ジャック・ド・サヴォワ=ヌムール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌムール公ジャックの肖像(作者不詳)

ジャック・ド・サヴォワ=ヌムールJacques de Savoie-Nemours, duc de Nemours、1531年10月12日 - 1585年6月15日)は、第2代ヌムール公・ジュネーヴ伯。1552年から1555年にかけての、ランスメスの包囲戦、ピエモンテ遠征で知られる。

初代ヌムール公及びジュネーヴフィリップサヴォイア公フィリッポ2世の息子、ルイーズ・ド・サヴォワの異母弟)と、妃シャルロット・ドルレアン=ロングヴィルの長男として、ヴォーリュイサンで生まれた。

ジャックはギーズ公の支持者であった。フランスでユグノーと戦い、ドーフィネリヨネーズで戦功を挙げた。ユグノー戦争で名をはせたが、晩年は所領のアヌシーに引退し、芸術の庇護者として暮らした。

1566年、ギーズ公フランソワの未亡人アンナ・デステと結婚、4子をもうけた。

先代:
フィリップ
ヌムール公
1533年 - 1585年
Armoiries Savoie-Nemours.svg
次代:
シャルル・エマニュエル