フェデリーコ1世 (ナポリ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェデリーコ1世(Federico I)またはフェデリーコ4世[1](Federico IV, 1452年4月19日 - 1504年11月9日)は、ナポリ王(在位:1496年 - 1501年)。フェルディナンド1世の次男でアルフォンソ2世の同母弟、フェルディナンド2世の叔父である。

1496年に早世した甥フェルディナンド2世に子がなかったため、ナポリ王位を継承した。しかしフランスルイ12世アラゴンフェルナンド2世(フェルディナンド1世の従兄弟)が結託して、1501年にフェデリーコを廃位した。ナポリは一時、ルイ12世の支配下に入ったが、1504年にフェルナンド2世が奪取した。

フェデリーコはトゥールで1504年に死去した。

家族[編集]

フェデリーコ1世は2度結婚している。最初の妻はサヴォイア公アメデーオ9世の娘アンナ(1455年 - 1480年)で、1478年に結婚したが、2年後に死別した。2人の間には1女がいる。

  • カルロッタ(1479/1480年 - 1506年)

2番目の妻はイザベッラ・デル・バルツォ(? - 1533年)で、1486年に結婚した。2人の間には3男2女がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 歴代のナポリ王は正式には「シチリア王」を称していた(ナポリ王国#歴史を参照)。本項人物以前にフェデリーコという名の「シチリア王」は、ナポリ王国の分立以前にフェデリーコ1世(=神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世)が、分立後のシチリア王国にフェデリーコ2世フェデリーコ3世が存在したため、本項人物は「シチリア王」としては「フェデリーコ4世」となる。なお、ナポリ王位とシチリア王位はアルフォンソ1世(=アラゴンアルフォンソ5世)の時代に一旦統合されている。
先代:
フェルディナンド2世
ナポリ王
1496年 - 1501年
次代:
ルイ12世 (フランス王)