クリスティーヌ・ド・フランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティーヌ・ド・フランス

クリスティーヌ・マリー・ド・フランス(Christine Marie de France, 1606年2月10日 - 1663年12月27日)は、サヴォイアヴィットーリオ・アメデーオ1世の公妃。イタリア語名ではマリーア・クリスティーナ・ディ・フランチア(Maria Cristina di Francia)。「マダム・レアル」(Madame Reale)とも呼ばれた。

フランスアンリ4世と2度目の王妃マリー・ド・メディシスの次女としてパリで生まれた。1619年にヴィットーリオ・アメデーオと結婚した。

1630年に夫はサヴォイア公となるが、7年後に急死した。クリスティーヌは2人の息子フランチェスコ・ジャチントカルロ・エマヌエーレ2世がまだ年少だったため、摂政となった。

亡夫の弟たち、マウリツィオ枢機卿トンマーゾが、義姉とフランス勢力の介入に異を唱えた。クリスティーヌの長男フランチェスコ・ジャチントが夭逝すると、1638年、彼らはスペインの力を借りて「ピエモンテ戦争」を引き起こした。2つの勢力はプリンチピスティ(公子派)、マダミスティ(マダム・レアル派)と呼ばれた。

4年に及ぶ戦争の後、クリスティーヌ側が勝利した。彼女は息子の公位を守っただけでなく、フランス側がそれ以上公国に介入するのを遮断した。1642年に和議が成立し、マウリツィオはローマ教皇パウルス5世の許しを得て還俗し、14歳の姪ルイーザ・クリスティーナと結婚してニース知事となった。クリスティーヌは、カルロ・エマヌエーレが成長するまで摂政を務めた。

クリスティーヌは、1663年にトリノで死去した。

子供[編集]