トニー・パリシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・パリシ
プロフィール
リングネーム トニー "キャノンボール" パリシ
トニー "テノール" パリシ
トニー・プリエーゼ
アントニオ・プリエーゼ
(アントニオ・プグリシー)
本名 アントニオ・プリエーゼ
ニックネーム イタリアン・キャノンボール
身長 180cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1941年
死亡日 2000年8月19日(満58歳没)
出身地 イタリアの旗 カラブリア州
コゼンツァ県コゼンツァ
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1961年
テンプレートを表示

"キャノンボール" トニー・パリシ"Cannonball" Tony Parisi、本名:Antonio Pugliese1941年 - 2000年8月19日)は、イタリアカラブリア州コゼンツァ出身のプロレスラー

イタリア系移民の多いニューヨークWWWF(WWF)や移住先のカナダを主戦場に、ベビーフェイスタッグマッチ・プレイヤーとして活躍した。

WWEで活動していたジョニー・パリシ(ジョニー・スウィンガー)は、彼の大甥にあたる。

来歴[編集]

少年期に家族でイタリアからカナダに移住[1]オンタリオ州ナイアガラフォールズYMCAレスリングを学び、1961年デトロイト地区にてプロデビュー[2]。以降、本名のアントニオ・プリエーゼ(日本での表記はアントニオ・プグリシー)をリングネームに、同地区で邂逅したイタリア系カナダ人ジノ・ブリットとのタッグチームテネシーNWAミッドアメリカ地区(後のCWA)など各地を転戦した[2]

その後、ブルーノ・サンマルチノの従兄弟という触れ込みでWWWFに登場[1]1966年2月21日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにて、ジョニー・バレンタインと組んでビル・ミラー&ダン・ミラーからUSタッグ王座を奪取した(同王座には同年12月8日にも、スパイロス・アリオンとのコンビでバロン・シクルナ&スマッシャー・スローンを破って戴冠している)[3]

1967年ロサンゼルスWWAに参戦し、ペドロ・モラレスのパートナーとなって12月にフレッド・ブラッシー&バディ・オースチンからWWA世界タッグ王座を奪取[4]1968年からはオーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征、マリオ・ミラノドン・レオ・ジョナサンと組んでスカル・マーフィー&ブルート・バーナードの凶悪コンビとIWA世界タッグ王座を争った[5]

1970年代に入り、WWWFでリングネームをトニー・パリシと改名。1972年ニューヨーク州バッファローNWFに出場し、オーストラリアでもタッグを組んでいたドミニク・デヌーチとのイタリア人コンビで活躍した[6]。ホームタウンのオンタリオでは、1974年7月21日にトロントにてジャック・ブリスコNWA世界ヘビー級王座に挑戦している[7]

1975年下期、WWWFでルイ・セルダンこと旧友ジノ・ブリットとのコンビを再結成。同年11月8日、フィラデルフィアにてザ・ブラックジャックスブラックジャック・マリガン&ブラックジャック・ランザ)を破りWWWF世界タッグ王座を獲得する[8][9]。以後、イワン・コロフ&スーパースター・ビリー・グラハムなどのチームを相手に防衛を続け[10][11]1976年5月11日にジ・エクスキューショナーズ(キラー・コワルスキー&ビッグ・ジョン・スタッド)に敗れるまで戴冠した[8][9]

その後もWWWF(WWF)およびカナダの提携プロモーションを主戦場に、1970年代末から1980年代初頭にかけてはトロントのメープル・リーフ・レスリングにて、ザ・デストロイヤーレオ・バーククルト・フォン・ヘスなどと対戦。1982年からはジノ・ブリットが主宰していたモントリオールのインターナショナル・レスリング(Lutte Internationale)に参戦、ブリットやディノ・ブラボーと組み、セーラー・ホワイトミシェル・デュボアビリー・ロビンソンパット・パターソンフレンチ・マーチンらのチームとカナディアン・インターナショナル・タッグ王座を争った[12]

1984年、WWFがビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下のもと全米侵攻を開始すると、かつて主戦場としていたトロントやバッファローなどのハウス・ショーに中堅ベビーフェイスのポジションで出場。1985年11月にはオーストラリアへのツアーにも参加し、タイガー・チャン・リーレス・ソントンなどヒール陣営のジョバーから勝利を収めた[13]

1986年のセミリタイア後はナイアガラフォールズにてレストランを開業する一方、オンタリオ地区にて自主興行を主催していた[1][2]2000年8月19日、心臓発作のため死去[1][2]。58歳没。

日本には1967年7月、アントニオ・プグリシーの呼称で日本プロレスに初来日。同名義で1973年3月に全日本プロレスへ再来日し、チャンピオン・カーニバル第1回大会に出場した(トーナメント1回戦でヒロ・マツダに敗退)。1983年3月にはWWFとの提携ルートで新日本プロレスに参戦している。

獲得タイトル[編集]

WWWF / WWF
WWAロサンゼルス
WCWオーストラリア
NWF
  • NWF世界タッグ王座:3回(w / ドミニク・デヌーチ×2、ルイス・マルチネス)[6]
NWA
  • NWAテキサス・タッグ王座:1回(w / ワフー・マクダニエル
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / ドミニク・デヌーチ)
Lutte Internationale

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Tony "Cannonball" Parisi”. Canadian Pro Wrestling Page of Fame. 2012年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c d SLAM! Wrestling Canadian Hall of Fame: Tony Parisi”. SLAM! Wrestling: August 20, 2000. 2012年3月4日閲覧。
  3. ^ a b WWWF United States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月29日閲覧。
  4. ^ a b WWA World Tag Team Title History: Los Angeles version”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  5. ^ a b IWA World Tag Team Title History: Australia version”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  6. ^ a b NWF World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  7. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1974”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  8. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2012年2月29日閲覧。
  9. ^ a b c WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月29日閲覧。
  10. ^ WWE Yearly Results 1975”. The History of WWE. 2012年2月29日閲覧。
  11. ^ WWE Yearly Results 1976”. The History of WWE. 2012年2月29日閲覧。
  12. ^ a b International Tag Team Title History: Montreal version”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1985”. The History of WWE. 2012年2月29日閲覧。
  14. ^ WWF International Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]