実の息子であり、理由は不明だが、ロイは息子に対し実の父親であることを名乗ろうとせず、彼を病院に預けていた。息子のジョイが無残な死体姿となったのを目の当たりにしたロイは、精神に異常をきたし、ジェイソンに扮して精神病院やその付近の人間達を無差別に狙った連続殺人事件を起こしてしまう事になる。自分の子供を殺されたショックで殺人に走るようになった点は、ジェイソンの母、パメラ・ボーヒーズと共通している。

最後は生き残ったトミー達を追い詰めたが、トミーの反撃により片手を切断され、更には落下して床の針山に串刺しとなって、死亡した(第5作)。

不死の怪物として[編集]

ジェイソンの死から約10年後、ジェイソンへのトラウマが悪化したトミーが、腐乱したジェイソンの遺体を火葬するべく墓穴から遺体を堀り起こした際、落雷の直撃を受けたジェイソンはそのショックにより蘇生。これ以降のジェイソンは攻撃を受けても平然と起き上がる不死の体を持った最強の殺人鬼と化した。トミーは唯一事情を理解してくれた保安官の娘・メイガンと共にクリスタル湖へと向かい、ジェイソンを迎え撃ち、戦いの末、ジェイソンはトミーに湖へ沈められるも生きていた(第6作)。

時は立ちジェイソンは超能力を持つ少女ティナの手によって3度目の復活を果たし、クリスタルレイクの住民を血祭りに上げていく。図らずも伝説の殺人鬼を呼び起こしたティナは超能力を駆使してジェイソンに挑むも絶体絶命の危機に陥ってしまう。だがティナの念で甦った彼女の父親によってジェイソンは湖の底へと封印される(第7作)。

だが、湖をクルージングしていた船の錨が電気ケーブルを切断してしまい、封印されていたジェイソンは感電により復活。ニューヨークへ向かう船の乗員達を殺害。ニューヨークへ逃れた乗員達を追って海を渡ったジェイソンは新天地にて更なる殺戮の宴を繰り広げるが、被害者達の機転で汚染廃棄物に流され地下水道で消息不明となり、その後、少年ジェイソンの幻影が現れる(第8作)。

悪魔の存在として[編集]

ジェイソンの起こした惨劇からしばらくたったある日、ジェイソンはクリスタルレイクに訪れた女性を襲撃。逃れた女性を追って森へと入り進んでいくジェイソンに、待ち構えていた特殊部隊の一斉射撃が降り注ぎ、ジェイソンの体は四散して原型を留めない程に破壊される。その後、軍はジェイソンの肉片、特に依然として生命活動を続ける心臓を持ち帰り、その不死の原理を突き止めようと研究する。だが研究の最中、科学者の一人にジェイソンの心臓が寄生、ジェイソンは宿主の体を借りて殺人を再開する。途中で何度か宿主を変えながら、ジェイソンは完全な蘇生に必要な「自らと同じ血を継ぐ体」を求めて腹違いの妹の一家の元へと向い、そこで妹のダイアナ・ボーヒーズを殺害しその遺骸に寄生した。しかしその前に姪のジェシカ・ボーヒーズスティーブンが立ちはだかり、ジェイソンはジェシカの持つ聖剣で心臓を貫かれ力を失い、地面から現れた巨大な手に引きずり込まれ地獄に落とされる。その後、ジェイソンのマスクをフレディ・クルーガーが回収する(第9作)。

未来での殺戮[編集]

ジェイソンはクリスタル湖の研究所にある超低温室に隔離されていたがその拘束すらも破って覚醒し研究員達を殺害する。しかし最後の研究員であったローワンの反撃で彼女と共に冷凍保存されてしまう。時は流れ、2455年、既に崩壊していた地球に探査を目的として帰還した考古学者ロウによって蘇生。数百年後の世界を恐怖に陥れるが、宇宙船に搭載されていた戦闘用サイボーグに頭部を破壊されて死亡する。だが幸運によってサイボーグとして復活、戦闘用サイボーグを破壊し乗組員達を追い詰めるも、乗組員の一人の決死の行動により大気圏へと突き落とされ、そのまま地球のクリスタルレイク湖に沈む(第10作)。

フレディとの対決[編集]

