リック・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・バート
プロフィール
リングネーム ブラック・バート
ビッグ・トレイン・バート
リック・ハリス
ハングマン・ハリス
マン・マウンテン・ハリス
ザ・ワイルドマン
本名 リック・ハリス
ニックネーム 野獣牧童
身長 185cm - 187cm
体重 125kg - 130kg
誕生日 1955年1月30日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州
ファイエットビル
デビュー 1975年
テンプレートを表示

リック・ハリスRick Harris1955年1月30日[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーノースカロライナ州ファイエットビル出身。生年月日は1948年6月1日ともされる[2]

ブラック・バートBlack Bart)のリングネームで知られ、テキサスフロリダなどのアメリカ南部を主戦場に、ヒールのポジションで活動した。

来歴[編集]

デビュー後はザ・シークの牛耳るデトロイトNWAビッグタイム・レスリングにてザ・ワイルドマンThe Wildman)と名乗り、野獣派のラフファイターとして活動。1980年6月28日、当時アメリカに遠征していたジャイアント馬場&ジャンボ鶴田が参加・優勝したワンナイト・タッグ・トーナメントにジェリー・オーツとのコンビで出場し、1回戦で馬場組に敗退している[3]

その後はリック・ハリスRick Harris)の名義でジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに参戦。1982年2月28日にアトランタで行われたワンナイト・タッグ・トーナメントにはモンゴリアン・ストンパーと組んで出場したが、このときもアメリカ遠征中だったジャンボ鶴田&天龍源一郎と1回戦で対戦・敗退した[4]。翌1983年8月、全日本プロレスに初来日している。

1984年フロリダにてダスティ・ローデスのアイデアにより、西部開拓時代に実在したアウトローと同名のブラック・バートBlack Bart)にリングネームを変更。ロン・バスのパートナーとなってカウボーイタッグチームロング・ライダーズThe Long Riders)を結成し[5]バリー・ウインダム&マイク・ロトンドを相手にUSタッグ王座を巡る抗争を展開[6]、シングルではブラックジャック・マリガンからブラスナックル王座を奪取した[7]1985年からはマネージャーJ・J・ディロンと共にNWAミッドアトランティック地区に参戦。同年下期にロン・バスと仲間割れし、11月28日開催の『スターケード』ではフェイスターンしたバスとのブルロープ・デスマッチが行われた[8]

ロング・ライダーズ解散後はシングルプレイヤーに転向し、1986年下期からはテキサス州ダラスのWCCW(WCWA)にてケビン・フォン・エリックスコット・ケーシーと抗争、9月15日にはクリス・アダムスを破りWCWA世界ヘビー級王座を獲得している[9]。翌1987年1月、当時ダラスとの提携ルートを持っていた新日本プロレスに来日。開幕戦ではコンガ・ザ・バーバリアンとタッグを組み、アントニオ猪木&武藤敬司と対戦した。

以後、ビル・ワットのUWFなどへの転戦を経て、1989年は古巣のフロリダにてボビー・ジャガーズやトニー・アンソニーとサザン・フォースThe Southern Force)なる南部人ユニットを結成、若手時代のナスティ・ボーイズとフロリダ・タッグ王座を争った[10]。同年下期はテネシー州メンフィスCWAに登場、6月26日にジェフ・ジャレット、9月11日にテキサス・ダートを破り、CWAヘビー級王座を2回獲得した[11]

1990年代初頭はジョバーとしてWWFWCWに出場し[1]1991年下期からはWCWAの後継団体でもあるダラスのGWFに定着。1992年10月にはジョニー・マンテルをパートナーに、エボニー・エクスペリエンスと名乗っていた頃のハーレム・ヒートからGWFタッグ王座を奪取している[12]1994年には、一時的に再結成されたファビュラス・フリーバーズとも対戦した[1]。GWFの活動停止後は、1996年ビッグ・トレイン・バートBig Train Bart)のリングネームでWCWに単発出場していた[13]

トレーナーとしても活動しており、GWF時代のジョン・レイフィールドをはじめ、ネクロ・ブッチャーなどが彼の指導を受けている[14]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:2回
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ジム・クロケット・プロモーションズ
  • NWAブラスナックル王座(ミッドアトランティック版):1回
  • NWAナショナル・ヘビー級王座:1回
  • NWAミッドアトランティック・ヘビー級王座:1回
  • NWAミッドアトランティック・タッグ王座:1回(w / ロン・バス)
ワールド・クラス・レスリング・アソシエーション
  • WCWA世界ヘビー級王座:1回[9]
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • CWAヘビー級王座:2回[11]
グローバル・レスリング・フェデレーション

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestler Profiles: Black Bart”. Online World of Wrestling. 2011年5月22日閲覧。
  2. ^ Wrestling Database: Black Bart”. Cagematch. 2011年5月22日閲覧。
  3. ^ 『別冊ゴング 1980年9月号』カラーグラビア(1980年、日本スポーツ出版社)。他の出場チームは、ザ・シーク&キラー・ブルックスアブドーラ・ザ・ブッチャー&アーニー・ラッドドリー・ファンク・ジュニア&フレッド・カリーレイ・キャンディ&エディ・マンスフィールドなど。
  4. ^ 『デラックス・プロレス 1982年5月号』P34-P39(1982年、ベースボール・マガジン社)。優勝はスタン・ハンセン&オレイ・アンダーソン。他の出場チームは、ザ・ファンクスジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコマスクド・スーパースター&スーパー・デストロイヤーなど。
  5. ^ The Grapevine”. The Archives of Championship Wrestling from Florida. 2011年5月22日閲覧。
  6. ^ a b NWA United States Tag Team Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月22日閲覧。
  7. ^ a b NWA Florida Brass Knuckles Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月22日閲覧。
  8. ^ Starrcade 1985 "The Gathering"”. Pro Wrestling. 2011年5月22日閲覧。
  9. ^ a b WCWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月22日閲覧。
  10. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月22日閲覧。
  11. ^ a b CWA Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月22日閲覧。
  12. ^ a b GWF Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年5月22日閲覧。
  13. ^ Matches of Black Bart”. Cagematch. 2011年5月22日閲覧。
  14. ^ Wrestler Profiles: Necro Butcher”. Online World of Wrestling. 2011年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]