ヴィットーリオ・アメデーオ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィットーリオ・アメデーオ1世

ヴィットーリオ・アメデーオ1世・ディ・サヴォイア(Vittorio Amedeo I di Savoia, 1587年5月8日 トリノ - 1637年10月7日 ヴェルチェッリ)は、サヴォイア公サルッツォ侯ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯、キプロス王エルサレム王(在位:1630年 - 1637年)。カルロ・エマヌエーレ1世の子。フランス語名ヴィクトル・アメデ1世・ド・サヴォワ(Victor Amédée Ier de Savoie)。

フランス王アンリ4世の娘(ルイ13世の妹)マリーア・クリスティーナ(1606年 - 1663年)と結婚した。マリーア・クリスティーナは夫の死後、1663年まで公国の摂政を務めた。2人の子供は以下のとおりである。

  1. ルイージ・アメデーオ(Luigi Amedeo, 1622年 - 1628年)
  2. フランチェスコ・ジャチント(Francesco Giacinto, 1632年 - 1638年)
  3. カルロ・エマヌエーレ2世(Carlo Emanuele II, 1634年 - 1675年)
  4. ルイーザ・クリスティーナ(Luisa Cristina, 1629年 - 1692年)
  5. マルゲリータ・ヨランダ(Margherita Iolanda, 1635年 - 1663) ラヌッチョ2世・ファルネーゼと結婚。
  6. アデライデ・エンリエッタ(Adelaide Henrietta, 1636年 - 1676年)
  7. カテリーナ・ベアトリーチェ(Caterina Beatrice, 1636年 - 1637年)