WCWハードコア王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WCWハードコア王座WCWのタイトルのひとつ。

概要[編集]

ハードコア・レスリングによってタイトル戦が行なわれた。同ベルトはハードコア戦の人気が高まったことで創設されたが、WWEほどには盛り上がらなかった。

同王座は1999年から2001年まで存在した。初のWCWハードコア王者はノーマン・スマイリーで、1999年11月21日にオンタリオ州トロントで行なわれたPPV興行『WCWメイヘム』でブライアン・ノッブスを破った。

主なトピックとしては、エヴァン・カレイジャスシェイン・ヘルムズシャノン・ムーアの3人によるアイドル系ヒール・ユニットの3カウントは、2000年2月28日にトリオでの3対1のハンディキャップ戦でブライアン・ノッブスに勝利し、タイトルを3者共有のものとして防衛戦を行った(ブライアン・ノッブスは同年3月19日のPPV興行『WCWアンセンサード2000』で3カウントから王座を奪還)。テリー・ファンクも3度王座を保持したが、2000年6月5日、ジョージア州アトランタでのマンデー・ナイトロで非レスラーのエリック・ビショフに敗退している(後にビショフは、ファンクからの王座奪取をサポートしたビッグ・ヴィトーにベルトを贈呈した)。また、カナダ出身のランス・ストームは王座を獲得した際、タイトルをサスカチュワン・ハードコア・インターナショナル・タイトル(略してS.H.I.T.)と改名したことがある。

WCW最後のハードコア王者は、2001年1月14日のPPV興行『WCWシン』で当時の王者テリー・ファンクとクロウバーを破ったミングであった。ミングがチャンピオンのまま団体を去りWWFに移籍したことに伴い、WCWハードコア王座は消滅した。なお、ミングはバーバリアンにベルトを譲ったが、これはテレビに放映されず、王座の変遷には加えられていない。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日付 備考
ノーマン・スマイリー 1 1999年11月21日 ブライアン・ノッブスとの決定戦に勝利
ブライアン・ノッブス 1 2000年1月11日
バンバン・ビガロ 1 2000年2月7日
ブライアン・ノッブス 2 2000年2月20日
3カウント
エヴァン・カレイジャスシェイン・ヘルムズ&シャノン・ムーア
1 2000年2月28日 ハンディ戦で勝利し、3人の共同保持に
ブライアン・ノッブス 3 2000年3月19日
テリー・ファンク 1 2000年4月16日
シェーン・ダグラス 1 2000年5月22日
テリー・ファンク 2 2000年5月23日
エリック・ビショフ 1 2000年6月5日
ママルークス
ビッグ・ヴィトー&ジョニー・ザ・ブル
1 2000年6月6日 エリック・ビショフより共同王者として授与
ビッグ・ヴィトー 1 2000年6月19日
ランス・ストーム 1 2000年7月24日
カール・ウエレ 1 2000年8月14日
ノーマン・スマイリー 2 2000年8月14日
リノ 1 2000年10月02日
クロウバー 1 2000年11月6日
テリー・ファンク 3 2000年12月17日
ミング 1 2001年1月14日