エルム街の住人達に忘れられた為、思うように活動できないでいたフレディは、ジェイソンの夢の世界で母親のパメラに化け、ジェイソンを説得。さらにジェイソンの肉体をも蘇らせる。初めの内は意のままに従っていたジェイソンだったが、次第にコントロール下から外れて自らの意思で殺戮を行う様になる。危機感を覚えたフレディはジェイソンを悪夢の世界へと引きずり込みジェイソンと対峙、水が弱点である事を突かれて一時は夢の中に閉じ込められてしまうも、エルム街の若者達の機転でフレディは現実世界に引きずり出され自身も復活。クリスタルレイクで死闘の末に相討ちとなるも、再び蘇生して切り落とされたフレディの頭を持って何処かへと姿を消してしまう(FVJ)。

年表[編集]

旧シリーズ[編集]

  • 1935年 クリスティ夫妻、「キャンプ・クリスタルレイク」を設立。
  • 1946年 ジェイソン・ボーヒーズ出生。
  • 1957年 ジェイソン、「キャンプ・クリスタルレイク」で溺れ消息不明となる。
  • 1958年 ダイアナ・ボーヒーズ出生。クリスタルレイクでパメラ・ボーヒーズによる殺人が始まり、2人の若者カップルを殺害(第1作)。
  • 1962年 「キャンプ・クリスタルレイク」水質汚染で再開不能。その一年後に改善し再開するが前年度に殺人や溺死、連続放火により皆から不吉とされ血のキャンプ場として有名になる。その事で一時期客足が遠のく。
  • 1980年 アリスの友達や仲間がクリスタルレイクに集まりパメラ・ボーヒーズによる殺人が再び始まり若者達を次々と殺害。最期でパメラが、被害者アリスの反撃で殺害される(第1作)。
  • 1980年 その数ヵ月後パメラが殺される瞬間を見ていたジェイソンによって、アリスが殺害される(第2作)。
  • 1985年 ジェイソン、クリスタルレイクのキャンプ指導員を次々と殺害し、数日後には住民・カフェ経営者などを殺害。しかし被害者の反撃により致命傷を負うも、死体安置所で蘇生。医療関係者らを殺害し、キャンプ場へ戻ったジェイソンはで三度殺戮を行うも被害者トミーの反撃で顔面にを叩き込まれ、死亡した(第2~4作)。
  • 1993年 救急隊員のロイが扮する偽ジェイソンの連続殺人事件が発生。ジェイソンを殺害したトミーも巻き込まれる事になった(第5作)。
  • 1993年 雷の衝撃により蘇生。超人的な力を手にし、各地で殺人事件を展開するがニューヨークの地下水道で消息不明になる。なお、この数年間の内に、キャンプ場は「フォレストグリーン」という名に変更されていたが、再び連続殺人が起こった事で、それを怪奇話として面白がった者達の悪意により「クリスタルレイク」の名へと戻されてしまっている(第6~8作)。
  • 2002年 FBIによって木っ端微塵に吹き飛ばされるが、心臓だけで他人に乗り移りながら活動し、異母兄妹のダイアナ・ボーヒーズを殺害。ジェシカの婚約者に乗り移って復活するも、姪のジェシカ・ボーヒーズの手で封印される。フレディ・クルーガーが死亡したジェイソンのマスクを回収(第9作)。
  • 2010年 科学者ローワン、ジェイソンを拘束して自らと共に冷凍保存する(第10作)。
  • 2455年 考古学者ロウ、ローワンとジェイソンの冷凍保存を解除。ジェイソンによる未来での殺戮が始まる。サイボーグによって殺害されたが、暴走したナノマシン技術によって、メタルジェイソンとなって復活。最後は隊員の一人による決死の行動によって大気圏突入し、クリスタルレイクへ落下する結末となった(第10作)。

外伝[編集]

  • 2003年 フレディがジェイソンを蘇生。暴走したジェイソンとクリスタルレイクで死闘を演じ相討ちとなる。だがフレディとジェイソンは生きており、フレディの首を持ちどこかへと去る(外伝作)。

殺人[編集]

殺人においてジェイソンは様々な武器を使用しているが、マチェットの一種)やを用いることが多い。第3作以降は怪物じみたパワーを生かした殺人も多い。また飛び道具を使ったことがある。第7作では刈払機を使用したこともある。

ジェイソンに殺害された被害者の数は200人を越える。襲われた中には生き延びた人間もいるが、精神不安定になって精神病院へ移送されてしまうケースが多い。

なお、パロディオマージュなどでは「ジェイソンの武器=チェーンソー」とイメージされることが多々あるが、これは間違いで、作中でジェイソンがチェーンソーを使って殺人を行ったことは実は一度も無い[3]。第2作では逆にヒロインにチェーンソーで襲われたことがある。

