フェルディナンド1世 (ナポリ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナンド1世 (ナポリ王)

フェルディナンド1世(Ferdinando I, 1423年6月2日 - 1494年1月25日)はナポリ王(在位:1458年 - 1494年)。ドン・フェランテ(Don Ferrante)とも呼ばれる。ナポリ王を兼ねたアラゴンアルフォンソ5世の庶子。

子女[編集]

フェルナンド1世は1444年にイザベッラ・ディ・キアロモンテ(Isabella di Chiaromonte, 1424年 - 1465年)と結婚した。2人の間には6子が生まれた。

イザベッラの死後、1476年にアラゴン王フアン2世の娘で従妹に当たるジョヴァンナ・ダラゴナ(1454年 - 1517年)と再婚した。2人の間には2子が生まれた。


パッツィ戦争[編集]

フィレンツェでパッツィ家によるメディチ家暗殺事件が起こり、メディチ家のロレンツォが負傷。ロレンツォの弟ジュリアーノが死亡した。その報復としてパッツィ家の当主をはじめ、100人に及ぶ処刑がメディチ家によって行われた。パッツィ家と結んでいた教皇シクストゥス4世はこの報復処刑に激怒し、フィレンツェを破門し、ナポリ王国と同盟して宣戦布告した。フィレンツェを治めていたメディチ家のロレンツォは大きな危機に直面したが、自らナポリに乗り込み、ナポリ王フェルディナンド1世と会見を行う。この勇気にナポリ王も感心し、和平が結ばれた。


先代:
アルフォンソ1世
ナポリ王
1458年 - 1494年
次代:
アルフォンソ2世
執筆の途中です この「フェルディナンド1世 (ナポリ王)」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア