りりあん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りりあん
プロフィール
生年月日 1985年9月21日
現年齢 28歳
出身地 イタリアの旗 イタリアロンバルディア州ミラノ市
血液型 A型
公称サイズ(2005年時点)
身長 / 体重 153 cm / kg
スリーサイズ 85 - 60 - 86 cm
活動
デビュー 2005年
ジャンル グラビア
モデル内容 一般、水着
他の活動 歌手タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

りりあん (Lyrian 本名未公表 1985年9月21日 - ) は、日本の元アイドル歌手である。イタリアミラノ出身。身長153cm、血液型はA型。スリーサイズはB85 W58 H86。最終学歴は短大卒。

来歴[編集]

2005年2月23日、写真集、イメージDVD、音楽CD(シングル)を同時発売しデビューした。デビュー当初は、アイドルを投資の対象としたアイドルファンド(後述)の対象になっており、その面で話題となった。

2006年には、中野系アイドルユニット「ピュアリティーズ」にメンバーとして参加したが、メジャーデビューDVD発売直後に卒業している。

地上波テレビの連続ドラマにレギュラー出演や、ラジオでのレギュラー番組の出演などの他、主たる活動の場は、撮影会やインターネット関連メディアが中心。2008年には舞台に出演するなど、新しい動きも見られる。

芸能事務所アンフィックスエンターテイメントに所属。K-pointと業務提携している。所属レコードレーベルジャパンデジタルコンテンツであったが、ファンド終了後に製作されたイメージDVDはGPミュージアムソフトから発売された。

2011年5月引退。[1]

特徴・エピソード[編集]

  • 中学生までをミラノで過ごし、イタリア語が堪能。
  • 生誕地がイタリア・ミラノであり、イタリア語が話せる事などから、ハーフ(ミックス)であると思われがちだが、両親は共に日本人であり、ハーフではない。
  • ミラノにいた頃から日本の女性アイドルが好きで、アイドル評論家を目指し中森明夫に写真同封の弟子入り志願の手紙を書くが、写真を見た中森明夫の勧めで、同氏プロデュースのもと、自身がアイドルとしてデビューする。
  • アイドル好きが昂じて、秋葉原などで開かれるアイドルイベントにも(観客として)参加していたという。
  • おっとりとして、少しばかり不思議ちゃん的なイメージがある。
  • デビュー当初は、「萌え」や「妹」をコンセプトにしており、頭に猫耳を装着したり、ネコやセーラー服メイド服などをモチーフとした衣装を着用(コスプレ)したりし、DVDでは視聴者に対して「お兄ちゃん」と呼びかけたりしていた。
  • 上記のようなキャラクター性は、後日ではメイド服を多用するなどの他はほとんど見られなくなっている。
  • デビュー当初は会話の語尾に「にゃん」を付ける事が多かった。2006年4月に放送されたテレビ朝日のバラエティー番組にゲスト出演した際には、司会者から煩がられる程であったが、その一方で語尾をすぐ忘れるとも指摘された。なお、この語尾は現在ではほとんど聞かれなくなっている。
  • 上記の番組で、司会の(先輩アイドルである)MEGUMIが実演したグラビアポーズを「かわいくな〜い」と言い放ってMEGUMIをたじたじにさせるなど、顔に似合わず意外に毒舌でもある(口調はあくまでやわらかだが)。そのキャラクターは、後にレギュラー出演したインターネットラジオ番組『おしゃべりやってまーす』などでも、持ち前の口調が発揮された。
  • その『おしゃべりやってまーす』で共にレギュラーであった豊岡真澄とは仲が良く、番組降板(豊岡は芸能界引退)後も交流があり、双方のブログに時折登場する。
  • 上記のテレビ番組でCDジャケットで着用した衣装を鑑定した所20万円もの値が付いた。
  • 2005年12月13日03時51分40秒に、彼氏宛の可能性があるメールをブログに誤送信してしまい、それが掲載された。その投稿はすぐに削除されたが、ネット上ではしばらくの間、憶測等が話題になっていた。

アイドルファンド[編集]

アイドルファンドとは、新人アイドルの育成を金融商品化したもので、投資家から集めた資金で写真集、音楽CD、イメージDVD等を製作し、その売り上げに応じて利益を分配するというものである。

  • りりあんの場合、ジャパンデジタルコンテンツ信託が開発しジェット証券が募集したアイドルファンド第2弾(の4人の内の1人)として資金1500万円を集め(1口5万円、合計300口)2005年初頭に開始され、2007年3月末に終了した。
  • この間、写真集2冊、音楽CD(シングル)2タイトル、イメージDVD4タイトルが発売され、最終収益は1514万8269円(1口当り5万494円23銭)で、出資金1500万円に対して101.0パーセントであった。
  • 結果的には、金融商品としては成功とは言い難いものであったが、この種の商品にはファンクラブ的な要素も多分にあり、運用実績と出資者の満足感は必ずしも比例するものではない。とは言え、りりあんの場合、ファンド開始後は出資者へのフォローはあまりなされなかった様で、この点に不満を持つ出資者も少なくなかったようである。

主な出演作[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

webドラマ[編集]

DVDドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

携帯サイト[編集]

声優[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. サクライロ(2005年2月23日発売)
  2. LOVEだニャン〜あたしがネコになったら〜(2005年7月21日発売)

CD[編集]

  1. TRANSFORMER〜トランスフォーマー〜(2007年発売「トランスフォーマー コンピレーション・ソングBOX」にソロver・ユニットver収録。その他にも「カセットロンセット キスぷれPOSITION」に同ユニットver収録、「スパークボット3個入り」に同ソロver収録。)

DVD[編集]

  1. 萌えドル誕生!(2005年2月23日発売)
  2. こんにちわっち(2005年7月21日発売)
  3. りりあんドール(2006年3月2日発売)※ドラマCD付き
  4. ちゃお♥ちゃお(2006年12月15日発売)
  5. 黒猫(2007年7月25日発売)
  6. 和・み・り・あ・ん(2008年9月25日発売)※タイトルは「なごみりあん」と読む
  7. ラブ・ジェラート(2010年3月25日発売)
  8. swinution(2011年2月19日)

写真集[編集]

  1. 萌えドル誕生!(2005年2月23日発売、新潮社ISBN 9784107901392) 撮影:篠原潔
  2. LOVEだニャン(2005年8月31日発売)
  3. 新潮社月刊100アニバーサリー(2008年3月14日発売)

脚注[編集]

外部リンク[編集]