ポール・ダイヤモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ダイヤモンド
プロフィール
リングネーム ポール・ダイヤモンド
マックス・ムーン
カトー(ケイトー)
本名 トーマス・ボリック
身長 185cm - 187cm
体重 100kg - 110kg
誕生日 1961年5月11日(52歳)
出身地 クロアチアの旗 クロアチア
スポーツ歴 サッカー
トレーナー ボリス・マレンコ
ジョー・マレンコ
ディーン・マレンコ
クリス・アダムス
デビュー 1985年
テンプレートを表示

ポール・ダイヤモンドPaul Diamond)のリングネームで知られるトーマス・ボリックThomas "Tom" Boric1961年5月11日 - )は、クロアチア出身の元プロレスラー

カナダに移民後、プロレスラーとしてAWAWWF(現・WWE)などで活躍。素顔のポール・ダイヤモンドのほか、覆面レスラーマックス・ムーンMax Moon)やカトーKato)などのリングネームでも知られる。若手時代のショーン・マイケルズのタッグパートナーでもあった。

来歴[編集]

ユーゴスラビア併合後のクロアチアで生まれ、1974年に家族でカナダマニトバ州ウィニペグに移住。学生時代はサッカーに熱中し、1980年NASLのカルガリー・ブーマーズにゴールキーパーとして入団する。1982年からはアメリカ合衆国のタンパ・ベイ・ラウディーズに移り、NASLが活動を停止する1984年までプレイした[1]

サッカー廃業後もラウディーズの本拠地だったフロリダ州タンパにとどまり、ボリス・マレンコのジムでトレーニングを受け1985年にポール・ダイヤモンドのリングネームでデビュー。テキサス州サンアントニオ地区のテキサス・オールスター・レスリングでキャリアを積み、当初はニック・キニスキージン・キニスキーの息子)とアメリカン・ブリード、後にショーン・マイケルズアメリカン・フォースなるベビーフェイスタッグチームを組む。マイケルズとのタッグでは、当時アメリカ遠征中だった冬木弘道川田利明のジャパニーズ・フォース(後のフットルース)とも抗争を展開した[2]

その後アメリカン・フォースは解散し、マイケルズはカンザスシティNWAセントラル・ステーツ地区に転戦。ダイヤモンドは1986年10月の全日本プロレス来日を経てメンフィスCWAに参戦する。CWAでは日系アメリカ人レスラーのパット・タナカと意気投合し、ヒールのタッグチーム、バッド・カンパニーBadd Company)を結成。同地区認定のタッグタイトルを再三獲得した[3][4]

1988年よりAWAに進出。サンアントニオ時代の相棒だったショーン・マイケルズ&マーティ・ジャネッティのミッドナイト・ロッカーズと抗争を展開し、同年3月19日にはロッカーズからAWA世界タッグ王座を奪取した[5]。1年後の1989年3月にケン・パテラ&ブラッド・レイガンズにタイトルを奪われるとタナカとのコンビを解消。フェイスターンしてザ・トルーパーと新チームを結成した。

1990年末、同年初頭にニューヨーク入りしていたタナカに続いてWWFと契約。WWFでのタナカの前任パートナーだったサトーのフロント入りに伴い、顔を覆面で隠し空手の道衣を身につけたニセ日本人レスラーのカトー(現地ではケイトーとも発音)に変身、オリエント・エクスプレスThe Orient Express)の新メンバーとなる。マイケルズ&ジャネッティのロッカーズとの抗争をギミックを変えた形で再開し、リージョン・オブ・ドゥームハート・ファウンデーションなどの強豪チームとも対戦した。1991年には当時WWFと提携していたSWSに素顔のポール・ダイヤモンド名義でタナカと共に来日、チーム名は違えども、事実上のバッド・カンパニーとしての日本マット登場を果たした。

1992年、タナカのWWF離脱後にベビーフェイスとなり、サイボーグをイメージしたSF風マスクマンのマックス・ムーンに再変身する(初代のマックス・ムーンはコナンだったが、短期間でWWFを退団したため後任として2代目を担当することになった)。空中技主体のファイトスタイルと、両腕に装着されたデバイスから火花や白煙を噴射するパフォーマンスで子供達の支持を集め、ショーン・マイケルズインターコンチネンタル王座にも挑戦。リポマンとの覆面レスラー同士のミニ抗争も組まれたが、マイクパフォーマンスのスキルに難があったため、大きなプッシュを受けることはなかった[1]

1993年上期にWWFを離れ、同年6月にポール・ダイヤモンドとして新日本プロレスに来日。1994年1月と7月には、WWF時代と同じスタイルのマックス・ムーンとして新日本に再来日している。アメリカでは、1993年10月よりECWでタナカとバッド・カンパニーを再結成し、パブリック・エナミーやバッド・ブリード(アクセル&イアン・ロッテン)、ケビン・サリバン&タズマニアックらと抗争。1994年には短期間なからWCWにも登場した。その後はメンフィスCWAの後継団体であるジェリー・ローラーUSWAに参戦し、スティーブン・ダンと新チームを結成。1997年5月にトゥルース・コミッションインテロゲーター&リーコン)を破りUSWA世界タッグ王座を獲得した[6]

1998年より、旧友ショーン・マイケルズがサンアントニオで主宰していたTWA(Texas Wrestling Academy)にレスラー兼トレーナーとして参加[1]。TWAヘビー級王座を獲得する一方、師範代となってブライアン・ケンドリックブライアン・ダニエルソンらをコーチした。TWA活動停止後の2001年にセミリタイアし、ホームタウンのウィニペグにてプロレスリング・スクール "Paul Diamond Hard Knocks Pro Wrestling Academy" を開校、後進の指導・育成にあたっている[1]。近年では2004年アラバマ州ハンツビルのインディー団体RCW(Rocket City Wrestling)にスポット出場し、マックス・ムーンのギミックも復活させた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Paul Diamond returns to his roots”. SLAM! Sports: Feb. 25, 2001. 2009年9月18日閲覧。
  2. ^ Wrestler Profiles: Toshiaki Kawada”. Online World of Wrestling. 2009年9月18日閲覧。
  3. ^ AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  4. ^ CWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  5. ^ AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。
  6. ^ USWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]