仮面[編集]

ジェイソンの最大の特徴は顔を覆うホッケーマスクであるが、ジェイソンが殺人を始めた第2作ではまだ被っておらず、代わりに穴の空いた布袋を被っていた。これは幼少期に湖に投げ込まれ、溺れさせられた直前に被らされた物であり、自らの奇形の顔にコンプレックスを持っていたジェイソンにとって無くてはならない物であった。

現在に至るまでトレードマークとなっているホッケーマスクを被ったのは第3作からであり、被害者の一人であるシェリーが友人を脅かす為に被っていた物を奪い取った物で、第6作では第4作の殺人を生き延びたトミーがジェイソンを火葬にする際に用意した物を奪い、第8作では最初の被害者がジェイソンごっこで遊んでいたのを殺して奪い取ったものである。

マスクをかぶって顔を隠しているジェイソンだが、第8作では自分からマスクを外して素顔をさらし、絡んできたチンピラ達を追い払った経験がある。

弱点[編集]

ジェイソンは「いかなる攻撃でもなかなか倒れず、もし倒れても何事も無かったようにすぐ起き上がる」というイメージが定着しているが、初期は殴られて失神するなどダメージを受けた描写が見られた。怪物じみた頑強さを見せるのは第3作以降であり、特に事実上不死化した第6作以降のイメージが強く影響していると思われる。

動きは俊敏とはいえず、咄嗟の回避行動や防御などは不得手。上記の通り並外れて頑強な肉体を持つため大抵の攻撃には耐えるが、この弱点を突かれて致命的な逆襲を受けることが多い。

フレディVSジェイソン』では湖に沈められたトラウマから水が弱点とされているが、原作シリーズでのジェイソンは平気で水の中に入っており、第8作に至っては泳いでニューヨークに渡っている(溺れるという行為を怖がっている描写がある)。

また、女性に母親と同じ格好や話し方をされると、その女性を母親と錯覚して殺意を喪失してしまうこともある(第2作、FVJ)。そして、自らの毛髪を剃って坊主頭になったトミーの姿に、幼い頃の自身とイメージが重なって、殺意を喪失してた結果、命を落としている(第4作)

重要関連人物[編集]

パメラ・ボーヒーズ[編集]

キャストはベッツィ・パーマー(1~2作目)、マリリン・パウチャー(3作目)、ポーラ・ショー(FVJ)、ナナ・ヴィジター(リメイク)
吹き替えは来宮良子(第1作/TV版、FVJ/DVD版・TV版)、谷育子(第2作)、沢田敏子(リメイク版)
第1作、第2作、第3作、FVJ、リメイクに登場。
ジェイソンの母親で、1作目までに殺人を行なっていた連続殺人犯。1作目/リメイクでは、溺れたジェイソンの復讐の為、クリスタルレイクにやってきた人たちを殺害していた。しかし、被害者の1人であるアリスに首をナタで切断され死亡する(49歳)。2作目では、ジェイソンの屋敷で、彼女の首が飾られている。3作目では、ラストでボートに乗っているクリスを襲うが、クリスの夢だった。FVJでは、フレディが化けており、ジェイソンを蘇らせるため、夢の中にいるジェイソンを説得する。

アリス[編集]

キャストはエイドリアン・キング(1~2作目)
吹き替えは小山茉美(第1作/TV版)、滝沢久美子(第2作/TV版)
第1作、第2作に登場。
キャンプ場再開協力員の1人。他の協力員がパメラに次々と殺害されていく中、1人生き残り、最後にはパメラの首をナタで切断し生還する。しかし、その瞬間をジェイソンが見ていたため、その後ボートでアリスを襲う(しかし、救助した警官たちはジェイソンを見ておらず、アリスも夢から覚めたような描写だったため、ボートを襲ったジェイソンは、夢の出来事だと思われる)。数ヵ月後、アリスの自宅にジェイソンが侵入し、ジェイソンにアイスピツクで殺害され死亡。5年後のジェイソンの屋敷では、彼女のミイラ化した遺体が確認できる。

補足:このような設定になった背景には、エイドリアン・キングがこれをきっかけに狂信的なストーカーに狙われるようになり、命の危険まで感じるようになってしまったため、早々と降板するように設定してもらったといういきさつがある。そして、キングは女優業を引退した[4][5][6]

ジニー、ポール[編集]

