カルロ3世・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ3世

カルロ3世・ディ・サヴォイア(Carlo III di Savoia, 1486年10月10日 - 1553年8月17日 ヴェルチェッリ)は、サヴォイア公ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯、キプロス王エルサレム王(在位:1504年 - 1553年)。通称イル・ブオーノ(il Buono:善人)。カルロ・ジョヴァンニ・アメデーオを数えずにカルロ2世と呼ぶ場合もある。フランス語名シャルル3世・ド・サヴォワ(Charles III de Savoie)。

サヴォイア公フィリッポ2世と2番目の妃クラウディーナの間の息子で、異母兄フィリベルト2世が24歳で早世したため、その後を継いで公位に就いた。

1521年にポルトガル王マヌエル1世の娘ベアトリス(ベアトリーチェ)と結婚した。息子エマヌエーレ・フィリベルトに祖父の名マヌエルイタリア語名であるエマヌエーレを付けたことから、それ以降サヴォイア家の男子の名前にしばしばエマヌエーレと付けられることとなる。