カルロ・エマヌエーレ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・エマヌエーレ2世

カルロ・エマヌエーレ2世・ディ・サヴォイア(Carlo Emanuele II di Savoia, 1634年6月20日 - 1675年6月12日)は、サヴォイア公サルッツォ侯ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯、キプロス王エルサレム王(在位:1638年 - 1675年)。フランス語名シャルル・エマニュエル2世・ド・サヴォワ(Charles Emmanuel II de Savoie)。

サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ1世マリーア・クリスティーナ(フランス王アンリ4世の娘)の子として、トリノで生まれた。公位を継承していた兄フランチェスコ・ジャチントが6歳で夭逝したため、母が引き続き摂政を務める下、4歳で公位を継承した。

カルロ・エマヌエーレは1655年の大虐殺で頂点に達したワルドー派の迫害で悪名が高くなった。これが非常に残忍な虐殺であったので、ジョン・ミルトンソネット「ピエモンテの虐殺」(On the Late Massacre in Piedmont)を書かせることになった。オリバー・クロムウェルはワルドー派を助けるためにイングランド軍の派遣を提案した。ミルトンから任されたサミュエル・モーランドは後に「ピエモンテ渓谷の福音主義教会の歴史」(The History of the Evangelical Churches of the Valleys of Piemont, 1658年)を書いた。

家族[編集]

1663年にオルレアン公ガストンマルグリット・ド・ロレーヌの娘で母方の従妹にあたるフランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアン(フランチェスカ・マッダレーナ・ドルレアンス、1648年 - 1664年)と結婚したが、翌年に死別し、子供もなかった。次いで1665年にサヴォイア家傍系サヴォワ=ヌムール家のマリー・ジャンヌ・ド・サヴォワ=ヌムール(マリーア・ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア、1644年 - 1724年)と再婚し、1男1女をもうけた。

他に以下の2人などの庶子がいる。

  • ルイーザ・アデライデ(Luisa Adelaide, ? - 1701年)
  • ジュゼッペ(Giuseppe, ? - 1736年)