ウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワ=ソワソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソワソン伯ウジェーヌ・モーリス

サヴォワ=ソワソンことウジェーヌ・モーリス・ド・サヴォワ=カリニヨン, ソワソンおよびドルー伯爵[1]: Eugène Maurice de Savoie-Carignan, comte de Soissons et de Dreux 発音例, 1635年3月2日シャンベリ - 1673年6月6日ヴェストファーレン)は、サヴォイア=カリニャーノ家傍系のサヴォワ=ソワソン家の祖で、ルイ14世に仕えたフランスの軍人である。

オーストリアに仕えた将軍ウジェーヌ・ド・サヴォワプリンツ・オイゲン)の父でもあり、カリニャーノ公トンマーゾ・フランチェスコ・ディ・サヴォイアを父に持ち、ブルボン=コンデ家傍系のマリー・ド・ブルボン=コンデを母に持つ息子で、母からソワソン伯爵位を相続したことから二つの名を継承した。

略歴[編集]

1657年2月21日パリにてマザラン枢機卿の姪オリンピア・マンチーニと結婚した。

ブルボンとシャンパーニュ県とブリー県の総督で在ロンドン仏大使であった。フランス軍で活躍し、1672年には将軍補佐まで昇格した。ダンケルクの包囲に参加(1658年)、ドゥエーアウデナールデを占領(1667年)、フランシュ=コンテの会戦でスペインと対した。

1673年6月、風邪で倒れた(毒を盛られたという噂が流れた)。死後は息子のルイ・トマが後を継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イタリア語名はエウジェーニオ・マウリーツィオ・ディ・サヴォイア=ソワソン: Eugenio Maurizio di Savoia-Soissons)またはサヴォイア=カリニャーノ: Savoia-Carignano
先代:
トマ・フランソワ
マリー・ド・ブルボン
ソワソン伯
1656年 - 1673年
次代:
ルイ・トマ