マニー・フェルナンデス (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニー・フェルナンデス
プロフィール
リングネーム マニー・フェルナンデス
本名 エマニュエル・フェルナンデス
ニックネーム レイジング・ブル
身長 184cm
体重 118kg(全盛時)
誕生日 1954年7月27日(60歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州エル・パソ
スポーツ歴 アメリカンフットボール
デビュー 1977年
テンプレートを表示

"ザ・レイジング・ブル" マニー・フェルナンデス"The Raging Bull" Manny Fernandez、本名:Emmanuel Fernandez1954年7月27日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州エル・パソ出身のメキシコ系アメリカ人

日本では「マニー・ルナンデス」と表記される場合もあるが、スペリングの通り、本項では原音に近い表記に準ずる。

来歴[編集]

少年期にエル・パソからカリフォルニア州サンノゼに移住し、ハイスクール時代はアメリカンフットボールレスリングで活動[1]。大学入学前にUSネイビーシールズに入隊し[2]ベトナム戦争に従軍[1]。除隊後はウエスト・テキサス州立大学にてフットボールを再開し、NFLカンザスシティ・チーフスにも所属していたが[3]、当時テキサス州アマリロでプロレス団体(NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ)を運営していたザ・ファンクスディック・マードックブラックジャック・マリガンに出会い、彼らに触発されてプロレスラーとなる[1]

1977年のデビュー後はエディ・グラハムが主宰するフロリダのチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダを主戦場に、ベビーフェイスのポジションで活躍[4]1979年10月にはテリー・ファンクからNWAフロリダ・ヘビー級王座を[5]1981年にはバロン・フォン・ラシクから同TV王座を奪取した[6]。故郷のテキサスではサンアントニオのサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングにて同じメキシコ系のチャボ・ゲレロとコンビを組み、ジノ・ヘルナンデス&タリー・ブランチャードのダイナミック・デュオと世界タッグ王座を争った[7]

日本には1983年8月に全日本プロレスの『スーパー・パワー・シリーズ』に初来日。「まだ見ぬ強豪」の一人として注目されたものの、テリー・ファンクの引退試合に話題が集中し、ザ・ファンクス、スタン・ハンセンブルーザー・ブロディキラー・トーア・カマタ、同じく初来日のテリー・ゴディなど豪華メンバーが集結した同シリーズにおいてはインパクトを残すことはできなかった。

1984年からはジム・クロケット・ジュニアが運営するノースカロライナNWAミッドアトランティック地区に定着。フロリダ時代からの盟友ダスティ・ローデスのパートナーとなり、同年10月20日にイワン・コロフ&ドン・カヌードルから同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取[8]。11月28日にはブラック・バートを破りブラスナックル王座も獲得した[9]。その後はワフー・マクダニエルとの抗争を経て、1986年よりヒールに転向。ポール・ジョーンズマネージャーリック・ルードタッグチームを結成し(入場テーマ曲はクイーンの『ウィ・ウィル・ロック・ユー』)、12月6日にロックンロール・エクスプレスを破り再びNWA世界タッグ王座を獲得[8]ロード・ウォリアーズとも同王座を巡る抗争を展開した。

NWA離脱後の1987年10月、新日本プロレスに初参戦。以降も新日本の常連外国人選手となり、翌1988年7月の来日からはバズ・ソイヤーとのコンビで活躍した。1989年12月31日には新日本が主催した旧ソビエト連邦モスクワでの興行にも出場し、サルマン・ハシミコフの母国凱旋試合の相手を務めている[10]

1980年代終盤は末期のAWA1990年代初頭はプエルトリコWWCで活動。NOWでは上田馬之助のパートナーとして活躍。以後はセミリタイアし、トレーナーとなって後進の指導・育成に着手。教え子にはロン・キリングス(K・クイック、R・トゥルース)[11]ネルソン・エラーゾ(ホミサイド)[12]などがいる。近年はかつての主戦場ノースカロライナに居住し、各地のインディー団体に単発出場している[2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回[5]
  • NWAフロリダTV王座:1回[6]
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座:1回
ジム・クロケット・プロモーションズ
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWサウスウエスト・ブラスナックル王座:1回
  • SCWサウスウエスト・ヘビー級王座:1回
  • SCWサウスウエスト・タッグ王座:2回(w / チャボ・ゲレロ、アル・ペレス)
  • SCW世界タッグ王座:1回(w / チャボ・ゲレロ)[7]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • CWAインターナショナル・ヘビー級王座:1回
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米ヘビー級王座:1回
  • WWCプエルトリコ・ヘビー級王座:1回
オール・プロ・レスリング
  • APWユニバーサル・ヘビー級王座:1回

脚注[編集]

  1. ^ a b c Manny Fernandez still a raging bull”. SLAM! Wrestling: July 14, 2003. 2010年2月12日閲覧。
  2. ^ a b Wrestler Profiles: Manny Fernandez”. Online World of Wrestling. 2010年2月12日閲覧。
  3. ^ Original Manny Fernandez Added to Pro Wrestling Event in Orlando, Florida”. Wrestle-Zone. 2010年2月12日閲覧。
  4. ^ Wrestler: Manny Fernandez”. The Archives of Championship Wrestling from Florida. 2010年2月12日閲覧。
  5. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  6. ^ a b NWA Florida Television Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  7. ^ a b SCW World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年2月12日閲覧。
  8. ^ a b c NWA World Tag Team Title History: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月9日閲覧。
  9. ^ a b NWA Brass Knuckles Title History: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2012年6月8日閲覧。
  10. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P23(2002年、日本スポーツ出版社
  11. ^ Ron Killings / R-Truth”. SLAM! Wrestling: March 9, 2005. 2010年2月12日閲覧。
  12. ^ Homicide's style comes from the streets”. SLAM! Wrestling: April 6, 2004. 2010年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]