フィリベルト2世・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブール=ガン=ブレスのブルー修道院にあるフィリベルト2世像

フィリベルト2世・ディ・サヴォイア(Filiberto II di Savoia, 1480年4月10日ポン・ダン - 1504年9月10日ポン・ダン)はサヴォイア公ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯、キプロス王エルサレム王(在位:1497年 - 1504年)。フランス語名フィリベール2世・ド・サヴォワ(Philibert II de Savoie)。フィリッポ2世と最初の妻マルグリット・ド・ブルボンブルボン公シャルル1世の娘)の子。同母姉にフランス王フランソワ1世の母ルイーズ・ド・サヴォワがいる。 イル・ベッロ(il Bello:美男)の異名を持ち、ハンサムで武芸に秀でた人物であったという。

幼少時は、母方の伯父ブルボン公ピエール2世の妻で、父方の従姉に当たるフランス王ルイ11世の娘アンヌ・ド・ボージューの下、アンヌの弟シャルル8世らとともに教育を受ける。

父が公位を継いだ1496年、従兄カルロ1世の娘で早世した先代の公カルロ2世の姉であるヨランダと結婚し、翌1497年に父の死により公位を継いだ。ヨランダとは1499年に死別し、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の長女で一時シャルル8世の妃となっていたマルゲリータ(マルグリット)と1501年12月2日に再婚した。

フィリベルト2世自身は政治にあまり関心がなかったが、妻マルゲリータが政治に介入し、暴政を行っていたフィリベルトの庶出の兄ルネ・バタール(フランス語名:イタリア語名レナート・イル・バスタルド - 「バタール」「バスタルド」は庶子の意味)を法的根拠に基づいて即刻解任し、国外追放した。そして小規模ながらも国の経済を回復させ、サヴォイア公国を苦境から救った。夫婦仲は極めて良かったが、結婚3年目の1504年、フィリベルトは狩猟大会の折りに飲んだ生水にあたって死亡した。2人の妃のどちらとの間にも子供がなく、公位は異母弟カルロ3世が継いだ。

フィリベルト2世はマルゲリータが建設させたブール=ガン=ブレスの霊廟に埋葬された。3人目の夫であったフィリベルト2世を喪った後、マルゲリータは死ぬまで独身を貫いた。