イグナチオ・デ・ロヨラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イグナチオ・ロヨラ

イグナチオ・デ・ロヨラ(Ignacio López de Loyola、またはInigo Oinaz Loiola、バスク語:Ignazio Loiolakoa、1491年12月24日-1556年7月31日)はスペイン・バスク地方出身、バスク人カトリック教会修道会イエズス会の創立者の一人にして初代総長。同会の会員は教皇への厳しい服従をモットーに世界各地で活躍し、現代に至っている。イグナチオは『霊操』の著者としても有名で、対抗改革の中で大きな役割を果たした。カトリック教会の聖人で記念日(聖名祝日)は7月31日である。

生涯[編集]

前半生[編集]

イグナチオ・デ・ロヨラことイニゴはバスク地方、アスペイティアにあるロヨラ城で生まれた。13人兄弟の末っ子だったイニゴは7歳で母を失い、1506年に親戚の騎士でカスティーリャ王国の財務官を勤めていたフアン・ベラスケス・デ・クエラルの従者となった。1517年以降、イニゴは軍務について各地を転戦したが、1521年5月20日に行われたパンプローナの戦いで、指揮中に飛んできた砲弾が足に当たって負傷し、父の城で療養生活を送ることになった。

修道生活へ[編集]

療養生活の間、暇をもてあましたロヨラは騎士道物語が読みたかったが、そこにはなかったので仕方がなくイエスの生涯の物語や聖人伝を読みはじめた。やがて、彼の中に聖人たちのように自己犠牲的な生き方をしたいという望みが生まれてきた。彼は特にアッシジのフランチェスコの生き方に影響され、聖地に赴いて非キリスト教徒を改宗させたいという夢を持つにいたった。聖人にあこがれるあまり、彼は自分の名前をイニゴから(アンティオキアのイグナティオスにならって)イグナチオに改めている。

健康を回復すると1522年3月25日にイグナチオはモンセラートベネディクト会修道院を訪れた。そこで彼は世俗的な生き方との決別を誓い、一切の武具を聖母像の前に捧げ、カタルーニャマンレザにある洞窟の中にこもって黙想の時を過ごした。そこでイグナチオは啓示を受けたとされている。ここにいたってイグナチオは世俗の出世を捨て、ひたすらわが身を聖母に捧げることを誓った。それでも、以後の彼の言葉の中には(軍人だっただけに)軍事的な用語やイメージがよく用いられている。

このころ、イグナチオはすでに『霊操』の原案ともいうべきものをまとめていた。これは彼のもとに霊的指導を求めてやってきた人に対して行った一連の黙想のテーマ集であった。『霊操』の影響はイエズス会にとどまらず、以後のカトリック教会全体にまで及ぶことになる。

パリでの日々とイエズス会の結成[編集]

イグナチオはスペインのアルカラ大学を経て、1528年パリ大学に入学し、一般教養と神学を学んだ。パリでは七年学んだが、多くの人々がイグナチオの霊的指導を求めてやってきた。その中で、1534年までに彼は六人の重要な同志を得ていた。フランス出身のピエール・ファーヴル、バスク出身のフランシスコ・ザビエル、スペイン人のアルフォンソ・サルメロンディエゴ・ライネスニコラス・ボバディリャ、そしてポルトガル人のシモン・ロドリゲスであった。

1534年8月15日、イグナチオと六人の仲間はモンマルトルの丘に登り、サン・ドニ記念聖堂で唯一の司祭だったピエール・ファーブルのたてるミサにあずかって、神に自分の生涯をささげる誓いを立てた。世に言う「モンマルトルの誓い」である。彼らの立てた誓いは「今後、七人はおなじグループとして活動し、エルサレムでの宣教と病院での奉仕を目標とする。あるいは教皇の望むところならどこでも赴く」というものであった。これがイエズス会の始まりである。

1537年、七人は教皇から直接修道会としての許可を受けようとローマに向かった。時の教皇パウルス3世は一同の知的レベルと志の高さを認め、司祭叙階と聖地巡礼の許可を与えた。6月24日ヴェネツィアに赴いた一行はアルベの司教から司祭叙階を受けた。当時、イタリア半島では神聖ローマ皇帝や教皇、オスマン帝国を巻き込んだ戦いが行われていたため、聖地への渡航をあきらめ、当面はイタリア国内で説教と奉仕活動に専念する方針をたてた。

1538年10月、ファーヴルおよびライネスを従えて再びローマに赴いたロヨラは、教皇から修道会の会憲の認可を得ることで正式な許可を得ようとした。会憲を審査した枢機卿団は好意的な評価を下し、パウロ3世は1540年9月27日の回勅『レジミニ・ミリタンティス』で会を正式に許可した。その際の唯一の条件は会員数が60名を越えないことということであった。この制限も三年後の1543年3月14日に出された回勅『イニュンクトゥム・ノビス』で撤廃された。

