トンマーゾ・フランチェスコ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トンマーゾ・フランチェスコ・ディ・サヴォイア
トンマーゾ・フランチェスコ・ディ・サヴォイア(アンソニー・ヴァン・ダイク画、1634年

トンマーゾ・フランチェスコ・ディ・サヴォイアTommaso Francesco di Savoia, 1596年12月21日トリノ - 1656年1月22日、トリノ)は、初代カリニャーノ公(在位:1620年 - 1656年)。サヴォイア家の分枝であり、後にイタリア王家となるサヴォイア=カリニャーノ家の祖。

サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ1世と妃カテリーナ・ミカエーラとの息子で、サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ1世の弟である。1620年、父によりカリニャーノ公に叙された。

1625年4月14日パリにてブルボン=コンデ家ソワソン伯シャルル(コンデ公ルイ1世の息子)の娘マリーア・ディ・ボルボーネ(Maria di Borbone, 1606年5月3日パリ - 1692年6月3日パリ)と結婚した。この結婚で以下の子をもうけた。

1656年、トリノで死去。長男のエマヌエーレ・フィリベルトが後を継いだ。

先代:
カリニャーノ公
1620年 - 1656年
次代:
エマヌエーレ・フィリベルト
先代:
ルイ・ド・ブルボン
ソワソン伯
1641年 - 1656年
マリー・ド・ブルボンと共同統治
次代:
ウジェーヌ・モーリス