セーラー・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレージー・セーラー・ホワイト
クレージー・セーラー・ホワイトの画像
プロフィール
リングネーム セーラー・ホワイト
クレージー・セーラー・ホワイト
ムーンドッグ・キング
キング・ザ・ムーンドッグ
セーラー "ムーンドッグ" ホワイト
ビッグ・ジョン・ストロンボー
ナックルズ・マックナイト
本名 エドワード・ジョン・ホワイト
ニックネーム 極道水夫
海の喧嘩屋
身長 185cm
体重 140kg - 150kg
誕生日 1949年5月18日
死亡日 2005年8月26日(満56歳没)
出身地 カナダの旗 カナダ
ニューファンドランド・ラブラドール州セントジョンズ
デビュー 1972年5月22日
テンプレートを表示

クレージー・セーラー・ホワイト"Crazy" Sailor White)のリングネームで知られるエドワード・ジョン・ホワイトEdward John White1949年5月18日 - 2005年8月26日)は、カナダプロレスラーニューファンドランド・ラブラドール州セントジョンズ出身のアイルランド系カナダ人。

そのリングネーム通り、船乗り上がりの荒くれ狂乱ファイターとしてカナダ大西洋岸やモントリオール地区を主戦場に活躍、日本では国際プロレスに度々参戦した。

来歴[編集]

セントジョンズ貧民街で育ち、10代の頃に違法行為を犯して投獄されたこともある[1]。成人してからはニューファンドランド島で船員として働いていたが、持ち前の腕っぷしの強さと喧嘩っ早さを活かすべく、1972年オンタリオ地区でプロレスラーとしてデビュー。以降、船乗り(Sailor)という自身のバックボーンをそのままギミックに取り入れ、セーラー帽を被り全身にタトゥーを施した巨漢ヒールセーラー・ホワイトSailor White)となってカナダ各地を転戦する。

バンクーバーではジン・キニスキーモントリオールではマッドドッグ・バションに師事し、1974年3月にはバションの肝煎りで国際プロレスの『チャレンジ・シリーズ』に初来日。同シリーズには全日本プロレスジャイアント馬場が友情参戦しており、そのユニークなキャラクターと度胸満点のラフファイトを馬場に買われ、4月開幕の全日本『第2回チャンピオン・カーニバル』にも継続参戦した。しかし、酒と博打で滞在中にギャラをすべて失ってしまったため、5月に開幕した国際の『ダイナマイト・シリーズ』にも引き続き参戦し、ラッシャー木村と日本初の金網チェーン・デスマッチを行っている。結果として、2団体を股にかけた3シリーズ連続出場という珍記録を残すことになった[2]

以降も国際には1976年1月と1978年1月に参戦。ラッシャー木村のIWA世界ヘビー級王座にも挑戦し、金網デスマッチで大流血戦を演じた(東京12チャンネルアナウンサー杉浦滋男は、顔面が鮮血で真っ赤に染まった彼を見て「ホワイトではなく名前をレッドにしなければなりません」などと実況していた[3])。また、来日する度にウエイトが増量し、最後の来日では150kg級の巨体になっていた。1979年にはビッグ・ジョン・ストロンボーBig John Strongbo)のリングネームで南アフリカにも遠征している。

1980年末よりニューヨークWWFに登場。野獣系ギミックのムーンドッグ・キングMoondog King)に変身し、ムーンドッグ・レックスとのタッグチーム "ザ・ムーンドッグス" を結成する[4]キャプテン・ルー・アルバーノマネージャーに迎え、1981年3月17日にペンシルベニア州アレンタウントニー・ガレア&リック・マーテルからWWFタッグ王座を奪取[5][6]。シングルでもペドロ・モラレスミル・マスカラスと対戦し、同年5月13日にはボブ・バックランドWWFヘビー級王座に挑戦している[7]。しかし、一時カナダへ戻った際、過去の犯罪歴が当局に発覚してアメリカに再入国できなくなり[1]、そのままWWF離脱を余儀なくされた(ホワイトは王座を剥奪され、ムーンドッグ・スポットが後任王者となった)[4]

その後はジノ・ブリットらが主宰していたモントリオールのインターナショナル・レスリングを主戦場に、1982年ディノ・ブラボーを破りカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座を獲得[8]。同地区には1985年頃まで定着し、ブラボー、リック・マーテル、パット・パターソンジャック・ルージョーネイル・グアイミシェル・デュボアトニー・パリシらと激闘を展開した。

しかし、私生活ではドラッグアルコールを乱用し、1980年代後半にセミリタイア。売春斡旋やドラッグ絡みの殺傷予告事件を起こし逮捕もされたが[1]1990年にモントリオールの更生施設でドラッグ中毒を克服、新生キリスト教徒となって社会復帰を果たした[9]。同年10月22日にはWWFのオタワでの興行でデイビーボーイ・スミスと対戦、その後も1990年代はカナダのインディー団体へのスポット参戦を続けた。2000年4月には「議会はムーンドッグを必要としている」をスローガンにカナダ下院に立候補、2004年7月にもカナダの緑の党から再出馬している(いずれも落選)[10]

2004年12月2日、乗っていたタクシーが交通事故を起こして首の骨を折る重傷を負い、長期間にわたって入院生活を続けていたが、2005年8月26日に入院先の病院で死去[9]。56歳没。

酒に酔ってはストリートファイトに明け暮れ、生前に仲の良かったマイティ井上によると、ビル・ロビンソンに喧嘩を売って簡単にノックアウトしたこともあったという[11]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

イースタン・スポーツ・アソシエーション
インターナショナル・レスリング
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座:1回
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:3回(w / サージ・デュモン、ジル・ポワソン、リック・バレンタイン)
ワールド・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c Canadian Hall of Fame: Sailor White”. SLAM! Sports. 2009年8月17日閲覧。
  2. ^ 『忘れじの国際プロレス』P48(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802
  3. ^ DVD BOX『不滅の国際プロレス 1974-1981』DISC-2(2007年、ポニーキャニオン
  4. ^ a b Legends: The Moondogs”. Lethal Wrestling. 2011年5月26日閲覧。
  5. ^ a b History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年5月1日閲覧。
  6. ^ a b WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月26日閲覧。
  7. ^ The WWE matches fought by Sailor White in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年7月16日閲覧。
  8. ^ International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月1日閲覧。
  9. ^ a b Sailor White dead at 56”. SLAM! Sports: August 26, 2005. 2009年8月17日閲覧。
  10. ^ Sailor White to continue in politics”. SLAM! Sports: May 23, 2000. 2009年12月3日閲覧。
  11. ^ 『Gスピリッツ Vol.31』P106-107(2014年、辰巳出版ISBN 4777812936
  12. ^ Canadian Heavyweight Title [Maritimes]”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]