エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア=カリニャーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリニャーノ公エマヌエーレ・フィリベルト

エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア=カリニャーノEmanuele Filiberto Amedeo di Savoia-Carignano, 1628年8月20日トリノ - 1709年4月23日トリノ)は、第2代カリニャーノ公である(在位:1656年 - 1709年)。

カリニャーノ公トンマーゾ・フランチェスコマリーア・ディ・ボルボーネ(Maria di Borbone-Soissons)との息子で、1684年11月7日ラッコニージにて、エステ家のアンジェリーカ・カテリーナ・デステ(Angelica Caterina d'Este, 1656年3月1日 - 1722年7月12日パリ)と結婚した。この結婚で以下の子をもうけた。

  • ヴィットーリオ・アメデーオ (Vittorio Amedeo) - カリニャーノ公 (1709年-1741年)
  • トンマーゾ・フィリッポ・ガストーネ (Tommaso Filippo Gastone)
  • マリーア・ヴィットーリア (Maria Vittoria)
  • イザベッラ・ルイーザ (Isabella Luisa)

彼の死後は長男のヴィットーリオ・アメデーオが後を継いだ。

先代:
トンマーゾ・フランチェスコ
カリニャーノ公
1656年 - 1709年
次代:
ヴィットーリオ・アメデーオ1世