デニス・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・ナイト
プロフィール
リングネーム デニス・ナイト
フィニアス・I・ゴッドウィン
ミディオン (ミディアン)
ネイキッド・ミディオン
テックス・スラシンジャー
レザーフェイス
本名 デニス・ナイト
ニックネーム 暗黒の予言者
身長 191cm
体重 131kg(全盛時)
誕生日 1968年12月26日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州オーランド
トレーナー スティーブ・カーン
デビュー 1988年
テンプレートを表示

デニス・ナイトDennis Knight1968年12月26日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州オーランド出身。

アティテュード路線の黎明期から全盛期にかけてのWWFを主戦場に、ファームボーイギミックフィニアス・I・ゴッドウィンPhineas I. Godwinn)や怪奇派のミディオンMideon)など、様々なキャラクターを演じた。

来歴[編集]

フロリダ州クリアウォーターにてバウンサーをして働きながら、スティーブ・カーンのトレーニングを受けて1988年にデビュー。地元フロリダのインディー団体PWFやテネシー州メンフィスUSWAを経て、1992年よりWCWに参戦。カウボーイヒールテックス・スラシンジャーTex Slazenger)を名乗り、シャンハイ・ピアースことマーク・カンタベリータッグチームを結成、ダイヤモンド・ダラス・ペイジビニー・ベガスのベガス・コネクションなどと抗争した。カンタベリーが1994年WWFに移籍してからは古巣のUSWAにて活動し、ブライアン・クリストファージェリー・ローラーを相手にUSWAヘビー級王座を争った[1]

1996年養豚場農夫ギミックのヘンリー・O・ゴッドウィンに扮していたカンタベリーのタッグパートナーとして、ヘンリーの「従兄弟」という設定でWWFに登場。名前のイニシャルが "HOG" ()となるヘンリー・O・ゴッドウィンに合わせ、自身も "PIG" となるフィニアス・I・ゴッドウィンPhineas I. Godwinn)に改名、オーバーオール姿の陽気なベビーフェイスとなって活動する[2]。同年5月19日にはニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにて、スキップジップのザ・ボディードナーズからWWF世界タッグ王座を奪取した[3]

1997年ヒールターンし、10月5日にザ・ヘッドバンガーズを破りWWF世界タッグ王座に返り咲くが、翌々日の10月7日にリージョン・オブ・ドゥームに敗れ2日間だけの戴冠に終わった[3]1998年8月からはそれぞれリングネームを本名に戻し、コスチュームもオーバーオールから黒スーツに変更して、サザン・ジャスティスSouthern Justice)なるバウンサー・ギミックのチームに変身[4]マネージャーテネシー・リージェフ・ジャレットボディーガードを務めたが、カンタベリーが頸椎を負傷してWWFを離脱、以降はシングル・プレイヤーに転向することとなった。

1999年1月、ファルークブラッドショーアコライツに強制的に拉致される形でジ・アンダーテイカーミニストリー・オブ・ダークネスに加入。アンダーテイカーによって黒魔術的な儀式を施され、ミディアンMidian)の名前を与えられる。後にミディオンMidion)とスペリングが改められ、顔面にペインティングを施した怪奇派レスラーに変身、ホルマリン漬けの眼球の標本瓶を携行し、その目玉を通して未来を予知するスースセイヤーを演じた。1999年6月21日にはコーポレート・ミニストリーシェイン・マクマホンからWWFヨーロピアン王座のベルトを授与され欧州チャンピオンとなるが、4日後の6月25日にディーロ・ブラウンに敗れて王座から陥落、またしても短命王者で終わっている[5]

ミニストリー解散後はしばらく戦線を離れ、2000年下期よりブリーフ姿でストリーキングを行う変態キャラクターとなってWWFに復帰。ネイキッド・ミディオンNaked Mideon)を名乗り、彼本来の陽気な個性を活かしたコミカルなベビーフェイスに転じた[6]。10月22日のPPVノー・マーシー2000』では、元王者としてウィリアム・リーガルのWWFヨーロピアン王座に挑戦している[7]

WWF退団後の2001年からは地元フロリダのインディー団体に参戦しつつ、師匠のスティーブ・カーンが運営するプロレスリング・スクールにて若手選手の指導にも携わった。2005年3月13日にはTNAのPPV "Destination X 2005" に登場[6]WWEダーク・マッチにも、本名のデニス・ナイト名義で時折出場している[6]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b USWA Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年11月29日閲覧。
  2. ^ Tag Team Profiles: The Godwinns”. Online World of Wrestling. 2010年11月29日閲覧。
  3. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年11月29日閲覧。
  4. ^ Southern Justice”. Online World of Wrestling. 2010年11月29日閲覧。
  5. ^ a b History of the WWE European Championship”. WWE.com. 2010年11月29日閲覧。
  6. ^ a b c Wrestler Profiles: Mideon”. Online World of Wrestling. 2010年11月29日閲覧。
  7. ^ WWF No Mercy 2000”. pWw-Everything Wrestling. 2010年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]