ヨーゼフ・ラデツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラデツキー伯爵

ヨハン・ヨーゼフ・ヴェンツェル・フォン・ラデツキー伯爵Johann Joseph Wenzel Graf Radetzky von Radetz, Jan Josef Václav (H)Radecký z (H)Radče, 1766年11月2日 ボヘミア西部・トレーブニッツ(現チェコトシェブニツェ Třebnice - 1858年1月5日)は、オーストリア貴族で軍人。ラデツキー(フラデツキー)家はハンガリー貴族の流れを引く。

生涯[編集]

ボヘミア生まれ。ウィーンで学ぶ。

1785年にオーストリア軍に従軍。1788年以来、対トルコ戦争やナポレオン戦争など多くのオーストリアの戦争に参加し、1836年元帥、1849年から1857年までロンバルド=ヴェネト王国の総督を務めた。

1849年3月23日ノヴァーラの戦い英語版におけるサルデーニャ王国軍への勝利によっても知られる。

ヨハン・シュトラウス1世1848年に作曲した『ラデツキー行進曲』は、同年に北イタリアの独立運動の鎮圧に向かうラデツキー将軍を称えて作曲された。

なお、ミラノから持ち帰ったカツレツが、ヴィーナー・シュニッツェルになったともいわれる。

関連項目[編集]