マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア

マリア・ルイーザ・ディ・サヴォイア(Maria Luisa di Savoia, 1688年11月17日 - 1714年2月14日)は、スペインフェリペ5世の最初の王妃。スペイン語名はマリア・ルイサ・デ・サボヤ(Maria Luisa de Saboya)。

サヴォイアヴィットーリオ・アメデーオ2世(後のサルデーニャ)とアンヌ・マリー・ドルレアンオルレアン公フィリップ1世の娘)の娘。姉マリア・アデライデフランス王太子ルイの妃、ルイ15世の母。

1701年11月にフェリペ5世と結婚。翌年、スペイン継承戦争が勃発。マリアはフンタへの参加や、夫への支援を求めて資金集め・支持者集めに奔走した。1713年にスペイン継承戦争が終結、フェリペ5世はスペイン王位を列強に承認されたが、マリアは翌1714年に死去、フェリペ5世は同年にエリザベッタ・ファルネーゼと再婚した。

意志の弱い夫を支え続け、良い影響を与えた女性として、スペインで愛された。

子供[編集]

  • ルイス1世(1707年 - 1724年)
  • フェリペ・ルイス(1709年、夭折)
  • フェリペ・ペドロ(1712年 - 1719年)
  • フェルナンド6世(1713年 - 1759年)