ハードボイルド・ハガティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハードボイルド・ハガティ
プロフィール
リングネーム ハードボイルド・ハガティ[1]
本名 Donald J. Stansauk[1]
ニックネーム 喧嘩狂[2]
身長 185cm[1]
体重 118kg - 129kg[1]
誕生日 1925年4月2日[1]
死亡日 2004年1月27日(満78歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス[1]
スポーツ歴 アメリカンフットボール[3]
デビュー 1950年[4]
引退 1973年
テンプレートを表示

ハードボイルド・ハガティHard Boiled Haggerty、本名:Donald J. Stansauk1925年4月2日 - 2004年1月27日)は、アメリカ合衆国プロレスラー俳優カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

現役レスラー時代は「喧嘩狂」の異名を持つヒールとしてラフファイトを繰り広げた。後年はジョン・F・ケネディとも親交を持った[2]

来歴[編集]

パサデナ・シティ・カレッジとデンバー大学ではアメリカンフットボールで活動し、ドラフトNFLデトロイト・ライオンズに入団[5]。その後、グリーンベイ・パッカーズディフェンシブ・タックルとして移籍した[5]

フットボールのオフシーズンを利用してプロレスのリングに上がり、1950年ウィスコンシン州グリーンベイにて本名でデビュー[5]。その後、本格的にプロレスに転向した(「喧嘩狂」のイメージを印象付けるプロフィール上の設定では、大学は喧嘩で放校、プロフットボールもトラブルを起こして追放。合法的に喧嘩のできる商売としてプロレスに転向した、などとされている)[2]

1950年代前半はミネアポリスサンフランシスコで活動。サンフランシスコでは1954年1月19日、アメリカ修行中だった力道山と対戦[6]。ミネアポリスでは同年11月30日、ルー・テーズの持つNWA世界ヘビー級王座に挑戦[7]。以降、NWA世界王座には1959年にかけて再三挑戦した[8][9][10][11][12]

1950年代後半はバンクーバートロントモントリオールカルガリーなどカナダの主要テリトリーを転戦。トロントでは1956年9月20日、ディック・ハットンとのコンビでカナディアン・オープン・タッグ王座を奪取[13]。モントリオールでは同年10月3日、キラー・コワルスキーを破ってケベック地区認定の世界ヘビー王座を獲得している[14]1958年からはハワイにも進出、ホノルルでは1960年ロード・ブレアースらのチームを下してNWAハワイ・タッグ王座を奪取した[15]

1960年下期より、ミネアポリスでバーン・ガニアが旗揚げしたAWAに参戦、10月4日にレン・モンタナと組んでAWA世界タッグ王座を獲得[16]。翌1961年3月からはモンタナの負傷によりジン・キニスキーを新パートナーに迎え、ウイルバー・スナイダー&レオ・ノメリーニとタイトルを争った[16]。AWAでは、バーン・ガニアの保持していたAWA世界ヘビー級王座にも1962年にかけて度々挑戦している[17][18]。ジン・キニスキーとのコンビでは、キニスキーの本拠地だったカナダのバンクーバーでも活動し、1962年8月にはホイッパー・ビリー・ワトソン&ベアキャット・ライトからNWAパシフィック・コースト・タッグ王座を奪取した[19]

1963年7月、日本プロレスに初来日。東京・渋谷のリキ・スポーツパレスで行われた来日第1戦ではドン・ジャーディン&ミスター・ゼロと組み、力道山豊登吉村道明と6人タッグマッチで対戦。試合途中で控室から野球のバットを持ち出し、力道山の足を滅多打ちにするという暴挙で悪名を轟かせた[20]。同年9月にも再来日したが、力道山とのシングルマッチは行われず、決着がつかないまま同年暮れに力道山は死去。結果として、「力道山が退治できなかったレスラー」の1人となった[20]

1964年より、地元ロサンゼルスのWWAに参戦。ザ・デストロイヤーをパートナーに、7月30日にラモン&アルバートのトーレス兄弟、11月3日にフレッド・ブラッシー&ミスター・モトを破り、WWA世界タッグ王座を同年に2回獲得[21]。並行してハワイにも遠征し、1965年2月24日にエンリケ・トーレスからUSヘビー級王座を奪取、9月15日にカーティス・イヤウケアに敗れるまで戴冠している[22]。WWAには1967年まで出場し、ペドロ・モラレスマーク・ルーインといった新しい世代の選手や、日本から遠征してきた坂口征二、さらにはカール・ゴッチとも対戦した[23]

