ゲオルク (ザクセン王太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク王太子、1916年

ゲオルク・フォン・ザクセン(Georg von Sachsen, 1893年1月15日 - 1943年5月14日)は、ザクセン王国最後の王太子。全名はフリードリヒ・アウグスト・ゲオルク・フェルディナント・アルベルト・カール・アントン・パウル・マルツェルス(Friedrich August Georg Ferdinand Albert Karl Anton Paul Marcellus)。

ゲオルクはザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世とその妻のオーストリア=トスカーナ大公女ルイーゼの長男としてドレスデンに生まれ、1904年に父が即位するのに伴い王太子となった。第一次世界大戦中、ゲオルクは従軍したが、戦争初期に足に重い傷を負い、これに苦しんだ。1915年、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は「昨今の戦闘での戦功を認める」としてゲオルクに一等鉄十字章を授けた。

1918年の春、ゲオルクとヴュルテンベルク王国の王位継承者アルブレヒト公の長女マリア・アマーリアとの婚約が発表された。しかし1918年11月13日に父王が退位してザクセンの王制が倒れると、ゲオルクは聖職者になろうと考えるようになり、この婚約を破棄した。マリア・アマーリア公女は1923年に早死した。

1918年に父王が退位してまもなく、ゲオルクはフランチェスコ会に入会したが、同会が理知性に重きをおかないことに飽き足らず、イエズス会に移った。1923年、ゲオルクは正式にザクセンの王位継承権を放棄してイエズス会の司祭となった。ザクセン王家の相続人の地位は次弟のフリードリヒ・クリスティアンに移った。

ゲオルクは一般に「ゲオルク神父(Vater Georg)」と呼ばれ、姓は「フォン・ザクセン(von Sachsen)」を使った。ゲオルクはベルリンで宗教活動に従事し、ナチス・ドイツ政府からユダヤ人たちを守った、と言われる。こうした姿勢は親ナチス派だった妹の夫たち、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン家のフリードリヒフランツ・ヨーゼフ (enとは対照的だった。

1943年5月14日、元王太子ゲオルクはベルリンのグロース・グリーニッケ湖 (enで遊泳中に死んだ。ゲオルクの死については、証拠はないものの、ナチス親衛隊またはゲシュタポによる暗殺だった、と信じられている。ゲオルクの遺体は死後数週間経って発見され、検死の結果、死因は心臓発作とされた。