ネッロ・パガーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネッロ・パガーニ
グランプリでの経歴
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1949 - 1955
チーム ジレラモンディアルMVアグスタ
レース数 22
チャンピオン 125cc - 1949
優勝回数 4
表彰台回数 11
通算獲得ポイント 93
ファステストラップ回数 4
初グランプリ 1949 125cc スイスGP
初勝利 1949 125cc スイスGP
最終勝利 1949 500cc イタリアGP
最終グランプリ 1955 500cc スペインGP
テンプレートを表示
ネッロ・パガーニ
基本情報
F1での経歴
所属チーム '50 マセラティ
活動時期 1950
出走回数 1
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1950年スイスGP
最終戦 1950年スイスGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ネッロ・パガーニ(Cirillo "Nello" Pagani、1911年10月11日 - 2003年10月19日)は、イタリア出身のオートバイレーサーF1ドライバー。彼はロードレース世界選手権125ccクラス初代チャンピオンである。

生涯[編集]

ロンバルディア州ミラノ生まれ。1928年からレーサーとしてのキャリアを開始し、1955年まで現役を続けた。1949年から始まったロードレース世界選手権125ccではFBモンディアルを駆って2勝し、初代チャンピオンに輝いた。ダブルエントリーしていた500ccでもジレラで2勝を挙げたが、AJSに乗るイギリスレスリー・グラハムとの激しいポイント争いの末、惜しくも2位で終わった。

1950年6月4日には、初開催されたF1世界選手権の第4戦スイスGPマセラティからエントリーした。予選を15位で通過したが、決勝では7位と、ポイント獲得には至らなかった。パガーニがF1で出走したのはこの1戦のみとなったが、同年のイタリア地方選手権では4位に入るなどの活躍をした。

2003年、彼はブレッソで世を去った。

戦歴[編集]

ロードレース世界選手権[編集]

1949年のポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 ファステストラップ
ポイント 10 8 7 6 5 1

1950年から1968年までのポイントシステム

順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ポイント 順位 勝利数
1949 125cc モンディアル SUI
1
NED
1
ITA
5
27 1位 2
500cc ジレラ IOM
-
SUI
4
NED
1
BEL
5
ULS
3
ITA
1
28 2位 2
1950 500cc ジレラ IOM
-
BEL
2
NED
2
SUI
-
ULS
-
ITA
-
12 4位 0
1951 125cc モンディアル SPA
-
IOM
4
NED
-
ULS
-
ITA
-
3 10位 0
500cc ジレラ SPA
-
SUI
-
IOM
-
BEL
5
NED
-
FRA
3
ULS
-
ITA
3
10 5位 0
1952 500cc ジレラ SUI
4
IOM
-
NED
6
BEL
6
GER
-
ULS
-
ITA
3
SPA
4
12 8位 0
1953 500cc ジレラ IOM
-
NED
-
BEL
-
GER
-
FRA
-
ULS
-
SUI
-
ITA
-
SPA
5
2 15位 0
1954 500cc MVアグスタ FRA
-
IOM
-
ULS
-
BEL
-
NED
-
GER
-
SUI
-
ITA
-
SPA
3
4 13位 0
1955 500cc MVアグスタ SPA
5
FRA
-
IOM
-
GER
-
BEL
-
NED
-
ULS
-
ITA
-
2 20位 0

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 WDC ポイント
1950年 マセラティアキッレ・バルツィ 4CLT/48 GBR MON 500 SUI
7
BEL FRA ITA NC
(31位)
0

外部リンク[編集]