レネ・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レネ・グレイ
プロフィール
リングネーム レネ・グレイ(レーン・ゴルト)
サージェント・ジャック・グレイ
本名 ロベール・ベダール
(ロバート・べダード)
ニックネーム マスター・オブ・ザ・クロー
身長 183cm
体重 100kg(全盛時)
誕生日 1932年7月12日(82歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州の旗 ケベック州
ケベック・シティー
スポーツ歴 アイスホッケー
デビュー 1956年
引退 1987年
テンプレートを表示

レネ・グレイRene Goulet、本名:Robert Bédard1932年7月12日 - )は、カナダケベック州ケベック・シティー出身、フランス系カナダ人の元プロレスラー

第2代WWWF世界タッグ王者(パートナーはカール・ゴッチ[1]。現役引退後はWWFのロード・エージェントとなり、試合のストーリー構成や選手の管理業務などバックステージで手腕を振るった。

来歴[編集]

アマチュア時代はアイスホッケーディフェンス選手であり、NHL入りを目指すが練習中の事故で断念、1956年に地元のケベックにてプロレスラーとしてデビュー[2]モーリス・バションらと対戦してキャリアを積み、1960年代前半よりレネ・グレイRene Goulet)のリングネームでアメリカAWAに参戦。金髪をなびかせたフランス出身の伊達男系ベビーフェイスとして活動し、同じフランス系のバーン・ガニアともタッグを組んだ[3]

以降、太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウエスト・レスリングや南部のフロリダ地区などNWA圏を転戦、フロリダでは1971年初頭にヒロ・マツダと南部ヘビー級王座を争っている[4]。同年9月よりWWWFに登場、12月6日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにてカール・ゴッチと組み、ターザン・タイラー&ルーク・グラハムを破り第2代のWWWF世界タッグ王者となった[1][5]

1972年6月、国際プロレスに初来日(名義は "Rene Goulet" の英語読みであるレーン・ゴルト)。ビル・ミラーバロン・シクルナに次ぐ3番手外国人のポジションでストロング小林グレート草津と対戦し、ラッシャー木村との金網デスマッチも行われた[6]1974年5月の再来日ではセーラー・ホワイトと組み、ビル・ロビンソン&マイティ井上と金網タッグデスマッチで対戦している[7]

アメリカではこの時期よりサージェント・ジャック・グレイSgt. Jacques Goulet)を名乗ってヒールに転向し、インディアナポリスWWAにてドン・ファーゴとザ・リージョネアーズThe Legionnaires)なるフランス外人部隊ギミックタッグチームを結成[8]。1974年9月21日にはウイルバー・スナイダー&ペッパー・ゴメスからWWA世界タッグ王座を奪取し、1975年4月からはザリノフ・ルブーフを新パートナーにディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキーの極道コンビと抗争した[9]

ジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナミッドアトランティック地区ではミシェル・デュボアともフランス系の悪党タッグチームを組み[10]1976年11月3日に行われたNWAミッドアトランティック・タッグ王座決定トーナメントでは、ティム・ウッズ&ディノ・ブラボーのチームと決勝を争った[11]1977年にはジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに進出し、12月13日にオレイ・アンダーソンとのコンビでトニー・アトラス&トミー・リッチからNWAジョージア・タッグ王座を奪取している[12]

1979年よりWWFに復帰し、1980年11月にはWWFとの提携ルートで新日本プロレスに初参戦[13]。第1回MSGタッグリーグ戦において、アンドレ・ザ・ジャイアント&ザ・ハングマンのフランス系大型コンビのマネージャー格を務めた。翌1981年の第2回大会には、自身がアンドレのパートナーとなって出場。体力的には弱体だったものの、作戦参謀ぶりを発揮してリーグ戦トップの戦績で優勝戦に進出、12月10日に大阪府立体育会館にてアントニオ猪木&藤波辰巳の師弟コンビを下し優勝をさらった[13][14]1982年の第3回大会にもディフェンディング・チャンピオン・チームとしてアンドレと共に出場したが、2連覇を果たすことはできず、これが最後の来日となった[15]

1980年代も古巣のAWAやフロリダを転戦しつつWWFを活動の拠点とし、ジョバーのベテラン・ヒールとしてベビーフェイス勢の売り出し役を担う。1984年よりビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下でWWFが全米侵攻サーキットを開始してからはロード・エージェントを担当するようになり、トーク番組『チューズデイ・ナイト・タイタンズ』ではカフェ・レネCafe Rene)なるインタビュー・コーナーのホストも務めた[2]

WWFには1997年まで在籍し、退職後はノースカロライナ州のシャーロットに居住。2001年には人工股関節の置換手術を受けた[2]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座:2回(w / ペッパー・マーティン、シャグ・トーマス)[16]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
新日本プロレス

余話[編集]

1972年1月31日、マディソン・スクエア・ガーデンでのWWWF世界タッグ王座防衛戦は、試合直後にカール・ゴッチが日本遠征(新日本プロレス旗揚げ戦への参加)を公表したことから、日本で大きく報道された。しかし、グレイのリングネームの読み方には混乱があり、『ゴング』1972年4月号では、カラーグラビアは「レーン・ゴルト」、海外ニュースコラムでは「リン・ガレ」、海外各地の試合紹介コーナーでは「リン・グレ」と、1冊の雑誌の中において3通りの読み方で紹介されていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年1月20日閲覧。
  2. ^ a b c Rene Goulet: Consummate pro”. SLAM! Sports (Apr. 19, 2001). 2010年1月20日閲覧。
  3. ^ Wrestler Profiles: Rene Goulet”. Online World of Wrestling. 2010年1月20日閲覧。
  4. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月20日閲覧。
  5. ^ Events Database: WWWF”. Cagematch.net. 2014年12月20日閲覧。
  6. ^ The IWE matches fought by Rene Goulet in 1972”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  7. ^ 『Gスピリッツ Vol.32』P56(2014年、辰巳出版ISBN 4777813304
  8. ^ Tag Team Profiles: The Legionnaires”. Online World of Wrestling. 2010年1月20日閲覧。
  9. ^ a b WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月20日閲覧。
  10. ^ Canadian Hall of Fame: Michel 'Le Justice' Dubois”. SLAM! Sports. 2009年3月19日閲覧。
  11. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年1月20日閲覧。
  12. ^ a b NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月20日閲覧。
  13. ^ a b c 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P53(2002年、日本スポーツ出版社
  14. ^ NJPW 2nd Madison Square Garden Tag League - Tag 21”. Cagematch.net. 2014年12月20日閲覧。
  15. ^ The NJPW matches fought by Rene Goulet in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年12月20日閲覧。
  16. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]