カルロ・ジョヴァンニ・アメデーオ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第6代サヴォイア公カルロ2世・ジョヴァンニ・アメデーオ

カルロ・ジョヴァンニ・アメデーオ・ディ・サヴォイア(Carlo Giovanni Amedeo di Savoia, 1488年カリニャーノ - 1496年ピネローロ)はサヴォイア公ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯、キプロス王エルサレム王(在位:1490年 - 1496年)。カルロ1世の子。カルロ2世(Carlo II)とも呼ばれる。フランス語名ではシャルル・ジャン・アメデ・ド・サヴォワ(Charles Jean Amédée de Savoie)。

父の早世により2歳で家督を相続したが、8歳で死去した。カルロの死によりアメデーオ9世の系統の男系男子は絶えたため、アメデーオ9世の弟でカルロの大叔父に当たるフィリッポ2世が相続人となった。

執筆の途中です この「カルロ・ジョヴァンニ・アメデーオ・ディ・サヴォイア」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア