マルグリット・ド・ブルボン (1438-1483)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロウ修道院にあるブレス伯爵夫人マルグリットの墓の彫像

マルグリット・ド・ブルボンMarguerite de Bourbon, 1438年2月5日 ムーラン - 1483年4月24日 ポン・ダン)は、サヴォイアフィリッポ2世の最初の妻。夫の家督継承以前に死去したため、ブレス伯爵夫人の称号で呼ばれた。フランス王フランソワ1世の母方の祖母にあたる。イタリア語名はマルゲリータ・ディ・ボルボーネMargherita di Borbone)。

ブルボン公シャルル1世とその妻でブルゴーニュジャン1世(無畏公)の娘であるアニェスの間の第8子、三女として生まれた。1472年4月6日にムーランにおいて、サヴォイア公アメデーオ9世の弟で当時はブレス伯だったフィリッポと結婚した。夫は1496年にサヴォイア公爵位を継承した[1]。2人の婚約協定は1471年1月6日にトゥールにおいて結ばれている[2]。遺骸は息子フィリベルト2世およびその妻マルグリットと一緒に、ブール=ガン=ブレスブルー修道院に葬られた。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • François Rouget: Marguerite de Berry et sa cour en Savoie d’après un album de vers manuscrits. In. Revue d’histoire littéraire de la France. Jg. 106, Nr. 1, 2006, ISSN 0035-2411, S. 3–16.

脚注[編集]

  1. ^ Michèle Brocard: Yolande de France, duchesse de Savoie. Sœur de Louis XI. Editions Cabedita, Yens sur Morges 1999, ISBN 2-88295-254-6, S. 91.
  2. ^ Michèle Brocard, S. 83.