イゴール・ボディック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイティ・イゴール・ボディック
プロフィール
リングネーム イゴール・ボディック
マイティ・イゴール
グレート・イゴール
ジョニー・ブルース
ディック・ガルザ
本名 リチャード・ジョセフ・ガルザ
ニックネーム 岩石野郎
ポーリッシュ・ストロングマン
(Polish Strongman)
身長 188cm
体重 130kg(全盛時)
誕生日 1931年7月16日
死亡日 2002年1月7日(満70歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州ディアボーン[1]
スポーツ歴 ボディビルディング
ウエイトリフティング
テンプレートを表示

イゴール・ボディックIgor Vodik1931年7月16日 - 2002年1月7日)は、アメリカ合衆国プロレスラー。本名はリチャード・ジョセフ・ガルザRichard Joseph Garza)、通称ディック・ガルザDick Garza)。ミシガン州ディアボーン出身のポーランド系アメリカ人

マイティ・イゴールMighty Igor)のリングネームでも活躍し、ポーランド移民の肉体労働者をギミックとしたベビーフェイスの怪力ファイターとして子供たちの人気を集めた。第16代AWA世界ヘビー級王者[2]

来歴[編集]

10代の頃からボディビルディングウエイトリフティングで活躍し、ボディビルでは1954年に "Mr. Michigan" に選ばれた[1]デトロイトのジムで働いていた際、彼に因縁をつけてきたプロレスラーのブルート・バーナードをノックアウト、その噂を聞きつけたプロモーターのバート・ルビーにスカウトされ、プロレス業界にデビューしたという[1]

デビュー後の1950年代後半から1960年代初頭にかけては本名のディック・ガルザをリングネームに、ルビーの主宰する地元ミシガンのウルヴァリン・レスリングやロサンゼルスWWAなどで、アスリート系のベビーフェイスとして活動。ウルヴァリン・レスリングでは1964年2月11日、因縁のブルート・バーナードからミシガン・ヘビー級王座を奪取している[3]

その後AWAに参戦、バーン・ガニアの提案でポーランド移民の肉体労働者をイメージしたキャラクターに変身し、イゴール・ボディックと改名する。1965年5月15日、ネブラスカ州オマハにてマッドドッグ・バションを破りAWA世界ヘビー級王座を獲得[2]。1週間後の5月22日にバションに奪還され短命王者で終わったものの、その名をマット界に知らしめた。以後もAWAではドン・ジャーディンを相手にネブラスカ・ヘビー級王座を争い[4]1967年12月9日にはボブ・オートンを下しAWAミッドウエスト・ヘビー級王座にも戴冠している[5]1968年8月22日にはドクターXことディック "ザ・デストロイヤー" ベイヤーのAWA世界ヘビー級王座に挑戦した[6]

1971年7月、ジャック・ブリスコクリス・マルコフジョージ・スティールビクター・リベラらと共に、グレート・イゴールの名義で日本プロレスに来日。この日本遠征では真価を発揮できなかったものの、以降もイワン・カルミコフ(エドワード・ブルース)をマネージャーに、マイティ・イゴールのギミックで各地を転戦。車を持ち上げ、チェーンを引きちぎり、頭でブロックを叩き割るなどの怪力パフォーマンスを行う一方、玩具やポーリッシュ・ソーセージを持って入場し、それをファンに分け与えるなど、「気は優しくて力持ち」を体現したような純真でコミカルなキャラクター設定のもと、子供たちの声援を浴びた[1]

1970年代中盤は古巣デトロイトのNWAビッグタイム・レスリングにてザ・シークと流血戦を展開。ディック・ザ・ブルーザーが主宰していたインディアナポリスのWWAでは、オックス・ベーカーが保持していたWWA世界ヘビー級王座に挑戦した[7]ミル・マスカラスを世界王者にアメリカ北東部で旗揚げされたIWAにも出場し、ブルドッグ・ブラワーイワン・コロフと対戦[8]1977年からはジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区に参戦、マスクド・スーパースターと抗争を繰り広げた[1][9]。その後はデトロイトに戻り、1980年4月18日にシークからUSヘビー級王座を奪取[10]1981年NWAフロリダ地区に登場、若手ヒール時代のハルク・ホーガンとも再三対戦した[11]

1980年代中盤からは、カルロス・コロンの主宰するプエルトリコWWCを主戦場に活動。ブルーザー・ブロディアブドーラ・ザ・ブッチャータイガー・ジェット・シンなどの大物ヒールと対戦した(シンとの試合は、日本で発売されたカリビアン・プロレスの映像ソフトにも収録されている)。1986年11月29日にはアル・ペレスを破りWWCプエルトリカン・ヘビー級王座を獲得、これが最後のタイトル戴冠となり、翌1987年6月6日にカリーム・モハメッドに敗れるまで保持した[12]

2002年1月7日、デトロイトの病院にて心臓発作のため死去[1]。70歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ウルヴァリン・レスリング
  • ミッドウエスト・ヘビー級王座:1回
  • ミシガン・ヘビー級王座:4回[3]
ワールド・レスリング・アソシエーション
  • WWAインターナショナルTVタッグ王座:1回(w / エリック・ロンメル)
アメリカン・レスリング・アソシエーション
NWAビッグタイム・レスリング
NWAオハイオ
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCプエルトリカン・ヘビー級王座:1回[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f The Mighty Igor Dead At 70”. The Wrestling Gospel: January 13, 2002. 2011年7月6日閲覧。
  2. ^ a b c AWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  3. ^ a b Wolverine Wrestling Michigan Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  4. ^ a b Nebraska Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  5. ^ a b AWA Midwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  6. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1968”. Wrestling-Titles.com. 2013年9月4日閲覧。
  7. ^ The WWA matches fought by Mighty Igor in 1974”. Wrestlingdata.com. 2014年8月3日閲覧。
  8. ^ The IWA matches fought by Mighty Igor in 1975”. Wrestlingdata.com. 2014年8月3日閲覧。
  9. ^ Masked Superstar Interview Part Four”. Mid-Atlantic Gateway. 2011年7月6日閲覧。
  10. ^ a b NWA United States Heavyweight Title: Detroit version”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  11. ^ The CWF matches fought by Mighty Igor in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年8月3日閲覧。
  12. ^ a b WWC Puerto Rican Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  13. ^ NWA World Tag Team Title: Detroit version”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月6日閲覧。
  14. ^ Wrestler Profiles: Johnny Powers”. Online World of Wrestling. 2013年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]