ボロニェーゼ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボロニェーゼ共和国(La Repubblica Bolognese)は、1796年ナポレオン・ボナパルト将軍により、1796年6月イタリア北部のボローニャを中心に建国宣言された国である。

その領域は教皇領レガツィオーネ(北部管轄区)の一部であった。ナポレオン軍下の衛星共和国として建国を宣言されたが、1796年10月16日にはチスパダーナ共和国に併合された。

9人の執政官により統治され、執政官から4か月毎に交替で隠密で任務する1名の「司法大臣」が議長を務めた。

執筆の途中です この「ボロニェーゼ共和国」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア