アメデーオ9世・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメデーオ9世

アメデーオ9世・ディ・サヴォイア(Amedeo IX di Savoia, 1435年2月1日トノン=レ=バン - 1472年3月30日ヴェルチェッリ)は、サヴォイア公ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯(在位:1465年 - 1472年)。ルドヴィーコアンヌ・ド・リュジニャンの長男。通称イル・ベアート(il beato:福者)は、17世紀にインノケンティウス11世により列福されたことによる。フランス語名アメデ9世・ド・サヴォワ(Amédée IX de Savoie)。

フランス王シャルル7世の娘ヨランド(ヨランダ Iolanda)との間に以下の子をもうけた。

  • ルイージ(Luigi, 1453年 - 1453年)
  • アンナ(Anna, 1455年 - 1480年) - 1478年、後のナポリ王フェデリーコ1世と結婚。
  • カルロ(Carlo, 1456年 - 1471年) - ピエモンテ侯
  • ルドヴィーカ(Ludovica, 1462年 - 1503年) - ユーグ・ド・シャロンと結婚、19世紀に列福
  • フィリベルト1世(Filiberto I, 1465年 - 1482年) - サヴォイア公
  • ベルナルド(Bernardo, 1467年 - 1467年)
  • カルロ1世(Carlo I, 1468年 - 1490年) - サヴォイア公
  • ジャコモ・ルイージ(Giacomo Luigi, 1470年 - 1485年) - ジュネーヴ及びジェクス
  • マリーア(Maria, ? - 1500年) - 1480年にヌーシャテル伯フィリップと結婚
  • ジャン・クラウディオ(Gian Claudio, 1472年 - 1472年)