ジノ・ブリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジノ・ブリット
プロフィール
リングネーム ジノ・ブリット
ルイ・セルダン
本名 ルイージ・ジノ・アコセラ
身長 179cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1941年5月18日(72歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
トレーナー ジャック・ブリットン
ジョージ・キャノン
デビュー 1958年[1]
引退 1984年[1]
テンプレートを表示

ジノ・ブリットGino Brito、本名:Louis Gino Acocella1941年5月18日 - )は、カナダケベック州モントリオール出身の元プロレスラー

ルイ・セルダンLouis Cerdan)のリングネームでも知られ、イタリアおよびフランス系の出自を持つベビーフェイスとして、地元のモントリオールやWWWF(WWF)を主戦場に活躍した。

父親はミゼットプロレスのプロモーターでもあったプロレスラーのジャック・ブリットン。息子のジノ・ブリット・ジュニアも短期間ながらプロレスラーとして活動していた[2][3]

来歴[編集]

1958年[1]、当時の居住先だったオンタリオ州ウィンザーにてデビュー[2]ジノ・ブリットリングネームに、1960年代初頭はアントニオ・プリエーゼ(トニー・パリシ)とのイタリア系タッグチームデトロイトテネシーなどアメリカ各地を転戦した[2]

1963年ニューヨークWWWFに進出したが、当時のWWWFは世界ヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノをはじめ、イリオ・デ・パオロ、ドミニク・デヌーチルー・アルバーノなどイタリア系の選手が大勢いたため、1966年頃よりルイ・セルダンの別名義を用いフランス系カナダ人のキャラクターとなって活動[2]エドワード・カーペンティアのパートナーにも起用され、ビル・ミラージョニー・バレンタインキング・イヤウケアブル・ラモスワルドー・フォン・エリックバロン・シクルナブルドッグ・ブラワーなどの大物ヒールと対戦した[4]1968年7月にはジノ・ブリット名義で日本プロレスの『第1次サマー・シリーズ』に初来日、後半戦に特別参加したブルーノ・サンマルチノやレイ・スティーブンスと組んでメインイベントにも出場した。

1970年代前半はカナダを拠点に活動。ノバスコシアニューブランズウィックなど大西洋岸のマリタイム地区を本拠地とするイースタン・スポーツ・アソシエーションではパット・オコーナーレオ・バークと北米ヘビー級王座を争い[5]、モントリオールのIWAではジャック・ルージョー・シニアとのコンビでクルト・フォン・ヘス&カール・フォン・ショッツと抗争した。

1974年よりWWWFに復帰し、旧友トニー・パリシと組んで1975年11月8日にザ・ブラックジャックスブラックジャック・マリガン&ブラックジャック・ランザ)からWWWF世界タッグ王座を奪取する[6][7]。以後、イワン・コロフ&スーパースター・ビリー・グラハムなどのチームを相手に防衛を続け[8][9]1976年5月11日にジ・エクスキューショナーズ(キラー・コワルスキー&ビッグ・ジョン・スタッド)に敗れるまで戴冠した[6][7]

以降もWWWF(WWF)に出場する一方、アンドレ・ザ・ジャイアントのマネージャーだったフランク・バロアらと共に、IWAの後継団体であるインターナショナル・レスリングLutte Internationale)をモントリオールにて運営[2]。選手としても1982年から1983年にかけて、トニー・パリシとのコンビでセーラー・ホワイトパット・パターソンらのチームを相手にカナディアン・インターナショナル・タッグ王座を争った[10]。1982年にはWWFインターナショナル・ヘビー級王座の新王者となるが(トニー・パリシを破り戴冠したとされる)、8月30日にマディソン・スクエア・ガーデンにて新日本プロレス藤波辰巳に敗れ、タイトルを明け渡している[11]

インターナショナル・レスリングはマリタイムからオンタリオまでテレビ放送が行われ、一時は1万人を超える観客動員にも成功したが[12]ディノ・ブラボーリック・マーテルなどのスター選手のWWF移籍により1987年に活動を停止[3]。以降、ブリットはWWFのモントリオール地区におけるプロモーターに転じた[2]

2003年からは新団体のCPWCanadian Professional Wrestling)をケベックにて主宰し、アブドーラ・ザ・ブッチャーピエール・カール・ウエレなどを招聘して興行を開催[13]2004年10月には自身も6人タッグマッチに出場した[14]

獲得タイトル[編集]

WWWF / WWF
Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:4回(w / リック・マグロー、トニー・パリシ×3)[10]
Eastern Sports Association
  • ESA北米ヘビー級王座:1回[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Wrestlers Database: Gino Brito”. Cagematch.net. 2012年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f SLAM! Wrestling Canadian Hall of Fame: Gino Brito”. SLAM! Wrestling: July 14, 2011. 2012年3月4日閲覧。
  3. ^ a b Gino Brito”. Canadian Pro Wrestling Page of Fame. 2012年3月4日閲覧。
  4. ^ WWE Yearly Results 1966”. The History of WWE. 2012年3月4日閲覧。
  5. ^ a b North American Heavyweight Title History: Maritimes version”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  6. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2012年3月4日閲覧。
  7. ^ a b c WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  8. ^ WWE Yearly Results 1975”. The History of WWE. 2012年3月4日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1976”. The History of WWE. 2012年3月4日閲覧。
  10. ^ a b International Tag Team Title History: Montreal version”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  11. ^ a b WWF International Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年3月4日閲覧。
  12. ^ CPW secures PPV deal”. SLAM! Wrestling: November 12, 2004. 2012年3月4日閲覧。
  13. ^ CPW celebrates in style”. SLAM! Wrestling: November 5, 2003. 2012年3月4日閲覧。
  14. ^ Gino Brito returns to the ring”. SLAM! Wrestling: October 22, 2004. 2012年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]