キャストはエイミー・スティール(ジニー)、ジョン・ヒューリー(ポール)
吹き替えは榊原良子(ジニー/TV版)、野島昭生(ポール/TV版)
第2作に登場。
クリスタルレイクキャンプ場の指導員候補。ジェイソンの家で決戦の末、ジェイソンに深手を負わせるも、彼の逆襲によってジニーは病院に搬送され、ポールは行方不明になる。

クリス[編集]

キャストはダナ・キンメル
吹き替えは幸田直子(TV版)
第3作に登場。
クリスタルレイクに遊びに来た女性。過去に素顔のジェイソンに襲われており、それがトラウマになっている。最後はジェイソンに致命傷を負わせるも、恐怖のあまり精神に異常をきたしてしまう。

トミー・ジャビーズ[編集]

キャストはコリー・フェルドマン(4~5作目)、ジョン・シェパード(5作目)、トム・マシューズ(6作目)
吹き替えは浪川大輔(第4作・第5作/TV版)、塩沢兼人(第5作/TV版)、池田秀一(第6作/TV版)
第4作、第5作、第6作に登場。
特殊メイクの才能をもった少年。4作目では、トリッシュと共にジェイソンに襲われるが、最後にはジェイソンをナタでメッタ斬りにし、2人で生還する。5作目では、ジェイソンに襲われたことがトラウマとなり、精神病院に入院させられた。途中でジェイソンが現れ、最後はパム、レジーと共に力を合わせ、ジェイソンの片手を切断し、落下して針の串刺しになって死亡し、3人で生還する。しかし、最初は死んだジェイソンが犯人だと思っていたが、正体は救急隊員のロイであったため、トラウマを治せず、最後には本物のジェイソンの幻影を見た後、ナイフとホッケーマスクを取りだし、部屋に入ってきたパムを殺そうとする。6作目では、未だにジェイソンの悪夢に悩まされていたため、友人のバズと共に、『フォレスト・グリーン』と名を変えたクリスタルレイクへと戻り、ジェイソンの墓に訪れる。悪夢と完全に決別するため、ジェイソンの遺体を掘り起こし、火葬しようとするが、突然落雷が起こり、ジェイソンに刺さった鉄の柵に直撃し、ジェイソンが蘇みがえってしまう。バズは殺され、その後ギャリスの所へいくが、ギャリスは話を信じようとせず、トミーを閉じ込めてしまう。唯一、話を信じたギャリスの娘メーガンと共に、ジェイソンを倒そうとする。最後は、ジェイソンを湖に沈めるためにボートの上でジェイソンを挑発し、作戦を実行しようとするが、ジェイソンに湖に落とされ殺されかけるが、メーガンの協力でジェイソンを沈めさせることに成功し、後でメーガンが人工呼吸をするが起きず、悲しみにくれる中、メーガンが両拳で叩いた所、トミーは息を吹き返し、2人で生還する。

ティナ[編集]

キャストはラー・パーク・リンカーン
吹き替えは不明
第7作に登場。
超能力を持つ少女。子供のころ夫婦喧嘩を起こす両親に耐え切れず、父親を湖に沈めてしまう。成長した彼女は超能力で父親を甦らせようとするが、封印されていたジェイソンが復活してしまう。ジェイソンの手で母親を殺された彼女は、超能力でジェイソンに挑むも逆に窮地に立たされてしまうが、必死の願いで甦った父親がジェイソンを湖に封印する。

レニー、ショーン[編集]

キャストはジャンセン・ダジェット(レニー)、スコット・リーヴス(ショーン)
レニーの吹き替えは深見梨加(DVD版)、水谷優子(TV版)。ポールの吹き替えは関俊彦(DVD版)、松本保典(TV版)。
第8作に登場。
卒業旅行でニューヨーク行きのラザラス号に乗り込んだ高校生。レニーは昔クリスタルレイクで溺れた際、少年ジェイソンの幻覚を見てそれがトラウマになっている。N.Yまで追ってきたジェイソンを、機転により下水の廃棄物の流れに巻き込ませる。

ダイアナ・ボーヒーズ[編集]

キャストはエリン・グレイ
吹き替えは滝沢ロコ(LD版)
第9作に登場。
ジェイソンの妹で、ジェシカの母親。ジョイ.B食堂で働いており、ランディスと交際していた。自宅でジェイソンに、背中をキッチンナイフで刺され死亡。死亡して数日後、ジェイソンに体を乗り移られ、ジェイソンは複活する。

ジェシカ・ボーヒーズ[編集]

