イザベッラ・デル・バルツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イザベッラ・デル・バルツォIsabella Del Balzo, ? - 1533年)は、ナポリフェデリーコ1世の2番目の妻。ナポリ王妃

ナポリフランス系貴族の末裔で、ナポリ王国大司馬を務めたアンドリア公ピエトロ・デル・バルツォ(1487年没)と、その妻のマリーア・ドナータ・オルシーニの間の娘として生まれた。1486年11月28日、当時は王子だったフェデリーコと結婚した。夫は先妻アンナ・ディ・サヴォイアに先立たれており、この結婚は再婚だった。夫は1496年に王位に就いたが、1501年にフランスルイ12世アラゴンフェルナンド2世によって廃位された。イザベッラは子供たちを連れてイスキア島に避難したが、すぐに夫の後を追ってフランスに亡命し、フランス王室から年金を受けて暮らした。1504年に夫と死別すると、再婚することなく、夫の甥にあたるフェラーラアルフォンソ1世の庇護を受けて余生を送った[1]

子女[編集]

引用[編集]

  1. ^ George Nugent, "Jacquet's Tributes to the Neapolitan Aragonese," The journal of musicology VI/2 (spring 1988), pp. 198-226.