エドワード・カーペンティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・カーペンティア
エドワード・カーペンティアの画像
プロフィール
リングネーム エドワード・カーペンティア[1]
エディー・ウィコルスキー[1]
エディー・ヴィクツ[1]
エド・カーペンティア[1]
エディー・ヴィクツ[1]
Édouard Ignacz[1]
Weiczorkiewicz[1]
Eduardo Wieckorski[1]
Monsieur Ici[1]
本名 エドワード・ヴィクツ(Edouard Weicz)[1]
ニックネーム マットの魔術師[2]
身長 178cm[1]
体重 104kg[1]
誕生日 1926年7月17日
死亡日 2010年10月30日(満84歳没)
出身地 フランスの旗 ロアンヌ[2]ローヌ=アルプ地域圏[1]
デビュー 1953年[2]
テンプレートを表示

エドワード・カーペンティアÉdouard Carpentier、本名:エドワード・ヴィクツEdouard Weicz)、1926年7月17日 - 2010年10月30日)は、1940年代から1980年代までアメリカカナダフランスなどで活動したプロレスラーである。ポーランド出身。ニックネームは『マットの魔術師』。

来歴[編集]

体操競技オリンピック強化選手に選ばれていたが、祖国ポーランドがアドルフ・ヒトラー支配下のドイツに侵略されたのを受けフランスに疎開。その地でドイツに対するレジスタンス運動にも関わっていた。

第二次世界大戦が終わると、体操のキャリアを生かしサーカス団に入ったが、周囲の勧めで1953年にプロレスに転向。

1956年にカナダに移住し、アメリカ大陸での活動をスタートさせる。1957年6月14日イリノイ州シカゴにおいてルー・テーズを破りNWA世界ヘビー級王座を獲得したが、裁定に意見の違いが生じ、その後しばらくカーペンティアとテーズが共に王者を名乗る状態が続いた(ベルトそのものはカーペンティアに渡っている)。

またこの頃、フランス帰省中に、木こりをしていたアンドレ・ザ・ジャイアントを山中で見つけてスカウトした、という逸話が語られているが、実際にはごく普通にアンドレをスカウトしたにすぎない。しかし最初にアンドレを発掘した人物がカーペンティアであるのは確かである。また門下生にアレックス・スミルノフトミー・ローズアレックス・シルヴァの父)らがいた。

日本への登場は1970年1973年国際プロレス参戦の2度のみ。1980年に同じく国際プロレスの大木金太郎が保持していたインターナショナル・ヘビー級王座に挑戦が内定していたが急遽来日中止となった(代役として上田馬之助が挑戦)。1970年8月3日にはサンダー杉山、1973年4月27日にはストロング小林IWA世界ヘビー級王座に挑戦している。「もう少し若い時に見たかった」とも評価されたが、そのアクロバティックなスタイルは、同団体にいた寺西勇マイティ井上に多大な影響を与えている。井上のニックネームは「和製マットの魔術師」、寺西のニックネームは「和製カーペンティア」である。

1981年モントリオールで引退した後は、コーチ業やWWFフランス語解説などを歴任。

サマーソルトキックやサンセット・フリップなど、体操経験を生かした身軽な動きは、プロレスにおける空中殺法の祖とも言われる。

サマーソルトキックは当初日本では写真だけで知られており、マスコミやファンの間では伝説の大技として幻想がふくらんでいた。しかしカーペンティアが来日した際に公開されたサマーソルトキックは、コーナーに追い詰めた相手の目の前でトンボを切るだけの技で(つまり相手へのダメージはまったくない)、竹内宏介は「魔術師カーペンティアは軽業師だった」と書いている。

2010年10月30日、心不全のためカナダモントリオールで死去。[3]84歳没。

得意技[編集]

サンセット・フリップ[2]

獲得タイトル[編集]

アトランティック・アスレチック・コミッション
  • AAC世界ヘビー級王座(ボストン版):1回[4]
オールスター・レスリング
  • AWA世界ヘビー級王座(オマハ版):1回[5]
インターナショナル・レスリング・アソシエーション
  • IWA世界ヘビー級王座(シカゴ版):1回[6]
ナショナル・レスリング・アライアンス
ワールド・レスリング・アソシエーション
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ
  • TWWA世界ジュニアヘビー級王座:1回[12]
グランプリ・レスリング
  • グランプリ・ヘビー級王座:4回[13]
  • グランプリ・タッグ王座:1回[13]
Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座(モントリオール版):1回[14]
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座(モントリオール版):1回(w / マッドドッグ・バション[15]
その他
  • フランス・ヘビー級王座:1回[13]
  • 世界ヘビー級王座(ジョージア版):1回[16]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Wrestlingdata.com - The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c d 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P103(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ 「魔術師」カーペンティアさん死去 日刊スポーツ 2010年11月3日
  4. ^ Atlantic Athletic Commission World HeavyweightsieTitle”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  5. ^ World Heavyweight Title [Omaha]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  6. ^ International Wrestling Association World Heavyweight Title [Chicago]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  7. ^ National Wrestling Alliance World Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  8. ^ NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  9. ^ World Wrestling Association World Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  10. ^ World Wrestling Association World Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  11. ^ International Television Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  12. ^ Trans-World Wrestling Alliance World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  13. ^ a b c Edouard Carpentier”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  14. ^ International Wrestling International Heavyweight Title [Montreal]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  15. ^ International Wrestling International Tag Team Title [Montreal]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。
  16. ^ World Heavyweight Title [Georgia]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月5日閲覧。