イエズス会総長として[編集]

イグナチオは会の最初の総長に選ばれた。彼は会員たちを欧州全域に派遣して、一般学校と神学校を各地に創設させた。ローマにおけるカール5世の名代をつとめていたホアン・デ・ヴェガはイグナチオと会談し、その志の高さに感銘を受けた。ヴェガはシチリア総督に任命されるとイグナチオとイエズス会員を同地へ招き、メッシーナに大学を開かせた。メッシーナの大学は評判を呼び、その教育システムは以後のイエズス会学校の雛形となった。1548年、『霊操』の決定版が出版された。このとき、同書の内容に関してローマの異端審問所で審査を受けたが、すぐに解放された。

イグナチオの書いた1554年版会憲はイエズス会をピラミッド型の組織として規定、会員に上長と教皇への絶対的服従と自己犠牲を求めた。イグナチオは「軍隊のごとき」服従という表現を用いている。彼の座右の銘がそのままイエズス会のモットーとなった、「神のより大いなる栄光のために」(Ad Maiorem Dei Gloriam)である。イエズス会の精力的な活動は対抗改革の原動力となった。

1553年から1555年、イグナチオは自らの生涯を振り返って「自伝」を口述し、秘書のゴンサルベス・ダ・カマラ神父に書き取らせた。この自伝は霊操の精神を理解する上でも重要な資料となっている。同書は150年近く書庫に秘蔵されていたが、ボランディストらによって『聖人伝』が出版された際に始めて公刊された。同書の批判版も1943年に『イエズス会歴史叢書』の第一巻として出版されている。

イグナチオは1556年7月31日にローマで死去。1609年7月27日に教皇パウルス5世によって列福され、1622年5月22日グレゴリウス15世によって列聖された。

著書[編集]

  • 霊操』イエズス会訳、欧亜書房、1937年 
    • 霊操刊行会訳著、エンデルレ書店、1956年
    • ホセ・ミゲル・バラ訳、新世社、1986年3月
    • 門脇佳吉訳、岩波文庫、1995年
  • 『ロヨラのイグナチオ-その自伝と日記』A.エバンヘリスタ、佐々木孝訳編、桂書房、1966年
  • 『イグナチオ・ロヨラ書簡集』 中村徳子、V.ボネット訳、イエズス会ペンクラブ、1972年
  • 『聖イグナチオ・デ・ロヨラ書簡集』カトリックイエズス会編、平凡社、1992年3月
  • 「イエズス会会憲(1550年)」『宗教改革著作集 第13巻 - カトリック改革』、 鈴木宣明訳、 教文館、1994年
  • 『ある巡礼者の物語』門脇佳吉訳、岩波書店〈岩波文庫〉、2000年

参考文献[編集]

  • アントニオ・アストライン 『聖イグナシオ・デ・ロヨラ伝』 大泉孝訳、中央出版社、1949年
  • フーゴー・ラーナー 『教会における奉仕-イグナチオ・ロヨラと霊操の起源』 岡本和子訳、イエズス会出版、1974年
  • ロラン・バルト  『サド、フーリエ、ロヨラ』 篠田浩一郎訳、みすず書房。1975年
  • 『イグナチオ・デ・ロヨラ』 小林珍雄訳、エンデルレ書店、1978年11月
  • 『イグナティウス・デ・ロヨラ』垣花秀武訳、 講談社〈人類の知的遺産 27〉、1984年1月
  • ホアン・カトレット 『聖イグナチオ・デ・ロヨラの道』  高橋敦子訳、新世社、1985年5月
  • 田辺菫 『ロヨラのイグナチオの神秘体験』 南窓社、1986年3月
  • アンセルモ・マタイス、小林紀由 『神に栄光人に正義-聖イグナチオ・デ・ロヨラとイエズス会の教育』 イエズス会日本管区、1993年8月
  • 中川浪子『聖イグナチオ・デ・ロヨラ 16世紀の偉大な巡礼者』 中央出版社、1993年9月
  • エルヴェー・コアタレム『聖イグナチオ・デ・ロヨラの『霊操』の解説』 ホセ・ミゲル・バラ訳、新世社、1996年1月
  • ルイス・ゴンサルヴェス・ダ・カマラ『イグナチオの日々を見た弟子の覚え書き』 ホセ・ミゲル・バラ訳編、新世社、1997年4月
  • ウィリアム・バンガード『イエズス会の歴史』 上智大学中世思想研究所監訳、原書房、2004年11月

関連文献[編集]