ジュゼッペ・メルカリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュゼッペ・メルカリ
人物情報
生誕 1850年5月21日
Flag of Austria.svg ロンバルド=ヴェネト王国 ミラノ
死没 1914年3月20日
イタリア王国の旗 イタリア王国 ミラノ
学問
研究分野 火山学地震学
主な指導学生 ジュゼッペ・モスカーティ
主な業績 メルカリ震度階級の発案
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジュゼッペ・メルカリ(Giuseppe Mercalli、1850年5月21日 - 1914年3月20日)はイタリア火山学者・地震学者である。

ミラノに生まれ、カトリック教会司祭に叙階され、そしてすぐにミラノの神学校自然科学の教授となる。彼は、大哲学者にして聖職者のアントニオ・ロズミーニAntonio Rosmini-Serbati)を称える国立の記念碑を公に支持したために、自由主義者の疑いを受けて職を追われた。

その後、イタリア政府が彼をドモドッソラで、続いてレッジョ・ディ・カラブリアで、最終的にはナポリ大学(Naples University)で教授の職につけた。彼はまた、終生、ヴェスヴィオ火山観測所(Vesvius Observatory)の所長であった。彼の教え子の中にはジュゼッペ・モスカーティGiuseppe Moscati)がいる。ミラノで没。

メルカリ震度階級[編集]

今日ではメルカリは、(彼が発案し、今なお使われている)メルカリ震度階級によって最も良く記憶されている。メルカリ震度階級は、より有名なリヒターの指標(マグニチュード)とは異なり、実際に地震で解放されるエネルギーの大きさを測るものではない。地表に対する地震の効果がいかほどかを示すものである。現実の人口点在地に対してはあまりよく適合しないが、多様な震動による損害の比較には理想的である。メルカリ震度階級はIからXIIの段階に分かれている。Iはごくわずかな人にしか感じられない微震だが、XIIはほぼ壊滅的な損害を与え、レンガ積みの建物はほとんど或いは全てが倒壊し、物体は空中に投げ出される。