ヴィットーリオ・アメデーオ2世・ディ・サヴォイア=カリニャーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリニャーノ公ヴィットーリオ・アメデーオ2世

ヴィットーリオ・アメデーオ2世・ディ・サヴォイア=カリニャーノVittorio Amedeo II di Savoia-Carignano, 1743年10月3日 - 1780年9月)は、第5代カリニャーノ公(在位:1778年 - 1780年)。

カリニャーノ公ルイージ・ヴィットーリオとヘッセン=ローテンブルク方伯エルンスト2世レオポルトの娘クリスティーネの息子。妹にフランス王妃マリー・アントワネットの女官長を務めたランバル公妃マリー・ルイーズがいる。

1768年10月18日ウルクスにてマリー・ジョセフ・ド・ロレーヌ=ランバス/ブリオンヌ(1753年8月26日ウルクス - 1797年2月8日トリノ)と結婚した。この結婚で以下の子をもうけた。

死後はカルロ・エマヌエーレが後を継いだ。

先代:
ルイージ・ヴィットーリオ
カリニャーノ公
1778年 - 1780年
次代:
カルロ・エマヌエーレ