ジーン・スニツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーン・スニツキー
ジーン・スニツキーの画像
プロフィール
リングネーム スニツキー
ジーン・スニツキー
ジーン・モンド
本名 ユージーン・アラン・スニツキー
ニックネーム 凶悪犯
精神異常者
身長 203cm
体重 139kg
誕生日 1970年1月14日(44歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州
デビュー 1997年
テンプレートを表示

ジーン・スニツキーEugene Alan "Gene" Snisky1970年1月14日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルベニア州出身。名前の語感がよく似ている往年のレスラー、ジン・キニスキーとは別人。WWEデビュー当時は「ジーン・スニツキー」とフルネームだったが、後に「スニツキー」と短縮された。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

プロレスラーデビューを果たしたのは1997年WWFと契約を交わして入団し、傘下団体のOVWでトレーニングを開始。"ミーン" ジーン・モンド"Mean" Gene Mondo)のリングネームで活動するが、後に入団するマイク・モンドモンドブラザーズMondo Brothers)なるタッグチームを結成。OVWで活動中、WXW(World Xtreme Wrestling)に参戦し、アメリカンフットボーラーギミックでロブ・ハーパーツインタックラーズTwin Tacklers)というタッグチームを結成して活躍した。

2004年[編集]

2004年WWEに昇格し、本名名義でRAWに所属。当時ギミックリタ結婚していたケインとの抗争で登場。最初はただのジョバー的なレスラーかと思われたが、スニツキーの攻撃でリタが流産した(実際はケインに攻撃を仕掛け、その衝撃を受け切れなかったケインがリタに衝突した)、という設定で抗争がスタートした。ヒールとしての登場で、この抗争でケインはベビーターンした。その年のタブー・チューズデイでケインと対戦。投票で決まった武器で対戦することになった(だが実際には他にも色々と凶器は使用されていた)。ケインの喉をイスではさみトップロープストンプで喉を破壊、吐血させ長期欠場へと追い込んだ(これは以前ヒールだったケインがショーン・マイケルズを長期欠場へと追いやったのと同じ)。その年のサバイバー・シリーズではトリプルHエッジバティスタと組み、ランディ・オートンクリス・ベノワクリス・ジェリコメイヴェンと対戦。自分のチームでは三番目に脱落する。

2005年WWE

2005年~2006年[編集]

ニュー・イヤーズ・レボリューションでは復帰したケインに敗戦。2005年ロイヤルランブルに出場。その際、当時ジ・アンダーテイカーと抗争中だったハイデンライクサイコ同盟を結託。ハイデンライクとテイカーの棺桶マッチで乱入、ハイデンライクを援助しテイカーを襲う。しかし、棺桶からケインが登場。ケインに恐れをなしたスニツキーは退散、ケインはあとを追いかけて行った。メインのロイヤルランブル戦に出場。27番目に登場し、ポール・ロンドンを強烈なクローズラインで敗退させ(空中を一回転し、落下したため気絶してしまった)強烈な印象を残したが、28番目に登場したケインに脱落させられてしまう。

WWEワン・ナイト・スタンドでは、反ECW軍の一員として登場した。

共にアゴ髭が特徴的なタイソン・トムコとタッグを組んでいたが、2006年4月トムコが団体を退団したためにタッグは解消。以降はシングルプレイヤーとして活動していたが、後にゴールダストと異色タッグを結成している。ロウ登場時とは違い、「足の指フェチ」で相手のリングシューズを脱がそうとするコミカルなキャラになっている。そのことでビッグ・ショーともPPVで抗争した。

2007年〜2008年[編集]

2007年2月、ECWに移籍しヒールターン。伸ばしていた顔の毛を全て剃って登場。襲撃キャラで暴れまわり、ハードコア・ホーリーと結託しボビー・ラシュリーを襲うなど、タイトル戦のストーリーに加わった。3月には、結託して共にラシュリーを襲ったハードコア・ホーリーをも襲撃した。同年6月のドラフトにより、7月よりRAWに復帰。その後も連勝を続けていたが、ジョン・シナとの2年振りの対戦で敗れ、連勝を止められた。その後はウマガともタッグを組み始めた。

2008年3月26日のECWで行われた12人対12人の対抗戦で、トミー・ドリーマーをビッグ・ブートで沈めてフォール勝ちを奪い、ECW王座に近い存在であることを誇示した。また、この日のメインイベントであるECW王者チャボ・ゲレロVSドリーマーの試合にチャボが勝利した後、スニツキーが乱入してチャボを背後から襲い、これがきっかけで乱闘騒ぎになった。3月30日、WrestleMania 24ECW王座への挑戦権を賭けて行われた「24人バトルロイヤル」に出場。残り3人(他にはケイン、マーク・ヘンリー)まで残ったが、ヘンリーによってリング下に落とされ失格、惜しくも挑戦権を逃がした。WrestleMania以降、前座番組のHeatでの出場が主となり、6月からRAWに出場するがジョバーとしての役目が多くなり、12月12日にWWEを解雇された。

2009年~現在[編集]

WWE解雇後、古巣であるWXWやNWE(Nu-wrestling Evolution)、NWS(National Wrestling Superstars)などのインディー団体に参戦。 2012年2月4日にはフィリピンにてWWEとTNAに所属した経験のあるレスラーたちが集う団体であるWWFX(World Wrestling Fan Xperience)に参戦。カリートス・コロンと対戦し、敗れた。

その他[編集]

  • 顔の両頬にニキビ跡がある。
  • デビュー当時のギミック時代には舌にピアスをしていて、また入場した際のリング上アピールとして口を大きく開きピアスを付けた舌を誇張していた。
  • 歯並びが酷く黄ばんでいるため、入場の際に観客から「歯を磨け」コールが起こった。また、このことをネタにDXにからかわれることもあった。

得意技[編集]

パンプハンドル・スラム
デビュー戦から幾度か経ったユージン戦から使用。
ビッグブーツ
タイソン・トムコと組んでいた時期からのフィニッシャー。トムコのフィニッシャーでもあり、彼とのタッグではダブル・ビッグブーツも披露。トムコ退団後もフィニッシャーとして使用していた。
スピニング・サイドスラム

獲得タイトル[編集]

ACW(Athletik Club Wrestling)
  • ACWタッグ王座 : 1回
w / ロブ・ハーパー
WXW
  • WXW C4アルティメットヘビー級王座 : 1回
  • WXWヘビー級王座 : 1回
  • WXWタッグ王座 : 1回
w / ロブ・ハーパー

入場曲[編集]

  • It Wasn't My Fault
  • Unglued

外部リンク[編集]