アンドレア・レオナルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Andrea Leonardiアンドレア・レオナルディ1967年4月26日-)は、イタリアミラノ出身の作曲家、音楽プロデューサー。ペンネームはBratt Sinclaire(ブラット・シンクレア)。現在は、レコードレーベル『SinclaireStyle』の主宰者である。

プロフィール[編集]

1984年、Alberto Continiと出会い、ヘヴィメタル方面で活動していた。そして1990年、Alberto ContiniやDAVE RODGERSらが設立した「A-BEAT Cレーベル」にてリリースされた「OH OH OH GIRLS ARE DANCING / THE BIG BROTHER」の制作に関わり、この曲からユーロビートの作家としての活動を開始した。

1992年には、Alberto ContiniとDAVE RODGERSと共にユニット「RODGERS, CONTINI & SINCLAIRE」を結成。

1994年ごろ、自身のスタジオを設立し、DAVE RODGERSらとは距離を置くようになる。そして、1995年に制作した「ANGEL IN LOVE / CASANOVA」[1]を最後にA-BEAT Cを離脱したが現在に至るまでリリースされず、その前の曲である「BOMBER / EDO」が最後のリリースとなった。[2]

同年、TIMEレーベルにて活躍していた、Laurent GelmettiClara Moroniのコンビと合流し、DELTAレーベル(現DELTA MUSIC INDUSTRY)を結成した。SUPER EUROBEAT収録楽曲の第1弾[3][4](CD「SUPER EUROBEAT Vol.64」にて、1曲目に収録)としてリリースされた「MONEY GO! / MARKO POLO」は、SUPER EUROBEATのリクエスト・カウントダウンで1位を獲得した。

A-BEAT C時代の「RODGERS, CONTINI & SINCLAIRE」のように、Laurent Gelmetti(Newfield)とClara Moroniの2名と共に組んだユニット「NEWFIELD-MORONI-SINCLAIRE」による楽曲(「DELTADANCE.COM / NEWFIELD-MORONI-SINCLAIRE」[5]など)も複数リリースした。

1998年には、自身が前年の初頭に制作した「NIGHT OF FIRE / NIKO」が大ヒット。パラパラの代表曲になると共に、アニメ頭文字Dでも使用された。近年でもSUPER EUROBEATにおけるリクエスト・カウントダウンで頻繁に1位になるなど、人気がある。お笑いタレント長州小力が、パラパラを踊る際にも使用している。

そして、彼の今までの音楽制作履歴の中で外せないのが、「ハイパーテクノ」の分野での活躍だ。DELTA時代、その傘下として設立されたEASY BEATで、A-BEAT C時代にハイパーテクノ部門を担当していたAndrea Panigadaや、A-BEAT C時代にDr.DOPEとしてヴォーカルを担当していたFausto Guioと共に、「Tempo / The Prophet」や「Crazy Train / The Prophet」「Never Never Know / Techno Mob」などのヒット作を量産していた。

現状[編集]

彼は、2006年にDELTAを脱退。現在は、新レーベル『SinclaireStyle』を立ち上げ、現在もユーロビートとハイパーテクノの両方を制作している[6]

代表曲[編集]

前述の通り、「NIGHT OF FIRE / NIKO」が彼の一番の代表曲である。それ以外の楽曲の詳細は、公式サイト「BRATT SINCLAIRE 2.0」のdiscographyを参照のこと。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人によると、哀愁曲であるとのことである。
  2. ^ 因みに、この時期には既に、後にDELTAレーベルに加わることになるメンバーとの繋がりがあり、95年のA-Beat Cの作品のほぼ全てにClara Moroniがヴォーカリストとして参加している。
  3. ^ SinclaireStyleレーベルとしての第一弾は、1995年に制作された「ONE MORE NIGHT / MELODY」(出典:BRATT SINCLAIRE 2.0 (公式サイト))。
  4. ^ DELTAレーベルとしての第一弾は、94年~95年に制作された「LAY YOUR HANDS ON ME / DRAMA」である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]