マジェンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジェンタ
Magenta
マジェンタの風景
Chiesa di San Martino
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lombardy.svg ロンバルディア
Blank.png ミラノ
CAP(郵便番号) 20013
市外局番 02
ISTATコード 015130
識別コード E801
分離集落 Ponte Vecchio, Ponte Nuovo
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 22,839 人
人口密度 1088 人/km2
文化
住民の呼称 magentini
守護聖人 聖マルティーノ・ディ・トゥール (San Martino di Tours)
祝祭日 11月11日
地理
座標 北緯45度28分0秒 東経8度53分0秒 / 北緯45.46667度 東経8.88333度 / 45.46667; 8.88333座標: 北緯45度28分0秒 東経8度53分0秒 / 北緯45.46667度 東経8.88333度 / 45.46667; 8.88333
標高 138 m
面積 21 km2
マジェンタの位置
マジェンタの位置
ミラノ県におけるコムーネの領域
ミラノ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

マジェンタイタリア語: Magenta)は、イタリア共和国ロンバルディア州ミラノ県にある、人口約2万3000人の基礎自治体コムーネ)。

第二次イタリア独立戦争中の1859年に、マジェンタの戦いが行われた土地である。「マゼンタ」という染料とその色の名は、この地名に由来する。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

古代の「Galli Insubri」(ロンバルディア・ガリア)の中心。街の起源はローマ時代にあると思われ、その名称は、マクセンティウスの野営という意味のCastra Maxentiaから来ている。

マジェンタの戦い[編集]

マジェンタは、第二次イタリア独立戦争中の1859年6月4日に行われた戦闘(マジェンタの戦い)で特に有名である。 ピエモンテとフランスの連合軍、対するはオーストリア=ハンガリー軍で、戦闘はフランス・ピエモンテが勝利し、ロンバルディア征服の道筋となった。 この戦闘の結果、戦闘中にフランスのズワーヴ兵が着ていた制服の赤紫色を「マジェンタ」(マゼンタ)と呼ぶようになったらしい。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「マジェンタ」は、イタリアコムーネ書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。- Portal:イタリア / プロジェクト:イタリア