ジョン・ミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ミルトン

ジョン・ミルトンJohn Milton, 1608年12月9日 - 1674年11月8日から11月10日の間)は、イギリス詩人で共和派の運動家であった。

代表作『失楽園』はダンテ神曲』やアリオスト狂えるオルランド』と並ぶルネサンス期の長編叙事詩の名作である。

生涯[編集]

1625年ケンブリッジ大学クライストカレッジに入学。同年チャールズ1世が即位。学生仲間の間の評判はあまりよくなかった。1629年、学士号取得。1632年修士号取得。1634年、戯曲『コマス』(Comus) が上演される。1937年。『コマス』が出版される。母親死亡。1638年-1639年イタリアを周遊。1642年結婚。1648年チャールズ1世が処刑される。

1658年、『失楽園』の制作に着手する。1674年没。

作品[編集]

[編集]

パンフレット・政治的な文書など[編集]

  • 『言論・出版の自由』(または『アレオパジティカ』) 
  • 『自由共和国建設論』以上は原田純訳、岩波文庫にある。
  • 『イングランド国民のための第一弁護論および第二弁護論』
新井明・野呂有子訳、聖学院大学出版会
  • 『離婚の教理と規律』新井明ほか訳、未來社 他に訳が数冊

関連項目[編集]