フェルナンド・デ・アラゴン (カラブリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルナンド・デ・アラゴン(Fernando de Aragón, 1488年12月15日 - 1550年10月26日)は、ナポリフェデリーコ1世とその2番目の妻イザベッラ・デル・バルツォの息子。イタリア名はフェルディナンド(Ferdinando)。王位継承者としてカラブリア公およびアプーリア公の称号を授けられていたが、1501年に父王が廃位された後、スペインへ送られて同地で生涯を送った。

アラゴンフェルナンド2世(父王に代わってナポリ王位についた)の後妻であったジェルメーヌ・ド・フォワと1526年に結婚し、カルロス1世(フェルナンド2世の孫)の下で共にバレンシア副王を務めた。