キャストはカリー・キーガン
吹き替えは久川綾(LD版)、相沢恵子(TV版)
第9作に登場。
ダイアナの娘で、ジェイソンの姪。夫にスティーブンがいるが、現在はワケがあって離婚している。最初はスティーブンの話を聞こうともしなかったが、最終的にはスティーブンの思いに気付く。最後で、スティーブンと共にジェイソンと戦い、彼女が聖剣をジェイソンの胸にけり込んで、ジェイソンは地獄へと引きずりこまれ、2人で生還する。

デューク[編集]

キャストはスティーヴン・ウィリアムズ
吹き替えは大塚明夫(VHS版)
第9作に登場。
ジェイソンハンターの異名を持つ賞金稼ぎ。ジェイソンを倒せるのはボーヒーズ家の者だけであることを知っており、そのための聖剣をジェシカに託す。終盤ジェイソンと戦うが、さば折りで絞殺された。

ローワン[編集]

キャストはレクサ・ドイグ
吹き替えは湯屋敦子
第10作に登場。
クリスタルレイク調査団の主任。尋問を破ったジェイソンを自分もろとも冷凍保存する。400年後、宇宙船の中で蘇生し、ジェイソンを倒すことに協力する。

KM[編集]

キャストはリサ・ライダー
吹き替えは唐沢潤
第10作に登場。
女性型サイボーグ。圧倒的な強さでジェイソンに勝利するが、メタルジェイソンには歯が立たず、パンチで首を吹き飛ばされる。

ブロッドスキー[編集]

キャストはピーター・メンサー
吹き替えは楠大典
第10作に登場。
宇宙船のクルー。終盤で自分もろともジェイソンを大気圏へ突入させる。

フレディ・クルーガー[編集]

キャストはケイン・ホッダー(9作目)、ロバート・イングランド(FVJ)
吹き替えは江原正士(FVJ/DVD版)、青野武(FVJ/TV版)
第9作、FVJに登場。
9作目では、ジェイソンを倒したスティーブンとジェシカの後のラストで、地面から右手のみ出て、ジェイソンのホッケーマスクを回収する。FVJでは、エルム街の住人達に忘れられて思うよう活動できなかった為、ジェイソンの夢の中で母親のパメラに化けてジェイソンを説得し、ジェイソンを蘇らせる。初めはジェイソンをコントロールしていたが、徐々に手の内から外れ、最終的にジェイソンと戦い相討ちとなる。しかし2人はまだ生きており、ジェイソンはフレディの首を持ってどこかへ去る。

ローリー・キャンベル、ウィル・ローリンズ[編集]

FVJに登場。
ローリーはかつてフレディに母親を殺された過去を持つ。二人の戦いを利用し、最後はフレディの首を切り落とし、ウィルと帰還する。

クレイ、ホイットニー[編集]

キャストはジャレッド・パダレッキ(クレイ)、アマンダ・リゲッティ(ホイットニー)
吹き替えは内田夕夜(クレイ)、樋口あかり(ホイットニー)
リメイク版に登場。
クリスタルレイクを訪れた兄妹。ホイットニーはクリスタルレイクにキャンプに来ていた際、ジェイソンに友人全員を殺害されるも、面影がパメラに似ていたことからジェイソンの家に監禁される。その後、兄クレイがホイットニーを救出し、力を合わせてジェイソンを倒すも、ラストで復活したジェイソンに襲われる。

名前の由来[編集]

ジェイソン・ボーヒーズという名前は、脚本のヴィクター・ミラーの息子の名前と高校時代の恋人の名前を、合わせたものである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stuart Fischoff, Alexandra Dimopoulos, FranÇois Nguyen, Leslie Hurry, and Rachel Gordon (2003年). “The psychological appeal of your favorite movie monsters (abstract)”. ISCPubs. オリジナル2007年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070928121324/http://www.iscpubs.com/clinlab/0303/article02.php 2009年6月22日閲覧。 
  2. ^ Claudia Puig (2002年4月25日). “'X' marks Jason's return to theaters”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/2002/2002-04-25-jason.htm 2007年7月24日閲覧。 
  3. ^ 同時期に公開された映画『悪魔のいけにえ』シリーズに登場する殺人鬼、レザーフェイスが仮面を着用してチェーンソーによる殺人を行っており、これとの混同と思われる
  4. ^ http://www.imdb.com/title/tt0082418/trivia?tab=tr&item=tr0776303
  5. ^ http://www.imdb.com/title/tt0082418/trivia?tab=tr&item=tr0776279
  6. ^ http://www.imdb.com/name/nm0454415/bio#trivia