ジュゼッペ・カスティリオーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュゼッペ・カスティリオーネが描いた「儀礼用甲冑を着けた乾隆帝」 (1739年か1758年)

ジュゼッペ・カスティリオーネ(Giuseppe Castiglione、1688年7月19日 - 1766年7月17日)は、イタリア生まれのイエズス会宣教師である。中国名は郎世寧(ろうせいねい Láng Shìníng)

ミラノに生まれる。1709年にイエズス会の会士となり、1715年には清朝時代の中国へわたる。西洋画の技法を中国へ伝え、美術や建築に影響を与える。清朝の宮廷画家として、康熙帝雍正帝乾隆帝に仕える。バロック様式を取り入れた離宮である円明園を設計。絵画作品では乾隆帝大閲図、ジュンガル討伐戦の情景画、香妃肖像画などが有名。

清史稿列伝に「郎世寧伝」がある。

代表作品[編集]

画瑪瑺斫陣図
百駿図
心写治平図巻

日本語文献[編集]

  • 紫禁城の西洋人画家 ジュゼッペ・カスティリオーネによる東西美術の融合と展開』王凱、大学教育出版(岡山)2009年 
  • 苦悩に満ちた宮廷画家 郎世寧による異文化の受容と変貌 王凱 大学教育出版, 2010.4.
  • 中野美代子『カスティリオーネの庭』文藝春秋、1997年 
     小説
  • 『清 世界美術大全集 東洋編9巻』小学館、1998年-大型本の解説を参照。

関連項目[編集]