1968年からは古巣のAWAで活動。ウイルバー・スナイダー、クラッシャー・リソワスキーマッドドッグ・バションカウボーイ・ビル・ワットらと対戦し、バーン・ガニアのAWA世界ヘビー級王座にも再び挑戦した[24]

1960年代末より俳優業を本格的に開始し、1971年にはクリント・イーストウッド主演の『ダーティハリー』にも出演[5]1973年にレスラーを引退して俳優に転身、数々の映画やテレビドラマ、CMなどで活躍した[5]

2003年6月20日、自動車事故により首を骨折する重傷を負う[4][5]。退院後、リハビリテーションを続けていたが、翌2004年1月27日カリフォルニア州マリブの自宅にて死去した[4][5]。78歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

モントリオール・アスレチック・コミッション
  • 世界ヘビー級王座:1回[14]
NWAサンフランシスコ
  • NWA世界タッグ王座(サンフランシスコ版):1回(w / レイ・エッカート)[25]
  • NWAパシフィック・コースト・タッグ王座(サンフランシスコ版):2回(w / トム・ライス)
NWAロサンゼルス
  • NWAビート・ザ・チャンプTV王座:1回
NWAビッグタイム・レスリング
  • NWAテキサス・タッグ王座:1回(w / スチュ・ギブソン)
メープル・リーフ・レスリング
NWAオールスター・レスリング
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWA USヘビー級王座(ハワイ版):1回[22]
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回
  • NWAハワイ・タッグ王座:2回(w / ビル・サベージ、ブッチャー・バション[15]
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・レスリング・アソシエーション(ロサンゼルス)

出演作品[編集]

  • P.J. (1968)
  • Paint Your Wagon (1969)
  • A Dream of Kings (1969)
  • Crosscurrent (TV) (1971)
  • Dirty Harry (1971)
  • The Wrestler (1974)
  • Foxy Brown (1974)
  • Earthquake (1974)
  • Black Fist (1975)
  • Framed (1975)
  • The Four Deuces (1976)
  • Stunts (1977)
  • Walking Tall: The Final Chapter (1977)
  • Curse of the Black Widow (TV) (1977)
  • Mad Bull (TV) (1977)
  • The One and Only (1978)
  • Columbo: Make Me a Perfect Murder (TV) (1978)
  • When Every Day Was the Fourth of July (TV) (1978)
  • Deathsport (1978)
  • The Muppet Movie (1979)
  • The Kids Who Knew Too Much (TV) (1980)
  • The Big Brawl (1980)
  • Return of the Rebels (TV) (1981)
  • Micki & Maude (1984)
  • Hollywood Vice Squad (1986)
  • Rad (1986)
  • The Last Fling (TV) (1987)
  • Million Dollar Mystery (1987)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g The World's Largest Wrestling Database”. Wrestlingdata.com. 2013年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 『'88プロレスオールスターSUPERカタログ』P110(1988年、日本スポーツ出版社
  3. ^ Don Stansauk”. Database Football. 2013年8月11日閲覧。
  4. ^ a b c Wrestler Profiles: Hard Boiled Haggerty”. Online World of Wrestling. 2013年8月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Hard Boiled Haggerty: Wrestler, actor, friend of CAC”. SLAM! Sports (January 30, 2004). 2013年9月9日閲覧。
  6. ^ Show at San Francisco: 1954/01/19”. Wrestlingdata.com. 2013年8月12日閲覧。
  7. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1954”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  8. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1955”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  9. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1956”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  10. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1957”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  11. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1958”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  12. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1959”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  13. ^ a b NWA Canadian Open Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年9月9日閲覧。
  14. ^ a b World Heavyweight Title [Montreal]”. Wrestling-titles.com. 2013年9月9日閲覧。
  15. ^ a b NWA Hawaii Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  16. ^ a b c AWA World Tag Team Ttitle”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  17. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1961”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  18. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1962”. Wrestling-titles.com. 2013年8月12日閲覧。
  19. ^ a b NWA Pacific Coast Tag Team Title [Vancouver]”. Wrestling-titles.com. 2013年9月9日閲覧。
  20. ^ a b 『世界名レスラー100人伝説!!』P72(2003年、日本スポーツ出版社、監修:竹内宏介
  21. ^ a b WWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年9月9日閲覧。
  22. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Hawaii]”. Wrestling-titles.com. 2013年9月11日閲覧。
  23. ^ The Los Angeles matches fought by Hard Boiled Haggerty in 1967”. Wrestlingdata.com. 2013年9月9日閲覧。
  24. ^ The AWA matches fought by Hard Boiled Haggerty in 1968”. Wrestlingdata.com. 2013年9月9日閲覧。
  25. ^ NWA World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-titles.com. 2013年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]