ケビン・ワコーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネイルズ
プロフィール
リングネーム ネイルズ
ザ・プリズナー
ケビン・ケリー
ケビン・ザ・マグニフィセント
本名 ケビン・パトリック・ワコーズ
ニックネーム 凶悪囚人
ミスター・マグニフィセント
身長 196cm
体重 135kg(全盛時)
誕生日 1958年4月17日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミネソタ州ブルーミントン
トレーナー ブラッド・レイガンズ
デビュー 1982年
引退 2000年
テンプレートを表示

ケビン・ワコーズKevin Patrick Wacholz1958年4月17日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミネソタ州ブルーミントン出身。

WWFにおける、囚人ギミックネイルズNailz)などのリングネームで知られる。

来歴[編集]

1982年、地元ミネソタ州ミネアポリスAWAにてケビン・ケリーKevin Kelly)のリングネームでデビュー。以降、テキサス州ダラスのWCCWやビル・ワットのMSWAなどを転戦する。もともとはベビーフェイスだったが、1986年よりAWAでミスター・マグニフィセントMr. Magnificent)をニックネームに、金髪の伊達男系マッチョマンのヒールに転向。マネージャーは、当初はシェリー・マーテル、後にメデューサ・ミセリーが担当した。

日本には1986年8月に新日本プロレスに初来日。1990年6月にはケリー・ワコーズ名義でFMWに「プロボクサー」として参戦し、ディック・マードックとプロレスラー同士の異種格闘技戦を行っている。

AWA崩壊後の1992年WWFと契約。ウエイトが増え、トレードマークだった金髪のロングヘアもすっかり薄くなったことから、それまでの伊達男キャラクターを完全に払拭。囚人服姿の暴力的な悪相ヒール、ネイルズNailz)に変身し、看守ギミックのビッグ・ボスマンと抗争を展開する。ネイルズはかつてボスマンが看守を務めていた刑務所に服役しており、自分を虐待したボスマンに復讐するために出所後WWFに乗り込んできた…というアングルのもと[1]、各地で熾烈な遺恨試合を繰り広げた[2]

脱獄」をイメージしてか、リングへの上り下りはサードロープの下から潜り込むようにして行い、ファイトスタイルも殴る・蹴る・絞めるのラフファイト一辺倒であるなど、凶悪囚人のキャラクター設定を徹底。死刑をテーマにジ・アンダーテイカーとの抗争アングルもスタートしたが[2]、ギャランティをめぐるトラブルからビンス・マクマホンへの暴行事件を起こし、契約から1年にも満たない1992年末にWWFを解雇された[1]

その後、1993年WCWに登場。WWF時代と同じ囚人ギミックのザ・プリズナーThe Prisoner)を名乗り、同年5月のPPV "Slamboree" ではスティングと対戦した[3]。しかし、ここでも長続きすることなく短期間で離脱。翌1994年8月、ネイルズ名義で新日本プロレスのG1クライマックスに来日。10月のSGタッグリーグ戦にもロン・シモンズと組んで出場した。

以降もネイルズのリングネームを使い続け、1996年にはシカゴのインディー団体AWFでティト・サンタナと対戦している。WWFを解雇されて以来、一連のステロイド裁判ではマクマホンに対する私怨から、WWFに不利な証言を率先して行っていた[4]2000年に引退し、ホームタウンのミネソタに居住。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

  • WWWAヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b Reynolds, R.D. (2003). Wrestlecrap: The Very Worst of Pro Wrestling. ECW Press. pp. 74–76. ISBN 978-1-55022-584-6. 
  2. ^ a b WWE Yearly Results 1992”. The History of WWE. 2011年5月12日閲覧。
  3. ^ WCW Slamboree 1993”. pWw-Everything Wrestling. 2011年5月12日閲覧。
  4. ^ Nailz the Wrestler Testifies He Was Told to Use Steroids”. The New York Times: July 12, 1994. 2009年9月26日閲覧。

外部リンク[編集]